一日一絵

公園に住む猫の健康を願いつつ、重ねる一日一日の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

女って大変だな!!


ダイエットは定番。
アンチエイジングに美白にシミ防止、そして今度はシワ防止とか!!
女って大変だな!!(^_^メ) やってないけどね。
なんせ亡き母が病床で言ったのが
「洗顔して寝なさい」
だった。


スポンサーサイト
このページのトップへ

今書いておく。


憲法を改正する必要はないと思います。
安倍政権は、変えないと国家滅亡するかのような言い方ですが。

70年前に作られたものだから、時代に合わせた改正が必要・・・
とは思いません。
なぜなら、民法や刑法や労働法など、時代に合わせての変更や新しい法律の制定は、
現行でも充分可能だからです。
ストーカー規制法や危険運転致死傷罪など、憲法を変えなくてもできてます。
税法なんてほぼ毎年変わってます。
あとは運用の問題です。
憲法に定められるべきものは、時代によって変わらない、
普遍的な国家観であろうと個人的には思います。

アメリカから押し付けられた憲法だから、日本人の手で作ろう・・・
というならば、
それ以前の大日本帝国憲法はどんな法律だったかを考えなくてはなりません。
大日本帝国憲法の主語は「朕」であり、天皇が国民への義務を課すものでした。
国と国民は、元首である天皇に支配され、従うべきものでした。
特権階級にしか選挙権がなく、女子供には男と同じ権利はなく、
労働者にも何の権利もありませんでした。
日本、とひとくくりに考えるのは間違いです。
同じ日本人でも、支配層と被支配層で、持てる権利には雲泥の差がありました。
日本国憲法ができるまで、被支配層が法律に関与できるようになることなど、
ただの一度もなかったでしょう。
日本国憲法がアメリカからの押し付けというならば、
それまでの憲法は、支配層からの押し付けでした。
今私たちが享受できる、法の下の平等は、
大多数の被支配層が、長い間、心の底から欲したはずです。
アメリカからの押し付けだろうが、それはもうどうだっていい。
自分のことを自分で決められる、
国や支配者のためでなく自分のために生きていい、
その自由が保障されるのは大事なことです。
少なくとも、戦前に一部の日本人が作った法律よりは、
私にとっては最高にいい内容だってことです。

南シナ海や朝鮮半島など、今までになく周辺国からの脅威が高まっているから、
憲法改正をしなくては・・・というならば、
脅威どころか、現実に戦争が起きて、
今の現実のずっと先を行く惨禍の後に、憲法ができたと答えるしかないです。
短いスパンで見るならば、今の20代30代の人から見れば、
平和な時代がだんだん脅かされてきたと感じるかもしれない、
でも、世界が平和な時代なんて、ただの一度もありませんでした。
今よりひどい時代があって、その頃できたのが憲法です。
そこからくみ取って、脅威に対してはあらゆる多様な方法を考えてほしいと思います。

平和平和と口で言ってるだけで、平和は守れない、
やはり軍備を増強しなければ・・・???
しかし、軍備増強によっても平和は守れないです。
それが正しいならば、なぜ日本は戦争に負けたんだろうか??
軍備を増強したのに・・・
その積み重ねの先には、また同じ惨禍を重ねるしかないでしょう。

アメリカや他の強大な国とタッグを組んで、
敵国を完膚なきまでに叩き潰してやれば、平和になるだろう、
と考える人がいるならば、それは間違いです。
やられた国は、未来永劫受けた屈辱を忘れず、報復の機会を待つでしょう。
日本は、今度は報復を恐れなければならなくなります。

しばしば平和ボケと揶揄される護憲派と呼ばれる人は、巷で批判されるように、
決して自分の国だけがのほほんとできればよしと思っているわけではない。
本当に平和になるためならば、身を惜しまず働く人はいるでしょう。
他の国を支えたいと思う人も、そのためにNGOに加わる人もいます。
そんな彼らがしばしば国の軍備増強に期待しないのは、
それが平和に寄与するどころか全く逆に、惨禍を増やすにすぎないからです。

ネットでしばしば見かける書き込みには、
平和憲法があるから、国が攻撃されても反撃できない、
・・・・というような、明らかな誤りが平気であります。
現行のままで反撃できますから。

何よりも矛盾を感じるのは、
「未来に合った新しい憲法を」
という首相の指す方向性が、言葉と全く逆に、
戦前の悪しき日本の価値観を憧憬し、懐古し復活させようとするにすぎないからです。

未来志向でいこう、
新しい世代に過去の重荷を背負わせてはいけない、
といいながら、(かっこだけはいいですが)その実自分は、
祖父の悲願を果たしたい、とはっきり言います。
そんな個人的感情もちこまんでくれんか???

重荷は背負わんけど栄光だけは掲げると???
いやいや、それなら重荷も負わなければフェアではなかろうよ。
それに、決めるのはあんたじゃない、国民です。
いやむしろ、それがわかっているから、彼は言葉巧みに煽る煽る・・・・
口だけは巧妙に狡猾になって戻ってきた・・・

これを支持する人たち、そんなに支配されたいのか??????
権力者を縛る法律は、憲法しかないのに。
国=国民ではない。国民の命や財産や権利を、国家が奪うことだってあるのに。
このページのトップへ

グラウンド猫 黒丸と黒豆きょうだいの手術完了( ー`дー´)


3月31日。
ゴージャス・グレーモップの二匹の仔猫、黒丸と黒豆の手術が済んだ。
運がよければ二匹一緒に捕まえろと思っていたら、ほんとに捕まった(^_^)v
合計おす3とめす3が済んだ。残りはおす2とめす4。
ベージュ雄はたぶんすぐ捕まる、モップ系雌は難しそうだから、
倉庫に来るなつかない黒の短いしっぽ雌の方を次はなつかせよう。

良心的にしてもらっているが、6匹ともなれば結構な費用になる。
本当はオスは後回しに、ていうかしなくてもいいだろとは思うのだけど、
メスが全頭捕まらない以上、オスをそのままにしておいては
また子づくりしてしまうので、手術するしかない。

ああ費用重たい、どうなるんだろと思っていたら、
エサやりのおやじが一万円くれた。
今までそれとなく不妊手術のことを話すたびに、
「かわいそう」だの「つかまらない」だのまったくスルーだのされたので、
それ以降、手術のことは一切話さないようにした。
何度か病院への送迎を(強引に)頼むうちに、心境の変化があったのだろうか。
どっちにしても超ラッキー!!!!\(^o^)/

気持ちがこのまま変わっていってほしい。
今まで20匹近くに猫が増えて、エサも全頭行き届かないで、
結局自分の負担も増えて、困ることがあったに違いないのだ。
事故で死んだりして数は減るからいいんだ、みたいなことを言ってはいたが、
よく知らないけど手術は高い金かかるらしい、と思い込んで手が出せないから、
無理やり自分を納得させていた部分もあったかもしれないと思う。
黒丸と黒豆、大事にしてもらって幸せに生きてほしい。

帰ったら体重くて眠くて眠くてバッタリ寝て、
起きよう起きよう、プラネットアース見るんだと思いながら、
砂漠らしい映像は見えるんだけど頭に入って来なくて白目。
バイプレーヤーズの最終回が始まるところで目が覚めた。
部屋が汚い、明日はそうじしよう。(-_-;)

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

グラウンド猫 コミュニティー崩壊と増殖の危機。


グラウンド周りの廃墟に流れてきた大きなオス二匹。
グレーの縞は近寄ってこないが、茶トラはとても人を慕っていた。
でも茶トラが近づくと、他の猫は避けて離れていく。
ベージュに襲いかかったし、ゴールデンモップも怯えるのを見ると、
彼にも何かやったんだろうと思う。

なので、3月15日に、流れの茶トラの手術をした時、
少しは穏やかな性格になって、皆が集まってきて
一緒にくつろいで過ごせるような子になってと願いを込めて、
「ひなた」と名前をつけました。
しかーし、そんな思いも裏はら・・・(-_-;)

病院から戻った直後は、ゴールデンモップに鳴きながら近づいて、
隣でコロンコロンしたので、期待もしたのだったが・・・
現在、相変わらず他猫に威嚇するようなポーズを取って怖がられ、
一向に馴染む気配がない。
病院では真逆で、
「おとなしくて全然暴れないとってもいい子でした」、
トロトロの甘えん坊ゴールデンモップの方が
「逃げ出して暴れまわって捕まえるのに苦労した」
だったそうな。
ひなたは本当に人間が大好きなのだ。
仲間に入れず一人ぼっちでいるのを見ると、不憫でならない。

このひなたとグレーオスのせいで、元いた猫たちにとって、
廃墟は安全な住みかではなくなってしまった。
彼らはいつも潜んでいた廃墟の床下から離れて、
隣のグラウンドにまずは排泄場所を移動した。
まあ、怖い場所では落ち着いて排泄できないからね・・・
そして、敵のいないグラウンドの駐車場で、のびのびとできることに気がついた。
でも、廃墟とグラウンドの間には道路があって、
たまに通る車は結構スピードを出している。
なので私としては、あまり移動してほしくないのだ。

懐かない黒と茶々モップとステルスモップ、単独のグレーモップは
それぞれの隠れ場所に潜み、
オレンジお母さんとベージュとゴールデンモップはいつも一緒に固まっている。
ひなたに逃げ腰のおす二匹に反して、堂々と立ち向かうのはオレンジお母さん。
単独でもひなたに近づいて対峙し、間合いを模索しているようでもあり、
時には唸り、威嚇する。
その反面、ベージュに対しては小鳥が甘えるような優しい声で鳴く。
片時もベージュとゴールデンモップのそばを離れない。
彼女の攻撃性は、二匹への愛情の反動なんだとわかる。
あおりを受けて、一度はなついてくれた私にまで、
再び唸るようになってしまった。(-_-;)
お母さんのシャーまじ怖い(-_-;)

廃墟から道路を横断するおす二匹を、心配そうに呼びながら、
足を引きずって追いかけるオレンジお母さん。
牽かれないでくれよ、無事でいてくれよ。
高いお金払って手術したのだ、
長生きしてくれなくては困る。

ひなたが優しくなってくれればいいのだがなあ・・・。
仲良くしたい気持ちはあっても皆に逃げられるから、
すさんでしまったのだろうか、
それともそんな事お構いなしのジャイアンなのか・・・

他場所マンション前に生まれた子猫3匹のうち、白モフモフが消えた。
今は黒モフモフ二匹がゴハンをもらいながら生きている。
すばしこく動けるようにはなったが、まだ一人前とは程遠い。
でも母親のサビは、母であることより女であることを優先し、彼らを放置した。
またおなかが大きくなってきている。
他にも、身ごもったらしい茶トラがいる。
モグラたたきのようにまあ次から次へと・・・
一日があっという間に過ぎていく。
とにかく稼がないと。
終りはあるのかなあ・・・見えない。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

グラウンド猫 とりあえず一息。


3月17日。
ゴージャス・ゴールデンモップの手術が済んだ。
めす2、おす2が終わったが、あとめす5、おす3が残っている。
近寄らない手ごわいのばっかり残った(-_-;)
完全に人間不信のステルスモップは、去年2匹の黒い子猫を産んで、失った。
あれは避けたいが、産まれたとしても、関わっていればケアもできる。
とりあえずぐったりなので一息、またがんばろう。

2月の日記随時追加中。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

名前も知らない猫。


3月15日。
この猫は今日死んだ。
170104032
1月にはこんなに大きく見えたのに、骨と皮にやせ細り、
首から上は疥癬に罹っていた。
1月も2月も3月も寒かったろうに、一人ぼっちで耐え続けた。
私は時々顔を見たのに、気にもしなかった。
10日、オレンジの病院の帰りに、じっとうずくまっているのを見かけた。
あの時に手をかければ、助けられたかもしれない。
その後の4日間、耐え続けた。
辛かっただろう。

グラウンド猫の手術は今日も順調に済んだが、
可哀想で可哀想で悲しくて悲しくて悲しくてたまらない。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

オレンジお母さん。


おなかのふくらみ始めたオレンジおかあさんの後姿を見ながら、
このまま捕まらずに臨月になったら、
赤ちゃん猫を迎える前提でこれから対応しないといけないなあ、
と思いつつ、もやもやした心のままに、病院の看護師さんに
お話ししたのが、去る3月6日のこと。

何が言いたいのかわからない話の内容を聞いて、看護師さんは
「増やさない方がいいですよ。
仔猫が生まれたら、その分また手術しないといけなくなるからですね」
と、短く穏やかに諭すのでした。
わかりきったことなのでした。
今さらわざわざ確認しなくてもいいことなのでした。
それでも、おなかに宿った命を葬ると思えば、
改めての決心が必要なのでした。
長いお付き合いの看護師さんは、私のことはよくご存じです。(と思います) 
なので、クソつまらない説教を垂れることも、心無い言葉を浴びせることもありません。

その言葉に背中を押されて、そのまま手術日を予約。
いつもは早朝6時にエサやりをするというエサやりさんには、
時間を遅らせてくれるように頼みました。

当日、いつもの顔ぶれがほぼ全員揃い、捕り放題の状態の中、
オレンジお母さんを捕まえることができました。
前は三角の目をして私を傷つけたオレンジが、
前日には転がっておなかを見せるほどに慣れてくれていました。

以下続く
このページのトップへ

オレンジおかあさんの手術完了( ー`дー´)

3月10日、オレンジおかあさんの不妊手術完了。
体中ガチガチで帰ってすぐ寝てもなかなか動けない。(T_T)
さかのぼって2月2日の日記を記載。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

2017 日記の記載更新。

2017 2月1日の記載を追加。
このページのトップへ

リラックスの必要。


もくもくと仕事をしていた頃、近所では火事が起きていた・・・
ことに、仕事終わってうちに帰り、空にヘリを見てから気がついた。
見に行くと、消防車の間に焦げたトラックが見えた。
またか・・・最近よく来るなーー
って、消防車の人も思ってることだろう。

たしか2月の22日、サイレンとともに、仕事場の前に何台もの消防車がたまっていく。
うち火事???Σ( ̄□ ̄|||) と思って見に行くと、
軽自動車が横倒しになり、車の中に人が立って窓から上半身出して周りを眺めていた。

1月24日には、大通りを消防車が走っていくのを見送って、
猫だまりを巡って公園にたどり着くと、目の前に何台も止まっていた。
公園に接する花屋の敷地では、かねてから年寄男性が頻繁にたき火をしていて、
かつて公園猫のレモンがおしりをやけどしたりしていたのだが、
その火が燃え広がったものと推測する。
なんてことしてくれんねんヽ(`Д´)ノプンプン

最近、もやもやしてどうにも気分が重いので、
ちょっと落ち着いて気持ちを整理してみた。

駐車場に住んでいた茶トラの仔猫が姿を消して、一週間くらい経つ。
高架下にまた子猫が増えた。

キャリーを持って廃墟に行けば、目的の猫が出てこなかったり、
よりどりみどり出てきて、がっつり捕まえたと思ったら病院が満杯で
手術の予約ができなかったり・・・
と、いうことが二週間ほど続いている。
目的の猫がそこにいることも、捕まることも、いつもできるわけではないし、
毎日何時でも用意万端でいけるわけでもないのに、
せっかくの機会をみすみす逃してしまった・・・
オレンジおかあさんのおなかは、すでにふくらんでいる気がする。
臨月になったら、手術することは到底考えられない。

なんで私はこんなに追い立てられる気分になってるんだろう。
手術しなければしなければ、と思うからこうなる。
せっかくみんな元気にそろってくれているのに、
それを喜べていない。
猫との大事な時間を大事に感じられていない。

もう疲れたやめたい、
他にやりたいことも、やらなければならないことも全然できてない。
そう思うことが最近多々ある。
そういう気持ちでいても、いいことは何も起こらない。
手術しなければ手術しなければと思うから、こうなる。
何も持たない私が、持ってもいないのに絞り出そうとするから、疲れ果てる。
持たざる者は、何もできないのだ。
それでいいじゃないか。

私は手術することが目的でここにいるんじゃない。
そもそも私がしなくてはならない理由は一つもない。
私は猫が無事で元気でいてほしいだけで、
それが実現してる今この時を、
先を思い煩っていらいらするのではなくて、
おもいきり喜びたい。

仔猫が生まれたなら、その子も見守っていこう。
ああ、今だったらできるのかも、
そう感じて動いたら、すべてがかみ合ってうまくいく時がきっとある。
その時を待とう。
このページのトップへ

FC2Ad

ゆるゆる猫丸家

サイト内の全ての画像、記事の無断転載、無断利用をお断りします。

工房猫丸

Author:工房猫丸
秋月美葉
いくつか管理しております。
☆Orange Gate
☆OrangeGate Gallery
全国に巣立っていった猫丸家の動物たち。
☆ねこ100×100
源生右室心筋症の耳太の記録

お客様

お友達のおうちもよろしく

このブログをリンクに追加する

商い情報 

猫丸家店舗OrangeGate

11月9日 新作出品。
ヤフーオークションに
出品中の作品のご紹介です。
売り上げは、嫌ですが結局猫に
分捕られます。たぶん。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

お話してくれてありがとう

公園猫のご紹介


1 山田おかあさん。
勝気で頭も運動神経も良いスーパーな美猫。
たくさんの子供を産みました。



2 山田あかちゃん。
おかあさんの最後の子供。
幼児体形の女子。



3 隣のおかあさん。
元は隣にあったおうちの飼い猫。
山田おかあさんと同じく、たくさん子供を産みました。
隣の猫たち全部の母では?



4 隣のハーブ。
レモンとはたぶん姉妹。顔半分黒いのでハーブ。
非常に顔立ちの綺麗な猫。超気が強く頭もよい。
2010年、やっとなついてくれました。
★2010年6月、
財団法人どうぶつ基金の助成を受け、
不妊手術を行いました。



5 隣のサビにゃん。隣の(元)おうちの猫。
レモンとハーブとはたぶん姉妹。
子供みたいに小柄であどけないが、何度も出産経験あり。
いつも皆から一歩遅れる。


6 山田番長

2010年10月末、現れた子猫。
ビビについてきたと思われる。
超よわい番長。


・・・・・行方不明になってしまった猫たち。・・・・・

今でも待っています。
優しい人に助けられ守られ、
無事に再会できることを 心から願っています。

山田マルコ。
いつのまにか公園に居ついた、
愛らしいうさぎのような子でしたが、
2010年12月18日、姿を消しました。



山田ビビ。おかあさんの息子。
美しいオスの白猫で、公園になくてはならない
存在でしたが、
2010年10月末、姿を消しました。



隣のダンボ。隣の(元)おうちの猫。
時間がかかったが、とてもなついてくれました。
体格のよい元気なオス猫だったが、
きょうだいの白茶と同じと思われる病状で、
ひどく弱ったところをビビに追われて、
2010年7月末、姿を消しました。

幸坊。
ビビと隣のサビにゃんの子5きょうだいの1匹。
一番元気で体格も良いので公園に戻し、
すくすく 育っていましたが、
2010年2月8日、突然姿を消しました。

橋の猫。
2007年ごろ現れ、しばらく山田さんちに居候の後、
橋の下に居場所を移動。
皆にかわいがられていた人懐こい子。


流れの黒。こわもて。
他所から来て居ついた猫。時々行方不明になりつつ、
ビビとボスの座を争っていました。


隣の青太。隣の(元)おうちの猫。
青い目が印象的なオス。体格は良いが、痩せてきた。
くいしんぼうでびびり。いまだになついてない。
2010年1月8日ごろ、姿を消しました。


隣のレモン。隣の(元)おうちの猫。
顔は怖いが、鳴き声かわいく、ひとなつこい。
レモン色の瞳のサビ猫。
2009年11月中旬ごろ、姿を消しました。

・・・・・・・・・・旅立ってしまった猫たち。・・・・・・・

山田すずまる
2009年12月5日ごろ現れる。
木登りが大好きな小さな男の子で、
何かの感染症のため体調を崩しながら
一生懸命生きましたが、
2010年11月18日AM4:23旅立ちました。



隣の白茶。
ダンボと双子のようにそっくりな、たぶん兄弟。
慢性的な体調の悪化に長く苦しみながら がんばって生きたが、2009,2月12日旅立ちました。



隣の緑。隣の(元)おうちの猫。
猫丸みみたが公園に通うきっかけとなった猫。
慢性的な体調の悪化に長く苦しみながら がんばって生きたが、2008,8月27日旅立ちました。


最近のできごと

公園猫と猫丸家ヒストリー

Gallery工房猫丸 

ニコンオンラインアルバム


工房猫丸の猫たち

工房猫丸の犬たち


工房猫丸の野生動物

記事のお探しものはこちらから

猫丸家の郵便受けはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。