一日一絵

公園に住む猫の健康を願いつつ、重ねる一日一日の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

公園猫 公園的自給自足2009

キュウリの花がいくつか咲き、細い実が(・・・?)実りつつあります。
09052729

さやえんどうと同じつるに、ピースらしきものが・・・何でもアリね。

09052617

公園のドアマン。

09052728
私を見つけるとお出迎えに来て、先導してくれます。
あどけない体形で、とても母には見えません。

となりのおうち。

09052721
昨日は猫缶をがつがつ食べたダンボ。
しかし今日は食べようとしません。
10日ほど留守にする、と書置きを残して隣のオヤジが消えてから、
もう10日以上たちます。
食料も底をついてしまいましたよ。
どうなる、この猫たち・・・。

09052608
26日のビビのお耳。

09052707
そして27日。みるみるうちに治っていきます。
スポンサーサイト

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫  ダンボ戻る。

22日。
わがテリトリーににらみをきかすビビ。

09052206

23日。
見苦しいものをお見せしてすみません。
元々お耳のお手入れなどしたこともないビビなので悠長に構えていたら、
真っ黒な耳垢と共に、変な液体と血が
混じって出る状態になってしまいました。

09052308

あいかわらず遠いダンボ。

09052309

でも、私がおうちから一旦離れると、今日は皆と合流しました。
穴からこっそり覗くと、こちらをチラ見するダンボ。

09052310
カチンときたわ。

やっとおうちに戻ってくれたダンボ!

09052313
おなかがすいていたようで、ガブガブ食べておりました。
15日以降、やっとお薬を服用できました。

プッ・・・。

09052319
変なポーズで必死に水を飲む青太。

24日。
ダンボは、やっと元のように、おうちに居場所を戻しました。

09052403
でも、今日は食欲もないようで、何も食べませんでした。
昨日食べた後、何かあったのでしょうか。

ここには冷蔵庫がありません。
でも、常温で時間がたったお薬は、飲まない方がいい、と
病院で言われました。
非常???に残念です・・・とほほ。

今日は、ビビを病院に連れて行きました。
お耳の端が切れて膿と血が出てますが、
塗り薬と抗生剤で治りそうです。
生まれて初めての耳掃除??をされて、
ビビは痛いような快感なような、複雑な反応でした。

怖がってはいましたが、皆から押さえられると、
ビビは割とおとなしくします。
結果、治療を受けることができます。
山田さんも大事にしているので、お薬やお手入れもきちんとして
もらえるでしょう。

素直で能天気な性格が、すべてビビにとって良い方向に
転がるような気がします。
・・・・人間も同じなのかなあ?
ダンボの場合と比べると、せつなくなります。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫  次から次へと

5月20日。
公園の小さな畑に、さやえんどうらしきものが実りました♪

09052018
後ろにはジャガイモとカボチャが茂っています。
普通の畑の苗に比べたら貧弱だけれど、
元々は野菜くずから芽を出したものなので、いいんですよ?。

2日間隠れた後、やっと姿を見せたダンボ。

09052014
ワタクシとの距離は今このくらい。ちっさ。

レモンとハーブ。

09052011

09052012
君らやっぱり姉妹なのかな。

21日。
最近は、公園の入り口で私の自転車を見つけると、
風のように駆けてきて併走するサビにゃん。(エサ目当て)

09052125
そのサビにゃんに、マルコがちょっかい出してにらみ合い、
マルコ優勢でサビにゃんが逃げました。
するとビビがやってきて、しばらくマルコを懲らしめておりました。

09052134
ドラマを感じる・・・。

あいかわらず近寄らないダンボ。

09052138
ハーブもサビにゃんも青太も、皆ここでゴハン食べてるやん??。
レモンなんてこんなに私にべたべたして抱っこされても、
生きて戻ってきてるやん????何がそんなに怖いの。
そばに来ていっしょにゴハン食べなよ?????(涙ダーーーー)。

そしてまた新たな問題が。

09052019
何やったんだおまえ??????。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

すず42  スリムになったすず。

ここ2週間ほど、すずはあんまりカリカリを食べません。
以前は毎朝、お皿を空にしてにゃんにゃん催促していたのに。

09051206
袋を破って盗み食いするのが好きだったので、
袋ごとキッチンに置いてみました。
ばりばり破って袋の穴から顔を突っ込みますが、
カリッと口に含んで、それきりのようです。
カリカリの味が変わったのでしょうか?

元気はあるので、好き嫌いしているのかもしれない、と
思っていましたが、だんだん痩せてきました。
違う種類のカリカリや、猫缶も買ってみました。
すると、猫缶を食べました。
カリカリも、ちょっぴりなら食べるんですが・・・
心配です。

猫がこうなると、ほんとにもうお手上げです。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫  孤独の風ひゅるる??? 

15日。
逃げた。

09051512
そして・・・

ドやぷの中に隠れるマルコ。(拡大)

09051515
そんなに私のことが嫌い・・・。

ダンポはおうちの中にいましたが、敷物を直す時や、
オヤジと話をする時の声など、ふとしたきっかけで
すぐに逃げるようになりました。
なので、全然お薬を飲ませていません。

16日。
逃げるダンボ。

0905162

0905165
二人の距離は、こんなに開いてしまったの・・・。(涙)
山田さんがゴハンを置いてくれているので、
食べることはできているようです。
大丈夫なのかい、おまえ・・・。

ペコリ。

0905169
わかればいいのよ。
・・・でなくて、虫を見てます。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫 孤独の風が吹く。

13日。
すっかり気を許しているダンボ。
しかし、さりげなくキャリーをそばに置くと、若干警戒ぎみ。
そばではレモンが、興味しんしんでキャリーの中を覗きこみます。
「あの猫ならすぐ入れられますよ」
と、山田さん。
そーすね・・・・。

一度取り逃がしたのですが、本気で逃げようとはせず、
近くに戻ってきたので、今度は捕まえることができました。
病院に連れて行きましたが、結局診察も治療もできませんでした。
すごいおびえようで、キャリーから出すこともできませんでした。
猫が病院を怖がるのは普通のことだし、ある程度暴れる猫も
別に珍しくはないですが、
ダンボはキャリーの中で暴れて顔をぶつけ、
口元から出血していました。
人間で言えば、鼻血出してるみたいな・・・。

結局、怖くて痛い思いをさせただけで、
ダンボにとって良いことは何一つできませんでした。
一応、見た感じから病状を推理して、たぶん効くであろう、という
痛み止めやら炎症止めやら解熱やらのためのお薬を買いました。

おうちの中でキャリーから出すと、ダンボはすぐにお外に走り出て、
姿を消して戻りませんでした。
彼にとってとてつもないダメージだったようです。

鼻血止まっただろうか。自分で傷を癒せるだろうか。
落ち着いたら、また戻ってきてくれるだろうか・・・。
ワタクシにとって、非常に孤独な一日の終わりとなりました(涙)。

私についてまわるレモンがいとおしい????。

09051323
君だけさ??????くすん。

09051318
もももしかして、これはさくらんぼですか???
たた食べてみたい、でもコワイ。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫  あ???気が重い。

12日。
絶対に近寄ってこなかったサビにゃんが、
私を見て駆け寄ってきました。
いつも皆の後からゴハンにありついていたのに、
今日は私がカリカリを開けるや、真っ先に食いついてきました。
おなかがへこんでいるので触ってみると、
お乳が張っている感じがしました。

09051224
でも、おうちのどこにも子猫の姿は見えないし、鳴き声もしません。
いったいどこで産んだのでしょうか。

公園の隣に倉庫つきの会社があって、いつも車の動く音や、
お昼の体操の音楽が聞こえてきます。
猫たちは、公園のおうちの屋根を乗り越えたり、
境目の柵の割れ目を通ったりして、その会社と行き来しています。

しばらくがっついていたサビにゃんが一息ついた後、
さりげなく見ていると、柵の割れ目から
会社の倉庫側へ抜けていきました。
あちらで出産したのでしょう・・・。

彼女は元気そうでよかったですが、子猫たちはどうしているかな。
そしてこれからどうなるのかな。

そしてダンボ。

09051229
悪いです。
目ヤニもヨダレもなくなりません。
ただ、反応はすごく良いです。
私は猫マッサージにはちょっと自信があるのですが、
自慢の右手で背中をさすっていると、
もうたまらん、という感じでゴロゴロしだしました。

じつは、隣のオヤジは仕事で10日間ほど留守にするということで、
私に猫のゴハンを託していったのです。
なので、私が来た時1回だけしかゴハンはなく、
皆おなかをすかせているはずなのに、
ダンボは一向に食べようとしませんでした。

気分を変えて・・・

09051232
いやされる?????

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫  まいったにゃん。

5月8日。
臨月のサビにゃん。

0905083

ダンボは、ゴハンを食べる日と食べない日があります。
この日はまったく食べようとせず、やきもきする私を尻目に
シッコしにお外へ。

0905086
ダンボは純粋にシッコしているだけですが、
自分の縄張りにマーキングしに来たビビには、気になる気になる。
ビビ、放っといてやれ。

9日。
午前中にゴハンを食べなかった(お薬が摂れてない)ので、
夕方もう一度きてみると、食べてくれました。

0905087
10日は、午前中にきちんと食べることができました。
しかし、目ヤニもヨダレも続いています。
お薬もなくなってしまったのですが、続けるかどうか迷います。

おかあさん。

0905097
うつくし?????。

0905098
キャ??????。

09051012
あいかわらず気を許さない青太。

お隣のおうちに入ってしばらくすると、足元に猛烈なかゆみが。
足の甲に蚊に射された痕がてんてんと・・・。
あーあ、ついに出た。ここのやぶ蚊は強烈です。
天然素材の防虫スプレーも、あんまり効かないんですよね・・・。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫  一進一退なのね。

5月5日。
09050709
しばらく唸り合いの後、ビビ優勢で決着がついたところ。
動画を自宅で再生すると、すずがなぜか甘えてきます。

この日、ダンボの口からまたヨダレが出ていました。
そして5月6日、いっそうひどく、口から地面までヨダレがたれていて、
ゴハンにも全く口をつけようとしませんでした。

09050711
なので、お薬を摂ることもできませんでした。
病気って一進一退なのでしょうけど、良くなってきていると
思っていたので、とてもがっかりしました。
でもダンボの反応は良く、なでると気持ちよさそうにのどを鳴らし、
頭を何度もすりすりして催促してました。
後ろが、私がいつも覗いている穴です。

そして、逆に穴から中を覗いたところ。

09050712
ハーブが立ちはだかって見えませんが、
後ろに地面までヨダレをたらしたダンボがいます。

09050715
・・・・。


09050716
レモンはいつもじゃれてまとわりつくので、写真が少ないの。

そして5月7日。
ダンボはヨダレもなく、ゴハンも食べました。よかった???。
甘えた目で私を見上げます。
なついてくれてるのかな。

09050718
満腹になってくつろぐ隣の猫たち。
今日は日差しが強く、快晴でした。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫  投薬  

5月3日。
ダンボにお薬を与えた次の日です。

09050304
ベロ出てるよ???。
目ヤニは止まってないですが、前ほどひどくはないですね。
ヨダレは止まりました。

そして、5月4日。
お薬飲んで2日目です。

09050406
あくびも出てるし、食欲もあります。
私の手に頭をすりすりします。

ほんとは朝と夕、1日2回の投薬が必要なのですが、
それはできていません。
今日、隣のオヤジと顔を合わせましたので、話し合い、
午前中は私、夕方はオヤジと、分担して与えることにしました。

1人では無理なことも、分担すれば可能になります。
ほんの半年前に、こうした協力ができていれば、
あのキタナイ白茶を助けることもできたでしょう。
かわいそうな子でした。きょうだいなのに・・・。

サビにゃんのおなかはこんな状態に。

09050402
こうなってしまうと、もう堕胎手術は残酷すぎてできそうにないです・・・。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園の物たち? 何から何まで

山田さんから、またまたプレゼントです。
0905031
かわい???なんですかね、これ・・・
水洗トイレの水タンクにこんなのありますね。
右上には、クマのプーさんやらスヌーピーもいますよ。

これは個性的なネックレスですね。

0905032
正直、好みではないので、早速ばらしました。
ウッドビーズはインテリア雑貨に、
チェーンはアクセサリーに、生まれ変わる予定。

今回嬉しいのはこれ。

0905033
パーツが重いため、首にかけるとチェーンが直線になって、
胸元には星座図のような、個性的な幾何学模様が浮かびます。
それはさておき、このパーツ欲しかったんです♪

この前はこんなのもいただきました。

09041892
安野さんから。
「ぱんぺいゆ」とかいうでっかい柑橘か???
食しましたら、いちおうグレープフルーツのようでしたが。

テーマ:◆◆漂着物◆◆ - ジャンル:ライフ

このページのトップへ

公園猫  ダンボというの。

5月1日。
隣のおうちのオヤジが来ていました。
隣の猫たちはオヤジのそばで、
今までに見たことがないほどのくつろぎようでした。

オヤジは白茶を指して、
「その子、ダンボっていうんですけど・・・」

「白茶」改め↓「ダンボ」ちゃん。

0905191
「具合が悪そうなんですけど・・・」
「しょうがないですよね」
それきり、その話をやめてしまい、仕事に出かけていきました。

その時は気がつかなかったのですが、後でダンボを見ると、
またヨダレだらだら状態になっていました。
オヤジは私に治療を頼みたくて、言い出せなかったのでしょう。
人に頼みごとをするのは、なかなかできないものです。

ここの猫たちはたぶん潜在的に何かの病気を持っており、
体力が弱った時に、口内炎やら下痢やら脱水やらの症状が出て、
致命傷に至らず今までしのいできたのかもしれません。
というのが、実際診察したわけではないけれど、
悪くなったり良くなったりしてきたダンボの様子からの、
お医者さんの推理です。

5月2日。
というわけで、抗生物質を猫缶に混ぜて、ダンボに与えてみました。
今日はとってもいいお天気でした。

09050227
この子がお外に出るのは珍しいです。

09050229
今日のおかあさん。

09050233
今日のビビ。

そして・・・(ニヤリ)

09050235
・・・。

気がついた。

09050236

しかし眠気には勝てず。

09050240
ふ。私とて鬼ではない。
今日は一撫ででかんべんしてやろうかい。

2秒後。

09050242
逃げ足はや・・・

先日買ったデジカメは、安かったけれど、
繊細なピントを合わせることのできない機種でした。
なので、別の機種と交換しました。
お値段は倍ぐらいですけれど、この描写には満足です。
思えば古い機種も、同じぐらいの値段してましたしね。

しかし・・・
今度は電子レンジのトーストの焼きがゆるいんですけど・・・

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

FC2Ad

ゆるゆる猫丸家

サイト内の全ての画像、記事の無断転載、無断利用をお断りします。

工房猫丸

Author:工房猫丸
秋月美葉
いくつか管理しております。
☆Orange Gate
☆OrangeGate Gallery
全国に巣立っていった猫丸家の動物たち。
☆ねこ100×100
源生右室心筋症の耳太の記録

お客様

お友達のおうちもよろしく

このブログをリンクに追加する

商い情報 

猫丸家店舗OrangeGate

11月9日 新作出品。
ヤフーオークションに
出品中の作品のご紹介です。
売り上げは、嫌ですが結局猫に
分捕られます。たぶん。

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

お話してくれてありがとう

公園猫のご紹介


1 山田おかあさん。
勝気で頭も運動神経も良いスーパーな美猫。
たくさんの子供を産みました。



2 山田あかちゃん。
おかあさんの最後の子供。
幼児体形の女子。



3 隣のおかあさん。
元は隣にあったおうちの飼い猫。
山田おかあさんと同じく、たくさん子供を産みました。
隣の猫たち全部の母では?



4 隣のハーブ。
レモンとはたぶん姉妹。顔半分黒いのでハーブ。
非常に顔立ちの綺麗な猫。超気が強く頭もよい。
2010年、やっとなついてくれました。
★2010年6月、
財団法人どうぶつ基金の助成を受け、
不妊手術を行いました。



5 隣のサビにゃん。隣の(元)おうちの猫。
レモンとハーブとはたぶん姉妹。
子供みたいに小柄であどけないが、何度も出産経験あり。
いつも皆から一歩遅れる。


6 山田番長

2010年10月末、現れた子猫。
ビビについてきたと思われる。
超よわい番長。


・・・・・行方不明になってしまった猫たち。・・・・・

今でも待っています。
優しい人に助けられ守られ、
無事に再会できることを 心から願っています。

山田マルコ。
いつのまにか公園に居ついた、
愛らしいうさぎのような子でしたが、
2010年12月18日、姿を消しました。



山田ビビ。おかあさんの息子。
美しいオスの白猫で、公園になくてはならない
存在でしたが、
2010年10月末、姿を消しました。



隣のダンボ。隣の(元)おうちの猫。
時間がかかったが、とてもなついてくれました。
体格のよい元気なオス猫だったが、
きょうだいの白茶と同じと思われる病状で、
ひどく弱ったところをビビに追われて、
2010年7月末、姿を消しました。

幸坊。
ビビと隣のサビにゃんの子5きょうだいの1匹。
一番元気で体格も良いので公園に戻し、
すくすく 育っていましたが、
2010年2月8日、突然姿を消しました。

橋の猫。
2007年ごろ現れ、しばらく山田さんちに居候の後、
橋の下に居場所を移動。
皆にかわいがられていた人懐こい子。


流れの黒。こわもて。
他所から来て居ついた猫。時々行方不明になりつつ、
ビビとボスの座を争っていました。


隣の青太。隣の(元)おうちの猫。
青い目が印象的なオス。体格は良いが、痩せてきた。
くいしんぼうでびびり。いまだになついてない。
2010年1月8日ごろ、姿を消しました。


隣のレモン。隣の(元)おうちの猫。
顔は怖いが、鳴き声かわいく、ひとなつこい。
レモン色の瞳のサビ猫。
2009年11月中旬ごろ、姿を消しました。

・・・・・・・・・・旅立ってしまった猫たち。・・・・・・・

山田すずまる
2009年12月5日ごろ現れる。
木登りが大好きな小さな男の子で、
何かの感染症のため体調を崩しながら
一生懸命生きましたが、
2010年11月18日AM4:23旅立ちました。



隣の白茶。
ダンボと双子のようにそっくりな、たぶん兄弟。
慢性的な体調の悪化に長く苦しみながら がんばって生きたが、2009,2月12日旅立ちました。



隣の緑。隣の(元)おうちの猫。
猫丸みみたが公園に通うきっかけとなった猫。
慢性的な体調の悪化に長く苦しみながら がんばって生きたが、2008,8月27日旅立ちました。


最近のできごと

公園猫と猫丸家ヒストリー

Gallery工房猫丸 

ニコンオンラインアルバム


工房猫丸の猫たち

工房猫丸の犬たち


工房猫丸の野生動物

記事のお探しものはこちらから

猫丸家の郵便受けはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。