一日一絵

公園に住む猫の健康を願いつつ、重ねる一日一日の記録。

犯罪被害の後始末? 補償はいつ受け取れる?

私がひったくりの被害にあったのは、1月9日、つまり、
三連休の初日でした。
現金もなく、何の手続きもできずに、残り二日間を
過ごさねばなりませんでした。
休み明けを、どんなに待ったことでしょう。

加入していた保険を調べたら、○ン○ン同盟共済組合の遂行品補償の中に、
盗難の補償もされると書いてあったのです。
通常営業日が始まり、さっそく電話で問い合わせました。
すると・・・

「担当者は休みを取っている」
との返事でした。
・・・・・。
三連休明けの営業日、金融機関も行政機関も会社も、
世間は仕事がたまって大忙しのはずなのに、
この担当者の休みだけは、まだ終わってないのでした・・・。
どうですか、こういう取引先、困りますよね・・・。

しかし、連休を利用して、まとまったお休みをとりたい、
というのは、誰でも考えることです。
私も昔はそうでした。
なので、手続きは担当者が出勤してからにするとして、
そのために必要な書類を用意しようと、電話に出た男性に尋ねました。
すると・・・

「担当者でなければわかりません」
・・・・。
あんた、何の会社に勤めてるんですか???

「手続きは担当者しかできないにしても、必要な書類ぐらいわからないんですか」
「ぐらい、って何ですか。ぐらいって言い方はないでしょう」
仕事の知識はなくても逆ギレは一人前かい!

「だってそこは保険会社でしょう。
請求に必要な書類ぐらい、毎日の仕事上わかってて当然でしょう」
「保険会社じゃないですよ。
ここは助け合いを目的とした共済組合ですから」

うぜえ!
そんな教育たのんどらん!
損害を補償するという点で、保険会社だろうが共済だろうが、
こっちには同じこと、どうでもいいです!
この男がどのポイントで切れてるのか、まったくわかりません!

こいつと話しても何のメリットもないことはわかったので、
明日、担当者が出勤次第、連絡をするように言って、切りました。
そして、次の13日・・・
担当の女性には、
「直接こことではなくて、○○会社のユニオンを通してのやり取りになります。
なので、○○ユニオンに連絡してください」
と、言われました。
そんなことなら、昨日言ってくれればいいのに。
それぐらいのことも、担当者しか知らないのだろうか???

それで、ずっと前に辞めた会社のユニオンに、改めて電話しました。
すると、担当の女性は、
「退職者は対象にならないはずですが」
と、言うのです!

私は6年ぐらい前まで、パートとして勤めていた頃、この共済に入り、
保険料を銀行からの引き落としで払っていました。
そこを退職した後も、ずっと引き落としは続き、たまに残高不足になると、
必ず請求書が送られてきました。
退職した後も支払いが続くのを、いいのかな、と思ったこともありましたが、
そういうシステムなのだろう、と思っていたのです。


今の今まで保険料を受け取っておいて、
足りない時には請求までしておいて、
いまさら何を言うかあ!!


私は、退職時に何も説明がなかったこと、
辞めてからもずっと支払いを続けてきたことをまくしたてました。
対象にならないのに、なぜ引き落としの対象にはなるのでしょうか。
残高不足はすぐにわかり、洩らさず請求するのに、
その相手が対象かそうでないかは、6年間ずっと
わからなかったのでしょうか。

しかし、まあ支払いを続けてこられたので、今回の補償はされる、と、
相手の女性は言ってくれ、その後メールでやり取りし、
15日に、必要書類が到着しました。

それには、
「盗難通知のコピーを同封してください」
と、書き添えてあります。
盗難通知?????
何ですかそれ。

メールでたずねると、
「盗難被害を警察に届けた時に、受け取る書類です」
と、返事が返ってきました。
そんなものは受け取っていません!

警察署に問い合わせると、
「そんな書類はありません。被害届けの受付番号ならあります。
受付番号だけで、どの保険会社も対応してくれるはずですよ」
との返事だったので、ユニオンの担当女性に、その旨メールで返信しました。
すると・・・

それは、○ン○ン同盟側から要求された物のようで、
彼女があらためて問い直した結果、
「ないならないでよいそうです。書類も別の物に変わるので、
再度送り直します」
と、返事が返ってきました。

・・・・・・。
補償を受けようという人は、様々な災害や事故や病気で、
生活を立て直すために、いろんな手続きであちこち行かなければ
ならなかったり、バタバタしてるんですよ。
そういう人間に、「ないならないでよい」ていうか、
存在もしない書類を要求してくるなんて、信じられないです・・・・。

電話でのやり取り、知識不足、代替要員の不在、
さらにこのいいかげんな仕事ぶり・・・・
おそるべし○ン○ン同盟、開いた口がふさがらん。

私は、再度、送られてくる書類を待たなくてはなりませんでした。
それが届いたのは19日。
20日には、必要な物をそろえて送り返しました。

その後一週間以上、なーーーにも音沙汰無しです。
本日29日、どうなっているのか、ユニオンにメールで問い合わせました。
すると・・・・

「出張のため、手続きができませんでした。
本日、○ン○ン同盟の方に、書類を転送しました」
との返事でした。
なーーーにもやってなかったようです・・・。
事務職の女性が、5日間も出張?・・・・うそっぽすぎる・・・。

いったい、保険金はいつ受け取れるのでしょうか。
こちらから働きかけないと、なーーにもしない会社なんでしょうか。
今後の動きが待たれます。


もう補償はいらないから、
今まで払いこんだ保険料、全額返せ。


と、言いたいです。

昨日は確定申告に行ってきました。
去年は日程後半に行ったので混み混みでしたが、
その日は空いていました。

還付金の振込みは、意外と早いんです。
去年でも、10日ぐらいで入っていました。
早く還付金払いこんでくれないかな????

テーマ:本日の学び - ジャンル:その他

このページのトップへ

犯罪被害の後始末? デジカメとクレジットカード。

1月22日。
再発行されたクレジットカードがやっと届き、なんとか
日用品の購入には困らなくなりました。
なんてね。
じつは、もっと早く配達されていたのに、私が不在通知に
気がつかなかったのです。
なので、普通は届け出て一週間ぐらいで受け取れるようです。

カードはVISAカード系の2枚なのですが、そのうちMr.Maxには、
なんとなんと??500円の商品券まで同封されていました!
盗られたお財布には、この商品券も入っていたのです。
なので、とても嬉しかったです。
なんてあたたかいお心配りでしょうか!!!
ビバMr.Max!!ありがとうMr.Max!

さて、この10日以上の間、手元に残った現金は、
手数料や日用品に、どんどん減っていきました。
お給料日はまだ先、しかも、京都行きの旅費とお買い物をカード払いに
していたため、ほとんど全額なくなる予定です。

私は猫の絵を描きまくり、わが家の不用品を売りまくることにしました。
しかし、オークションに出品するために、デジカメが必需です。
古いデジカメもがんばってくれるのですが、
あまりにも乾電池を食いすぎるので、ずっとは使えません。

お金がまだ残っているうちに、中古品を新たに買うことにしました。
パソコンに入れたソフトをそのまま使いたかったので、
同じ機種をオークションで物色しました。

そして、SDカードもつけてくれるという中古品を、
6,300円ほどで落札することができました。
その出品者は、なんと近郊に住んでいて、ひったくりされた場所から、
車で10分ほどしか離れていない場所に住む人でした。

もしかして、犯人の出品か???
送られてくるのは、私のデジカメではないのか!???
(そういう話時々ありますよね)

しかし、送られてきたのは、私のではありませんでした。
箱入りで付属品も全部そろい、すぐに使える状態で、
出品者は、送料もまけてくれました。
ただの善意の人でした。

電源を入れた時、すれるような音がするのが不安ですが、
ここまでよくしてもらったのだから、仕方がないかな、と思います。
とにかくこれで、また前のように撮影が可能になりました。

そういうわけで、高く売れそうなものはオークションへ、
かさばる物は近くのリサイクルショップへ持ち込み・・・
まさに超危険水域、自転車操業のわが家計・・・
保険金は、いったいどうなったのでしょうか?

連休明けの12日に初めて連絡を取って、2週間以上、
いまだに何も受け取っていません・・・。
そういうものなんですかね??


テーマ:本日の学び - ジャンル:その他

このページのトップへ

公園猫  日々変化

1月24日の公園。
空気は冷たいけれど、快晴です。

10012403
ハーブ。

10012413
マルコ・・・でなくて、ちびマルコもやってきた。

10012415
以前は、レモンもここでよく遊んだものです。

10012422
空が気持ちのいい青ですね。
去年は、とてもいいレモンの写真を撮ったのに・・・。

10012424
こちらは、山田さんたちのおうちと広場を挟んで向かい側のおうちです。
交流はまったくありませんでしたが、
ここの主も、生活保護を受けて出て行く予定だそうで、
まもなく取り壊されるとのことです。

手作りのポストに、「留守中」の貼り紙。

10012425
生活感がにじみます。
一度、中を拝見させて欲しかったですね。
昔あった長谷川さん(仮名)のおうちは、とても素敵なつくりでした。

芸術や文化とは、かけたお金の量ではなくて、質素な空間であっても、
「その空間を美しくしようとする心がけを文化という」
と、誰かが言った言葉を思い出します。
行政や法律の枠の外でも、人は存在します。

公園に残るのは、山田さんと清川さんだけになるようです。
今、アルミ缶1? 105円だそうです。
100円超えて、ずいぶん楽になりますね。
一時は35円だったんですから、それはもう・・・。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫 ベランダから落ちる遺伝子?

1月23日。
また落ちました・・・。

今度はゆきちです。
わが家のベランダの手すりの外側のせまいでっぱりに出て、
そばに置いてある幸福の木にじゃれついて、手をスカっと空振りさせて、
私の目の前で、向こう側に落ちていきました・・・。
「どん」と音がして、手すりに駆け寄って下を見た時、
1階の庭の倉庫のトタン屋根に、動くゆきちが見えました。

前に栞が落ちたのと、同じお宅です。
呼び鈴を押しましたが、またも不在、前と同じように隣の敷地から、
庭を見ると、倉庫の屋根から1階のベランダに降りたゆきちは、
じっとこちらを見ますが、何も反応しませんでした。

今回は、同じマンションの顔見知りのお宅の人に、
立ち会ってもらうことにしました。
最初は、私だけが庭の金網を越え、ゆきちを捕まえて、
戻るのをただ見届けてもらうつもりだったのですが、
ゆきちを捕まえて、高い金網をよじ登る時、両手を離すと、
ゆきちは私にじっとしがみついていてはくれませんでした。

私の肩から飛び降りて、ベランダの下の空間へ駆け込み、
古いイスやら板やら、積んである物の間へもぐりこんでしまい、
何度呼んでも出てきてくれなくなりました。

猫がこうなると、どうにもなりません。
絶望的な気分になりました。
その時、立会いを頼んだ男性が、自分も金網を乗り越えて、
一緒に猫を呼んだり、ガラクタを押し上げたりしてくれました。
猫は大声を嫌がるし、あまり追い込んだら逆効果になると、
心配したのですが、その人が重い物を押し上げてくれたおかげで、
ゆきちを捕まえることができました。

また、ゆきちを抱えて先に自分が金網に登り、
次に登った私に、ゆきちを受け渡してくれたので、
今度は無事に金網を越えることができました。

私1人では、絶対にゆきちを捕まえて戻ることはできなかったでしょう。
ここまでしてくださる人は、めったにいないと思います。
まだきちんとお礼もしていないのですが、
どんな風にしたらいいか、わからないです・・・。

栞の時と違って、ゆきちは体も大きいし、
自力で逃げまわっていましたので、病院には行かず、様子を見ました。
ウンコOK、痛がり方クリア、呼吸OK、
シッコが出ないようだといけないな、と思ってましたが、OK、
今はしっかりゴハンを食べ、水も飲みます。
ほーーーーーーー・・・

100123034
落ち猫組。ばかばかばかばかやろ!!!!!

明日も、注意して様子を見ます。

しかし、栞に続いてゆきちも、とは・・・。
猫飼い歴○○年、わが家でベランダから落ちた猫は、いませんでした。
どんな子猫でも、年寄り猫でも、です。

だから、うちのトイレはベランダにありますし、
掃除の時には猫を締め出し、真夏には窓全開で、
いつも何の心配もなく、猫を出していました。

栞が特別な猫なのだろう、と思っていましたが、
ゆきちも、となると、今どきの猫はそうなっているのだろうか、
または、ビビがベランダから落ちやすい遺伝子を持っているのでしょうか。
(そんな遺伝子ないっす)

最悪の場合、猫をベランダに出さない選択でしょうか・・・
大きくなって、手すりの向こう側など歩けなくなれば、
大丈夫でしょうか・・・

10123036
息苦しそうではないかな、痛がってないかな・・・

トイレの水タンクから落ちる水を飲む健坊。

10123045
水なら上から落ちてるじぇ。

16日の昼間。

10011602
がったんがったん暴れた後、スイッチが切れたように寝る。

10011601
切れてる・・・。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫 突然の訃報。

1月20日。
ここ数日、あたたかくて気持ちのいい日が続きましたが、
今日は、雨の気配が近づいてきました。
そして雨の後は、また寒くなるのでしょうね。

公園に行くと、山田さんから驚くべき知らせがありました。
この前、「猫が迷惑だ」と私をどなったオヤジが、
今日、遺体で海から上がったと言って、警察と役所が来ていたそうです。
自殺の可能性があるといいます。

清川さんもやってきて、
「2?3日見かけないから、もう生活保護をもらって引っ越したのかと
思ってた」
と言います。
私は、オヤジを最後に見かけた日がいつだったか、記憶をたどってみました。
数日前、猫をなでる私のずっと向こうに、自転車のそばで
空き缶をつぶしている人影を、見た気がします。
でも、また文句を言われるかもしれないので、私は完全無視していました。
帰る時も、空き缶をつぶす音が続いていました。
私は、猫がひどいことをされないか、心配しながら公園を
あとにしたのです。
あれが最後だったでしょうか。

いや、その次の日か、公園の柵を通る時、
ちょうど中から自転車で出てきてすれちがったオヤジがいましたが、
(顔をよく覚えてない)
あの人だったでしょうか。
あの時、海に向かおうとしていたのでしょうか。

山田さんがお線香とお酒を持ち出してきて、
清川さんがお皿に砂を入れてコップを用意し、
私たちはお別れの式をしました。

私はいつも遠目でしか見なかったし、どなられた印象しかないですが、
ずっと近所だった山田さんと清川さんには、また違った印象があるようです。

「気の弱か男やったもんね」
「害のある人間じゃなかったですね」
すると、私をどなったのは、
そういう人間が、自分より弱いと思われる人間に対して行った、
精一杯の虚勢だったのでしょうか。

彼が本当はどういう人間か、私にわかるはずがありません。
「あんただって人に迷惑かけてるでしょう」
と、とっさに言い返したのは、仕方のないことです。
本心ではないのですが・・・。

もしかしたら、オヤジはずっと自分が言われ続けた言葉を、
一度は言う立場になってみたかったのでしょうか。

「友達もおらんごたるやったですしね」
オヤジはきれい好きで、彼のおうちの周りは、いつも掃き清められて
落ち葉もなく、きちんと片付けられていました。
しかし、それがまた、
「こんなにきれいにしてるんだから、こっちに入るな」
と、縄張りを主張するようにも、
公園を汚す猫たちを拒絶するようにも、思えたのです。

私の前で猫を悪く言ったりしなければ、
こんにちはと言った時に、こんにちはと返してくれれば、
顔なじみになれたでしょうし、こうした厳しい生活の中でも、
それなりに小さな楽しみが生まれたはずなのに・・・。

しかし、そんな希望も持てなくなるほど、
オヤジは打ちひしがれて生きてきたのでしょうか。

友達が欲しいのに、話しかけることさえできない、
自分の気持ちとは裏腹な行動をとって、人間関係を更に
悪い方へ持っていってしまう・・・
私たちも、誰にでも、ありがちなことですね。
自分をコントロールするのは、難しいことです。

10012001

山田さん(仮名)と清川さん(仮名)は、妙なことを言い合いました。
最近、生活保護を受けるようにと、役所の担当が強制的に勧めに来る、
自分たちは断ったけれど、オヤジは気が弱くて断れず、
標的になっていたといいます。

お金をもらえて、この生活から抜け出せるなら結構なことじゃないか、
と、私たちは考えますが、色々な規約で生活を縛られるし、
いつまた切られるかわからない不安がある、と、二人は言います。
一旦公園を出て行ったら、それまで住んでいたおうちは壊されますので、
生活保護を切られて追い出されたら、また住む場所を探して
一から作り直さなければならず、今よりもっと悲惨な生活になります。

なるほど、生活保護を嫌がるのも、もっともな理由があるようです。
役所と行政のやる仕事は、利用者の立場を考えてないので、
信用されていないんですね。
第一、
「昔は、生活保護を受けさせてください、とどんだけ頼んでも、
絶対受け付けてくれなかった。働きもせずに金をもらおうやら
とんでもなか、お前らのような奴は、飢え死にするなら勝手に死ね、
といわんばかりの対応で、こっちが困ってもまったく無視やった」
「それが、今頃になって、頼みもしないのに強引に受けろ受けろち、
自分たちの都合を押し付けるだけやもん」

そうだったんですか・・・。
そうですね、私も
「受給は、保護を求めてきた相手に」
するのが、基本だと思います。
強引に受給を勧めるのは、何か理由があるのでしょうか。
解せないのは、なぜ不動産業者がからんでくるのか、ということです。

もしかして役所の担当と不動産業者、癒着してるんじゃないですか?
それに・・・
公園の担当なら、地域猫の話を知っているでしょうに、
山田さんを追い出した後に、猫がどうなるかとか、
全然考えてないんですね。

10011912
マルコとちびマルコ。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

犯罪被害の後始末? 通帳と携帯

この細々とした寂び庵に、おいでいただき、
最近は拍手をたくさんくださる方がいらっしゃいます。
いっぱいいっぱい、かつ、最近はとくに悲惨な、私の境遇に、
励ましをくださっているのだと思います。

有形無形のあたたかいお心遣いに、本当に力をいただいてます。
ありがとうございます。

初めてのひったくり体験で、くたびれていますが、
なかなかない機会ですし、せっかくなのでその後の出来事、手続きなど、
私自身が感じたことを記録しておこうと思います。

被害に遭った当初、私は
「現金はそんなに入れてなかったはずだし、
通帳やカードは止めて使用できないようにすればいいし、
バッグは安物だったし」
むしろ、一緒に盗られた猫の絵やデジカメの方で頭がいっぱいで、
被害金額の方は、そこまで多くないはずだと思っていたのです。
しかし、それは間違いでした。

被害直後に携帯とクレジットカードと通帳を止め、
祝日あけに、真っ先に銀行に行きました。
そして通帳の再発行・・・しかし、それには1,050円かかります。
しかも再発行された通帳には、盗られた通帳に記載されていた明細は、
未記載です。
その分を請求すれば、さらに525円余計に払わなくてはなりません!
カードも再発行するなら、そのうえさらに1,050円です。
さらに・・・

財布にはネット銀行のカードも何枚か入っていたので、
全部の再発行をするとなると、もっとお金がかかるはずです。
はっ、今気がついたけど、クレジットカードもかかるのでしょうか・・・
・・・・やな予感・・・

細かいことをいえば、商品券や株主優待券、切手、図書カード、
Tポイントとかのポイントカードも、全部なし・・・。



次に、携帯電話会社の販売店に行きました。
私の回線?は、すでに止めてあります。
しかし、1秒も通話しなくても、月々の基本料は払い続けなければなりません。
携帯電話も買わなくてはならないのですが、すると、
月々の料金に1,000円、2年間上乗せ、つまり24,000円かかります。
また、通話回線を再開するのに、約1,900円かかります!

私はこれまで、携帯電話を買ったことがありません。
以前勤めていた会社にセールスが来て、0円で使えるシステムで
勧められ、契約して継続していたのです。
なので、もっと安く買えるコースはないのか、と聞きますと、
担当は親切な人だったのでしょう、
ネットのオークションなどでは安く買える、と教えてくれました。

さらに、
「とにかく第三世代の電話さえあればいいのですから、
使わなくなった人からただでもらえれば、一番いいです」

それで、家族や知人に片っ端から声をかけ、
その会社の、使わなくなった電話機を探してもらいました。
そして一昨日、以前パソコンの件でお世話になった人のつてで、
譲ってもらうことができました。

銀行や携帯電話会社が悪いわけではないのですが、
被害に遭った上に、これほどの負担を課されるということは、
とても納得できるものではありません。

それで、悟りました。
実際盗まれた物の被害金額より、むしろ
「被害前の状態に戻す」
ことのために、多くの費用がかかるのです。


1月16日。
本当なら一週間前、済ませているはずだった用事のために、
自転車で遠出。
予定が狂ったことで生じる被害もあります。

10011716
その途中、ここにも猫だんごが。

10011717
ふさふさした毛の上品な猫。
寒くないかい?


今でも猫の絵があきらめられず、
「ひったくり犯は、現金以外のものを川とかによく捨てる」
と聞いて、川の周りを探し回っています。

厳寒の中、何時間も歩き回る被害者の気持ちなんて、
犯人は想像もしないでしょう。
犯人に対する、ここには書けないような汚いののしり言葉が、
私の中にあふれています。

世間にはもっとひどい被害を負う人がいますが、
その人たちの胸中は、いかばかりでしょうか。

途中でみつけた小さいお花。

10011832
名前はわかりませんが、アサガオに似ています。

一番最初に手助けしてくれた山田さんを始め、
携帯電話を探してくれた人、譲ってくれた人、差し入れをくださる人、
声をかけてくださる人、
そして、遠まわしに手助けをお申し出くださる人など、
人様のご好意が、身にしみます。
私も同じように、誰かにお返しすることができるでしょうか・・・


ご好意にお返事できなくて、申し訳ないですが、
もう少し時間をくださいね。

さて、被害後の後始末、まだまだかかります。
重要ツールのデジカメは早く手に入れたいです。
そして、加入していた共済に、遂行品盗難補償があったので、
請求することにしました。
しかし、これがまた・・・

銀行よりも携帯会社よりもひどい対応で、
問い合わせ後一週間たった今も、何一つ手続きが進んでいないのです。

テーマ:本日の学び - ジャンル:その他

このページのトップへ

わが家  ねこ○できました。

1月17日。
先日の吹雪が嘘のように、あたたかい陽射しが差し込みます。
午前中、ベランダを開け放して、猫を放しました。
すると・・・


できました。

・・・・何が?

10011718
ねこ丼。

10011725
茶まげ、ぬくぬく?
陶器の丼は、陽射しでホカホカ温まっています。

本日、18日も、あたたかい晴天です。

黒まげも気がついたようです。

10011808
取られた。

10011811
黒まげ、気持ちいい?

10011815
健坊も気がついた。

10011813
健坊もそれ好き?

10011816
おっ、茶まげ、チャンスだぞ!

10011817
よかったね。

長らく、応急的に黒まげ茶まげと呼んでいましたが、
このたび正式に名前をつけました。

10011810

露骨・・・。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫  ある日の父と母と子。

1月15日。
降り続いた雨が、止みました。

私を見て、公園の入り口まで駆け寄ってくる猫は、ダンボだけになりました。
しばらくすると、隣のおかあさん、ハーブ、サビにゃんが出てきます。
今日は、幸坊が顔を出しました。

山田さんはお留守でしたが、しばらく猫たちと散歩を楽しみました。

父と子。

10011510
ビビの周りを駆けまわる幸坊。

なんか大小の○がほほえましいわ??。
(すみません、下ネタで・・・でも、つい目がいきませんか??)

父と子と母。

10011517

母と子。

10011521
この時間がずーーっと続きますように。

新しい絵を描こうとしたけれど、ノリがよくありません。
悪寒もするので、今日はもう寝ます・・・。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫  氷

1月14日。
昨日の朝、起きると、周りのマンションや家の屋根はまっ白、
隣の田んぼもまっ白で、さらにわた雪が乱れ降っていました。
なので、日中は一歩もお外に出ませんでした。

今日、公園に行ってみました。
草の上には、まだ雪が残っています。
昨日はどんなだったかな。寒いけど、見てみたかったです。
氷が張っていますよ。

10011407

氷ですよ。

10011414

猫たちが集まってきました。

10011410
まるまると太っているダンボ。
しばらく調子が悪いと言われ、毛並みが変だったマルコ、
元気を取り戻したようです。

引退していた古いデジカメ、こうしてがんばってくれます。
私と縁があるんだろうな。

10011417
動き回るけれど、具合がよくないというちびマルコ。
軽いです。
明日は風邪薬を持ってこよう。

今日も青太は現れませんでした。
青太がいなくなるなんて、思いもしませんでした。
レモンも・・・
冒険をするタイプの猫たちではありません。

今日は、以前別の公園に住んでいて、今は生活保護を
受けるようになった、山田さんのお友達がやってきました。
浅黒かった顔も、こぎれいになっています。

しばらく前から、ここには
「生活保護を受けませんか」
と、不動産業者が勧めにやってくるそうです。
なぜ不動産業者か、というと、空き室があるのでしょうね。
生活保護受給者なら、行政から家賃が出るわけだから・・・

この前私に文句を言ったオヤジも、もしかしたら受けるように
なるかもしれない、ということです。
山田さんも、
「猫4匹同居でもいいですよ」
と、言われたそうです。
(おお、いいなーー!そういうことになっておるのかーー!)

山田さんの元々の飼い猫は、
おかあさん、あかちゃん、ビビ、マルコ・・・
なんだけど、今はちびマルコも幸坊も増えたし、
隣のおかあさんもハーブもダンボもサビにゃんも青太も、
山田さんちを頼りにしています。
が、さすがに
「10匹はちょっと・・・」
と言われたそうです。

それに、生活保護を受けると、何かと制限があるそうなので、
若くて(といっても50代だが)元気なうちは、
山田さんは、今のままでいいと言います。

そうですね、病気や怪我や犯罪の心配さえなければ・・・
それだけが心配です。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫 青太まで・・・(泣) 

1月11日。
いつも真っ先にゴハンに食いついていた青太、
この前見かけなくなって以来、ずっと出てきません。

青太は人を見ると逃げるので、他の場所にいけるはずがないのです。
そういえば、最近時々さわらせてくれるようになり、
喜んでいた矢先でした・・・。

青太もレモンも、どこいったの・・・
何があったの。
無事でいるのーーー???
戻っておいで、会いたいよ・・・

古いデジカメで撮ってみますが、やっぱり要領がつかめない。

10011134
前は使い慣れていたのにな・・・。

さて。
いざという時に、頼りになるのは、誰でしょう。
家族?友達?
家族と友達からは、説教をもらいました。
ああ???ありがたいわ???

しかし、被害に遭ったばかりの被害者は、親切ぶった説教なんて、
一番聞きたくないのです。

まあ、身の回りの全員に報告したわけではないですが・・・
携帯盗られて、皆の電話番号がわからなくなったので。

このたび、本当にありがたい言葉をかけてくれたのは、
山田さんでした。
「金貸しましょうか?? 少ないですけど」
「場所教えてくれれば、現場からここまで自転車運んであげたのに」

だって、財布もカードも通帳もなく、祝日なので再発行の手続きさえ
できないんですよ。
タクシーもバスも乗れず、どこまでも歩くしかないんですよ。
これ以上ありがたい言葉はありません。
困ってる人に何が一番必要か、ちゃんとわかってくれてるんですね。
借りませんでしたが、ありがたくて泣けそうでした。
自転車の修理もしてくれたし・・・

説教なんて、言ってる本人は気分いいでしょうけど、
被害者に対しては、まったく思いやりのない行為ですから。

「まあ気を落とさないで。
そのうちいいことがありますよ」
こんな気休めの言葉も、親切にしてもらった後では、
心にしみるものです。

マルコ。

10011141
マルコとちびマルコと幸坊とダンボは、風邪っぽくて、
痩せてはいないけれど、具合があんまりよくありません。
体力はまだあるようですが・・・

被害にあわなければ、お薬も買ってやれたのに・・・
悔しさが大きな波のように、繰り返しこみあげてきます。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫  みみた家を襲った災難。

1月9日、
ひったくりに遭いました。

自転車こいでいたら、右の後ろからミニバイクが、
音もなく、急に近づいてきて、(たぶん前かごを見て)
一瞬下がり、それから一気に抜き去りざま、ショルダーバッグと
手提げバッグを持ち去られました。

追いかけようと思い切りペダルを踏んだら、はずみか、
自転車も壊れてしまい、犯人をまんまと見失ってしまったのです。

くやしくてくやしくてたまりません!!!!
ぶん殴ってやりたいです!!!!!




ひったくりが多発していると、あれだけニュースで見ていたし、
防犯のチラシなども見ていたのに・・・
いつもはショルダーのヒモをハンドルにかけているのに・・・

自分だけは被害に遭わないなどとは思っていませんでしたが、
心のどこかでたかをくくっていたんだと思います。

私は普段、みるからにみすぼらしいカッコでうろついていますし、
私のバッグはみるからに安っぽいボロだから
狙われないだろう、とか・・・。

今、現金もクレジットカードも携帯もなく、とても困りますが、
とりわけデジカメがないのが、痛いです。
私は、デジカメがないと、仕事にならないので・・・

現金の他に、商品券もほっともっとの優待券も盗られてしまいました(泣)。
それに・・・

自分の作品を委託しているお店に向かう途中だったため、
何点かの商品と、じつは、絵の原画もバッグに入っていたんです。
あの絵、それなりの思いをこめて昔に描いた絵・・・
あの絵にはもう二度と会えないのかもしれない・・・

と思うと、悲しいです。


犯行後にパトカーで交番に行き、長時間かけて被害届を出し、
自転車もお金もないので、家まで送ってもらいました。
その途中、山田さんの公園に寄って、自転車を都合してもらう
相談をしました。

予定では、昨日は明るいうちに納品を済ませ、
帰宅して掃除、年賀状を出して(え!?)新作の絵にかかるつもりでした。
・・・が、何も手につきませんでした。


そして本日、10日。
山田さんは、とりあえず自転車を貸してもいい、と言って
くださったのですが、どうせしなければならないことなので、
犯行現場まで行き、置いていた自転車を、1時間くらいかけて
公園まで運びました。
山田さんは、すぐに修理にとりかかって、直してくれました。

これだけで、ものすごく助かります!
私は自転車がないと、どこにも行けないので・・・。
カードも現金もなく、新しく買うこともできなかったし。

「厄年ですか?? 何か最近いろいろありますね」
そう、
じつは、年末、仕事先のお友達が交通事故で亡くなっています。
私自身の不幸ではないですが、大好きな先輩の突然の訃報は、
信じられない出来事で、今でもその人の声を思い出すと、
悲しみがこみ上げてきます。

厄年って、いくつかなあ・・・
「お祓いした方がいいんじゃないですか?」
うーん、そういうの信じないんですけど・・・・。

ちなみに、山田さんはお正月に「大吉」のおみくじを引き、
お友達に金運アップのお守りもいただいたそうで、
「今年はなんかいいことに当たりそうな気がするんです!」
と言ってます。
そうなるといいですね!!!
山田さんは、当然そうなるべきです!

そして、ふと思ったのです。
ひったくりには遭いましたが、
「でも、私ってどん底まで不幸、というわけでもないな」
こんな風に、必ず誰かが、少しずつ助けてくれるのですから・・・

昨日、帰宅して、走り回る子猫たちを見た時、
「この子達が病気になった時の悲しみに比べたら、
ひったくりなんて百倍ましだわ」
と、本心から思ったのです。

そんなわけで、とりあえず古いデジカメで写真撮ってみました。
捨てずにとっておいてよかったです♪

入っている保険の中に、適用される補償がないか調べたいのですが、
明日も祝日だし、銀行も休み、しばらく不便が続きそうです。

ビビ。

10011032
幸坊はあいかわらず元気いっぱいです。
「ここの空気にほんとに合ってるんでしょうね」
と、山田さんは言います。

新入り。

10011033
マルコと並ぶと、ほんとに瓜二つなので、
私たちは「姉妹なのではないか」と推理しています。
マルコを捨てた人間が、何年後かにまた捨てにきたのではないか、と。

は、今気がついたけど、これ、ほんとに「ちびマルコ」だわ・・・。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫  試練は続く。


山田さんが、公園に戻ってきたのは5日だったと言います。
6日に私たちは、新年のご挨拶をしました。

山田さんは、年末年始、生活保護を受けるようになったお友達や、
その他のお友達と楽しく過ごしたようでした。
公園で一人ぼっちで年を越すのは寂しいですもんね。

出かける前に、猫たちのためにゴハンを山盛り出していったと
言いますが、おそらくすぐになくなったのでしょうね。
で、

「あの子猫、いなくなったんですけど、連れて行ったんでしょ?」
と、山田さん。

「え??いないんですか」
「え、あれだけいないから、てっきり連れて行かれたと・・・」
「さあ・・・」
「・・・ちがうんですか。どしたんですかね。死んだんですかね」
「・・・・・」

なんてね。うちにいますけど。
「でしょ????!もーー驚かしたらいかんですよーーーー」

つれてきた日の元気ない健坊・・・で、遊ぶ姫 栞。

100106023
健坊は、やせ細り、きょうだいの中で一番小さかったはずの
茶まげより小さく、貧相に見えました。

本日の健坊。

100108069
だいぶ肉付きがよく、重くなりました。
私を見上げて、じーーーっと見つめることが多いです。
この目を見ると、もう公園に放すのはやめよう、と思いました。

「うちでは元気いっぱいだったから、大丈夫と思ったんですけど・・・
やっぱ、向き不向きってあるんですね」
「そうですねー、やっぱ猫によって違うんですね。
あれ(幸坊)とかものすご元気ですもんね」
幸坊は、走り回っています。

7日は行けず、連日厳しい寒さが続きます。
1月8日の公園猫たち。
山田さんは、お留守でした。

100108002
いつも真っ先に出てくる青太がいません。
新入りも、幸坊も出てきませんが、おうちで寝ているのかも。
しかし青太は、差し入れを出しても来ませんでした。
もしかして、ビビにいじめられて、隠れているところとか・・・

100108004
セグロセキレイ(か、ハクセキレイ)が砂場で遊んでいます。
猫に気をつけてーーーー。

100108010
マルコの咳が大きく、元気もないです。
この毛並みの汚れ方、前にもあった・・・
フロントラインを点してやらなくては。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫 嵐の前に

1月4日。
一雨ごとに寒くなる、と言います。
今、外は暴風雨で凍えそうな夜ですが、
昼間は陽射しがあたたかい快晴でした。
山田さんは、今日もお留守のようです。

今日は、カリカリと差し入れの薄味ツナをたくさん持ってきたよー。
おなかいっぱい食べなさい。

10010405
幸坊、強い。

10010407
健坊がんばれ、もっと食いつきなさい!
しかしイマイチ押され気味で、横取りされています。

10010404
新入り、強い!

10010411
ダンボは、地面をコロンコロンして泥だらけになり、
日向ぼっこに余念がありません。
汚くても、不健康でも、たくましく生きる。

10010416
ひととおり食べ終えました。

10010424
健坊の無事な姿を見た時は、ほっとしました。

今日は、山田さんのお隣の清川さんがご在宅でしたので、
私は昨日のオヤジの一件を、愚痴りました。
すると・・・

「真剣に考えんでよかよ。やきもち焼きよるとやけん。
山田んとこばっかり人が来る、って、前言いよったもんね」

バカか。
あの態度で、人が寄ってくるわけがなかろうが。
こちらが普通に話しかけても「おまえ」呼ばわりですから。
人にかまわれたいなら、態度改めろっつの。

「何軒かのうち、一軒だけ色々もらったりしよったら、
やっぱおもしろくなかろうが」

そこのところは、私も配慮して、周りにも時々差し入れしたりするのですが。
うーん、本当にそんなレベルのことならいいのですが。
私はとにかく猫に害がおよびさえしなければ、どうでもいいのです。

清川さん(仮名)が、こうして話し相手になってくださったので、
昨日の怒りも治まりました。

10010421
鳩にパンを分けてやる清川さん。

10010419
健坊を再びキャリーに入れて、うちに戻りました。
これでうちにいる猫は5匹。
1人で飼うには限界だと思ってはいます。

私の生活は、私1人に何か事故が起きれば、すぐに壊れてしまいます。
そうなれば、猫たちは、誰にも守ってもらえません。
私の家族や親族は、特別冷酷な性格ではありませんが、
猫たちにとっては、この上なく冷酷な人間です。

「かわいそうだけど、仕方がないよね」
の一言で、親族たちは猫を放棄するでしょう。

彼らからは、私の猫飼いは異常と思われており、
誰に助けを求めることもできません。
(山田さんたちとのこうした交流も、一言も言ってません)
できる範囲を超えていて、フォローする人がいない、
という意味で、私は理想的な飼い主とはいえないのです。
だから、すすんで猫を飼いたいわけではないのです。

いつか、この生活は破綻するかもしれません。
すべての猫たちを放棄する時が、来るのかもしれません。
人はそれを無責任と言うでしょう。
しかし、先がどうなるか、それは誰にもわからないことです。

でも、それは今ではありません。
明日限界が来るとしても、私は今日猫を助けます。

昨夜、黒まげたちのふくよかな背中をなでながら、
健坊の骨の浮き出た背中が思い出されてなりませんでした。
今、私を見上げる健坊の目を見ながら、
「間に合ってよかった」
と思います。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫 焦燥

1月3日。風は冷たいが、快晴。

昨日も来ましたが、あいにく子猫たちを確認できませんでした。
今日、今年初めて、健坊幸坊の姿を見ました。

10010387
何度か声をかけると、健坊が出てきました。
駆け足で走りますが、やせて背骨が浮き出ています。

山田さんは、昨日に続けてお留守のようで、
おうちの入り口には、昨日置いて帰った猫缶がそのままになっています。
おなかをすかせた猫たちが、うろうろしています。
いつもはゴハンに興味を示さないビビまでも、せがんできました。

山田さんを責めることはできません。
誰だって、お正月ぐらい、楽しみたいでしょうから・・・

しかし、今日はカリカリを持ってきていません。
猫缶を開けようにも、缶切りがありません。

さっきまで、お隣の清川さんがいらしたけれど、出かけてしまいました。
その時、清川さんのそのまた隣に住むオヤジが通りかかりましたので、
声をかけてみました。
すると・・・

「猫がおるけん 皆迷惑しとるったい!」
ときた。

・・・は??

おいオヤジ、

皆って誰や!
ここにつれてこいや!!!!

てめえ、
「浮浪者が公園におるけん
皆迷惑しよる」
って、
自分たちが言われよるのを
知らんのかい!



私は、公園に彼らが住むことを、別に迷惑には思っていません。
公園で楽しむことは、私の権利かもしれませんが、
私には別に住む場所がありますから、それを持たない人が、
公園に居場所を求めるなら、彼らの居場所を排除してまで、
その権利を行使しようとは思いません。

しかし、彼らが「皆が迷惑している」との理由で、
居場所のない小動物たちを排除しようとするなら、
彼らもまた同じ理由で排除されるとしても、仕方がない、と
言うしかありません。

他者をある基準で判断しようとするなら、
同じ物差しを自分にも当てなくては、フェアではありません。

新年早々、品のない言葉を使って申し訳ないですが、
私がどれほど腹が立ったか、わかってもらえるでしょうか。

本当は、
「もしも猫たちに手を出したら、即通報する!」
と言いたかったのですが、逆効果になってはいけないので、
言うことができませんでした。

冷たい風の中、大人猫たちは、日向ぼっこしています。
その中に混じって、震えながら日向ぼっこする健坊は、何度山田さんの
おうちに戻しても、また戻ってきて、日向にうずくまるのです。

もしあのオヤジに虐待されたりしたら・・・
大人たちは逃げるでしょうけれど、小さい健坊は、
どんな目に遭うか。

私はせいぜい1日に2時間ぐらいしか公園にいないし、
来れない日もあります。
その上山田さんがいなかったら、誰が猫たちを見守ってやれるでしょうか。
本当に、誰かの助けがあったら、と思います。
ゴハンをあげてとは言いません。
ただ、悪い人間の暴力にさらされないように、
優しく見守ってくれる人の目が欲しいです。

健坊の洟水と目ヤニを拭いてから、黒まげの風邪薬を飲ませ、
明日はキャリーを持ってきて、もう一度わが家につれてこよう
と、思いました。
それまで、一晩だけがんばって、健坊・・・

それで幸坊は。

10010393
・・・・。

10010394
お???すごいすごい。

10010396
超元気です。
よかった・・・。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

ゆるゆる猫丸家

サイト内の全ての画像、記事の無断転載、無断利用をお断りします。

工房猫丸

Author:工房猫丸
秋月美葉
いくつか管理しております。
☆Orange Gate
☆OrangeGate Gallery
全国に巣立っていった猫丸家の動物たち。
☆ねこ100×100
源生右室心筋症の耳太の記録

お客様

お友達のおうちもよろしく

このブログをリンクに追加する

商い情報 

猫丸家店舗OrangeGate

11月9日 新作出品。
ヤフーオークションに
出品中の作品のご紹介です。
売り上げは、嫌ですが結局猫に
分捕られます。たぶん。

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

お話してくれてありがとう

公園猫のご紹介


1 山田おかあさん。
勝気で頭も運動神経も良いスーパーな美猫。
たくさんの子供を産みました。



2 山田あかちゃん。
おかあさんの最後の子供。
幼児体形の女子。



3 隣のおかあさん。
元は隣にあったおうちの飼い猫。
山田おかあさんと同じく、たくさん子供を産みました。
隣の猫たち全部の母では?



4 隣のハーブ。
レモンとはたぶん姉妹。顔半分黒いのでハーブ。
非常に顔立ちの綺麗な猫。超気が強く頭もよい。
2010年、やっとなついてくれました。
★2010年6月、
財団法人どうぶつ基金の助成を受け、
不妊手術を行いました。



5 隣のサビにゃん。隣の(元)おうちの猫。
レモンとハーブとはたぶん姉妹。
子供みたいに小柄であどけないが、何度も出産経験あり。
いつも皆から一歩遅れる。


6 山田番長

2010年10月末、現れた子猫。
ビビについてきたと思われる。
超よわい番長。


・・・・・行方不明になってしまった猫たち。・・・・・

今でも待っています。
優しい人に助けられ守られ、
無事に再会できることを 心から願っています。

山田マルコ。
いつのまにか公園に居ついた、
愛らしいうさぎのような子でしたが、
2010年12月18日、姿を消しました。



山田ビビ。おかあさんの息子。
美しいオスの白猫で、公園になくてはならない
存在でしたが、
2010年10月末、姿を消しました。



隣のダンボ。隣の(元)おうちの猫。
時間がかかったが、とてもなついてくれました。
体格のよい元気なオス猫だったが、
きょうだいの白茶と同じと思われる病状で、
ひどく弱ったところをビビに追われて、
2010年7月末、姿を消しました。

幸坊。
ビビと隣のサビにゃんの子5きょうだいの1匹。
一番元気で体格も良いので公園に戻し、
すくすく 育っていましたが、
2010年2月8日、突然姿を消しました。

橋の猫。
2007年ごろ現れ、しばらく山田さんちに居候の後、
橋の下に居場所を移動。
皆にかわいがられていた人懐こい子。


流れの黒。こわもて。
他所から来て居ついた猫。時々行方不明になりつつ、
ビビとボスの座を争っていました。


隣の青太。隣の(元)おうちの猫。
青い目が印象的なオス。体格は良いが、痩せてきた。
くいしんぼうでびびり。いまだになついてない。
2010年1月8日ごろ、姿を消しました。


隣のレモン。隣の(元)おうちの猫。
顔は怖いが、鳴き声かわいく、ひとなつこい。
レモン色の瞳のサビ猫。
2009年11月中旬ごろ、姿を消しました。

・・・・・・・・・・旅立ってしまった猫たち。・・・・・・・

山田すずまる
2009年12月5日ごろ現れる。
木登りが大好きな小さな男の子で、
何かの感染症のため体調を崩しながら
一生懸命生きましたが、
2010年11月18日AM4:23旅立ちました。



隣の白茶。
ダンボと双子のようにそっくりな、たぶん兄弟。
慢性的な体調の悪化に長く苦しみながら がんばって生きたが、2009,2月12日旅立ちました。



隣の緑。隣の(元)おうちの猫。
猫丸みみたが公園に通うきっかけとなった猫。
慢性的な体調の悪化に長く苦しみながら がんばって生きたが、2008,8月27日旅立ちました。


最近のできごと

公園猫と猫丸家ヒストリー

Gallery工房猫丸 

ニコンオンラインアルバム


工房猫丸の猫たち

工房猫丸の犬たち


工房猫丸の野生動物

記事のお探しものはこちらから

猫丸家の郵便受けはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: