一日一絵

公園に住む猫の健康を願いつつ、重ねる一日一日の記録。

わが家  カミナリショーの日。


8月30日。
最近、夜はずいぶん涼しくなり、しばしば肌寒いと感じるほどです。
お疑いの方、試しにエアコンを止めて過ごしてみてはいかがでしょうか。
しかし朝には、昨夜の涼しさがなかったかのような、
強烈でホットな日差しが照りつけます。

昨日と今日と、午前中に最高気温に達し、夕方近くになってから
雷を伴う短い豪雨があり、涼しくなりました。
ひび割れるような音の後、どっかんどっかん響く大音響に、
若干挙動不審のうちの猫たちでした。

8月24日。
10082403
のんびりやであまえんぼうさんの健坊とすずパパ。

ぐはぁ
100825010
キュ?????ン❤
栞 かわいっ・・・

100825012
きょうだいで一番つれない娘。

★Orange Gate showroom
4月以来放置していたショールームに、8月までに販売された作品を追加しました。
あたらしい持ち主様の元で、末永くかわいがっていただけますように。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫  子猫はどこに。


8月28日。
今日は、最高気温37℃だったということですが、
不思議とそこまで暑いとは感じませんでした。風のせいかな。
一昨日と昨日、満月が輝いていました。
沖縄に近づいているという熱帯低気圧の影響か、
時折、台風を思い出させる強い風が吹き続けていました。

8月24日の夕方7:00過ぎ。
100824001
まだ明るいので、かろうじて撮れる。
隣のおかあさんもいます。

8月25日。お昼ごろ。
100825016
山田さんちと清川さんちの間にくつろぐおかあさん。

8月27日。
月曜からの2日間、ビビがいなくなり、山田さんはとても心配し、またしても
「もうどっかで死んでるんじゃないでしょうか」
などと言い出しました。
たったの2日で何言ってんですか。

その3日めにビビは帰ってきたのですが、山田さんが
「子猫がついてきていた」
と、言うのです。
山田さんがその子を見たのは1?2秒の間、上の写真でおかあさんが
寝そべっている場所にいたそうです。
ビビはとても愛らしい声でよく鳴くので、母猫と間違えて
ついてきたのではないか・・・と、山田さんは言います。

しかし、その後現れたビビは、単独でした。
100827026
ビビ、子猫どこ??? 出しなさい!!

目ヤニで目がふさがっていたと言うし、どこの子か、
無事におうちに帰れたのか、とても心配です。
また見かけたら、保護してくれるように山田さんにお願いしましたが、
その後、出てきませんでした。
聞いてしまえば心配になるし、いろいろ想像して胸も痛みます。
山田さんも、まったく、黙ってるってことができない人ですね。

「無事ですかねー、かわいそうに・・・・」と、私。
「かわいそうですねー、なんであの弟、死んじゃったんですかねー、
海苔やら採りに行かんどけばよかったとに」
・・・・今、ゲゲゲの女房の話してないし。

100827027
「だいじょぶですかあ??」
と、声をかけたくなるマルコの寝姿。
隣のおかあさんもあれ以来見ないしー・・・。


・・・・・・ぶつぶつみみた・・・・・

タイの空港で、トラのぬいぐるみの中に本物の赤ちゃんトラを混ぜて、
スーツケースで運び出そうとした女が捕まったそうです。
地域から推察するに、スマトラトラ?、親は殺され、
子トラはどこかのお金持ちに売り飛ばされる、というところでしょうか。
どこかに買う人がいるから、密猟者がいるのでしょう。

トラを飼える大富豪の感覚など私には想像もできませんが、
もし仮に、私がその立場になったとしても、飼わないでしょう。

自分がその対象を愛しているのか、
それとも自分自身を愛しているのか、
心に問いかけてみると、どうすべきかの答えはおのずと出てきます。
動物を飼う場合でも、子供を育てる場合でも、人付き合いでも、
そうして自分が試されるところは同じです。

東南アジアをイマイチ好きになれないのは、
政情が不安定で汚職や賄賂が横行しているために、
法律が守られず、密猟か一向になくならないからなのです。

富豪になったら、トラの住む森を全部買い占めて、
密猟者が一歩も入れないようにしたい!!
いくらで買えますか?


・・・・・・・OrangeGate 猫のノート発売中・・・・・・・

20100510605

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

わが家  「ねことも」と壊し屋


わが家のおそるべき壊し屋たち。
100804031
・・・・・・・。
今、キーボードのF4とF5とF6と「お」がむきだし。
F6はいまだに発見されておりません。(涙)

ところで、栞さん。
メタボきょうだいの中で唯一スリムでモデル体形の栞さんは、
カリカリもあまり食べませんよね。
100811009

いったい何を食べていらっしゃるんですか?
100813041
・・・・・・。やめてやれ。

先日、けたたましく鳴くアブラゼミをくわえて来ました。
動かないゴハンはゴハンじゃないってか?
かわいい顔して・・・・。

こちらはおっぴろげのなつめ。
100823043
あ、それはね・・・
そのご本に、このプログのことを載せていただいたのですよ。

100823044
残念ですけど、君らは載ってません。
(あいつとあいつが載ってますけど)

100823048
いけずうずうしいな????

いろんなブログを紹介するコーナーに、1/3ページほどのスペースで、
載せていただきました。
いい記念になりました♪

・・・・・・・OrangeGate 猫のノート発売中・・・・・・・

20100510605

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫  思い出ばかりを残して。


容量いっぱいの表示が出るので、画像ファイルの整理をしますが、
8月始めのダンボの写真を見ると、悲しくなります。

去年の8月ごろ、私を見つけ、遠くから走ってくるダンボ。
09081879
しかし、一番必要な時に、近寄ってきませんでした。

同じころ、蚊を退治してもらうために、私の前にずらりと並ぶ猫たち。
090912017
この時にはいた青太、レモン、ダンボ、3匹の猫たちが、今はいません。

いつかこうした別れがやってくることは、わかってはいました。
でも、覚悟などできるわけはありません。
それは、もっとずっと遠い、先の日のことであって欲しかったです。

・・・・・・・OrangeGate 猫のノート発売中・・・・・・・

20100510605

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫  猛暑怒涛の後半なだれこみ。


猛暑が続いたここ一週間のこと。
いろいろとやることがあって更新できませんでしたが、
毎日お昼前後に公園には行ってました。

この間に、マルコとすずまるにフロントラインスプレーをしました。
8月17日の隣のおかあさん。
100817010

名前のわからないお花が咲いてる。かれんだなー。
100818019

8月18日。
お昼に私がいた時、隣のおかあさんが現れたので、
山田さんからお薬を受け取り、飲ませることができました。
山田さんは、2回ほど与えているそうです。
飼い猫ではないので、毎日は難しいのですが、順調に治っている様子。

8月19日。
100819016
山田さんになでなでを催促するビビ。

8月20日。
正午、木陰の地面はまだ冷たい。
100820021

最近のマルコのお気に入り。
100820022

ここのコンクリが冷たいの。
100820023

去年もこんなかっこしてました。
100820028

そして本日は、猫のお友達さんが、隣のおかあさんの無事を
確認してくれました。
ヤブ蚊に襲われたお友達さんの体を、びっしびっし叩いてしまいました。
すみませんでした。

気がつけば、8月ももう後半。
猛暑の終わりも見えてきた!!
がんばれ私!! がんばれ猫丸一家!!
皆さん、がんばりましょうね!! はあはあ。

20100510605

・・・・・・・OrangeGate 猫のノート発売中・・・・・・・


・・・・・ぶつぶつみみた・・・・・

一番結束が必要な時に、何で民主党は正反対のことばっかりするのかなー。
O沢総理なんて国民に受け入れられるわけないじゃん。
野党につっこみ素材与えるようなものじゃん。
岡田「起訴される可能性のある方を党首に押すのは不適切」
至極まっとうな言い分だよ。

金のために徹底して臭い物にフタで結束してきたJ民党の老獪から学びなさいよ。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫  今日も無事を確認。


8月15日。あいかわらずの猛暑、風があるだけましかな。
昨日は行けず、今日は夕方6時ごろに行きました。

山田さん(仮名)は、またお留守です。
4日ほど、山田さんにお会いしていませんが、差し入れがなくなっているので、
帰宅しているのは間違いないようです。

いたのは、おかあさん、マルコ、すずまるです。
マルコの目の周りの汚れが気になります。
100815043
毛をかき分けると、ノミの気配もあります。
いつもは逃げてさわらせないマルコ、今日に限って、
フロントラインを持ってきてない・・・

しばらくヤブ蚊をたたいていると、マルコがほふく前進を始めました。
100815047
何を狙っているのでしょうか?

私の呼びかけにでてきてくれた、隣のおかあさんに唸っていました。
100815048
いつのまにかビビもいて、おかあさんにひどく攻撃的な態度をとります。
ビビをびしっと叱り、おかあさんを抱きかかえて、カリカリまで。

100815050
痛がる様子もなく、カリカリを食べるので、痛み止めは今日は無しで。
山田さんは、うまくお薬を飲ませているのかな。
おかあさんは、カリカリを食べるとそそくさと身を隠しました。

びしっと叱られて、ワルとは思えぬかわいい声で鳴いたビビ。
100815054
能天気なビビは、自分はかわいがられて当たり前と思っている
ふしがあるので、たまに怒られるとへこみも大きい。

ビビの信頼を取り戻すべく、しばらくご機嫌をとるワタクシです。
100815060
しっぽがおまたの間に・・・犬か。

20100510605

・・・・・・・OrangeGate 猫のノート発売中・・・・・・・

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫  救援物資。


8月12日。昼間に公園に行きました。
隣のおかあさんがいてくれました。
100812016
しばらくは近づいてこないかもと思っていたのですが、よかったです。
山田さんはお留守でしたので、投薬の様子は聞けませんでしたが、
痛み止めを飲ませると、すんなり飲んでくれました。
差し入れも食べてくれました。
まにあってよかった。本当によかったよ。

8月13日。
温度はそうでもないのですが、湿度がとても高くて、
お肌がべたべた、汗がたらたら流れます。

篤志家の方が、またお心遣いをくださいました。
100813019
こんなにたくさんの救援物資が!!

いつも猫たちや私を気遣って、支えてくださいますが、
最近へこみ気味の私に、優しいお言葉もいただきました。
大事に活用させていただきます。

100813021
うおおスゲーーー!!
こんな高級品が???
サンプルしかあげたことないよ?????

100813042
ありがたくいただくのですよ????!!
本当にありがとうございました!!

これからも、めげずに続けてまいります。

20100510605

・・・・・・・OrangeGate 猫のノート発売中・・・・・・・


・・・・・ぶつぶつみみた・・・・・

太田総理がまもなく放送終了するそうで、残念です。
視聴率低迷とのことですが、私が太田総理を見なくなったのは、
ひとえに野村佐知代とハマコーが出演し始めてから、
あの人たちを見たくなかったからです。
でなければ、ずっと見てました。どうしてあの人たちを出したのか。
日テレは、見て喜ぶ人がいると思っていたのか、大いに疑問を感じます。

私は太田総理が大好きでした。
見た目や雰囲気、話し方などはまったく好きではないですが、
太田総理の情熱、並外れた思考能力、知性と人道的な価値観にひかれ、
こんな思慮深い有名人がいて、頼もしいと思っています。

次回の安倍晋三との対談は、私は見られるかどうかわかりませんが、
太田総理は切望していたのではないかと思います。

正確な言葉は覚えていませんが、以前見た新聞インタビューで、
「どんな日本を作りたいか」
という内容の問いに、安倍氏は、
「正しい保守の国をつくりたい」
と言うような内容の答えをしました。

私は、この人は本当にいけないと思いました。
もしも国民が保守的な考えを拒否したら、どうするつもりでしょうか。
この人が「古き良き日本」と感じるものでも、
他の人がそう感じなかったり、世界中から拒否されるような価値観かもしれません。
そんなことは考えたことはないのでしょうか。

保守的価値観を望むかどうか、それは国民が決めることであって、
この人が決めることではありません。
人の心は自由であり、どんな価値観を持つのが良いかなど、
強制することもされることも、誰もできません。
そうした価値観を、自分ひとりで実践されるのは勝手ですが、
国民に押し付けることはできません。

自分が思うことを押し付けるだけで、
国民がどう思うかを先に考えない政治家は、だめだと思います。

次週は、憲法第9条がテーマの対談のようですが、
太田総理が、次週の予告でちらりと
「国民がぼこぼこ死んでったことをどう思いますか」
(たぶん第二次世界大戦のことだろうと思います)
と聞いたのに対し、安部氏は
「それは大変残念なことですが」
と、非常に軽い口調で答えていました。

それは、彼自身が実際に戦地の最前線に出る一兵士には、
絶対にならない立場だから、出てくるのだろうと思います。

自分が最前線で死ぬなんて全く想定外にしている感じ、
「死んでいくのは自分じゃない」
という安心感から来る、どこか他人事のような薄っぺら感が、
この人にはどうしようもなくただよっています。

太田総理、番組打ち切りになっても、応援してます。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫  台風の日。


8月10日。火曜日。
やはりダンボも隣のおかあさんもいませんでした。
いろんなことが重なってブスくれる私に、昨日は山田さんが、
今年一番出来のキュウリと(やっとできました!)、
お友達からの差し入れのお菓子をくださいました。
その山田さんも、今日はお留守でした。
隣の空港の敷地では、ぼうぼうに茂った草の草刈りがされていましたが、
そこはいつもマルコが遊びに行っている場所で、
いつものようにスタスタと入り込んでいきました。

チェーンソーで草刈りをしている業者と、空港関係の管理担当者に、
遠くに見えるマルコを指さしながら、
ここには猫が遊びに来ること、彼らにはエサやり、手術などして、
見守る人間がちゃんといることを知らせ、
草刈りの最中に怪我をさせないように気をつけて欲しい、
そして、万一敷地の中に、猫の死体があったら、知らせて欲しい、と
お願いしました。

行方不明になった猫が何匹もいて、探し続けているので、
死体でもいいからみつけてやりたい、
そうすれば、こちらも諦めがつくから、と・・・。
担当者の若い男性は、まあ内心めんどくさかったかもしれませんが、
きちんと話を聞いてくれました。

8月11日。水曜日。
台風が接近中とのことで、昼間は雨と、激しい風が吹いていました。
こんな日に外出したくないのですが、カリカリがなくなってしまったため、
お買い物のついでに、公園に行きました。
すると・・・・

いたんです! 隣のおかあさんが!!
痛がる様子は前ほどではなくなっており、猫缶を出すと、食べ始めました。
今しかありません!!

さりげなく首を掴んでキャリーに入れました。
おかあさんは、さほど抵抗することもありませんでした。
でもキャリーの中で、ずっと舌を出しているので、
やはりお口が悪いままなのでしょう。

もしかしたら、お口の中を怪我した、ということもありえる・・・
と思っていましたが、診察の結果は口内炎と歯槽膿漏ということでした。
それなら、やはりこの前の抗生剤がよかったのかもしれませんね。
病名がわかったからには、猫のお友達さんからたくさんいただいた
抗生剤で、今後も対処することができます。

帰りは、山田さんが連れ帰ってくれました。
毎日は無理かもしれませんが、おかあさんがいる時は、
お薬をゴハンに混ぜて与える、と、言ってくれました。
この台風の日に、自分の猫でもないのに・・・。
山田さんがいなかったら、またおかあさんを公園まで届けなければ
ならないところでした。

でも、あれだけ呼んでも探しても出てこなかったおかあさんは、
いったいどこに潜んでいたのでしょうか・・・。
猫って、こちらがどんなにはたらきかけても、だめなのかもしれません。
自分からやってくるのを待つしかないのかもしれません・・・。

ダンボを探すのはムダなのでしょうか。
待つしかないのでしょうか。
おなかが空いて、痛くてたまらないでしょうに、
出てきたくても出て来れないダンボが、不憫でなりません。

20100510605

・・・・・・・OrangeGate 猫のノート発売中・・・・・・・

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫  終わりはあるか。


8月9日。
陽射しが強かったのですが、午後から一時激しい雨が降り、涼しくなりました。
公園の隣の林にキャリーを持って行き、ずっとお母さんに呼びかけました。
病院が閉まるのは6時半、それまでに捕まえないといけません。
しかし・・・・

おかあさんは、出てきませんでした。
いつも出てくるのに・・・先週、同じ場所をずっと一緒に歩いたのに・・・
戻せるものなら、時間を戻したい。

おかあさん、今、君を助けられるのは、私しかいないんだよ。
一番私が必要な時だよ。
かんじんな時に、どうして自ら助かろうとしないの。
ほんとに、猫って、猫って・・・(涙)

100806013
戻れるものならこの日に戻りたい。

実は今日、4月にここに4匹の赤ちゃん猫を持ち込んだオヤジが、
また来ていました。
オヤジは、「処分して欲しい」と4匹の赤ちゃんを山田さんに預け、
山田さんが私に連絡し、私が連れ帰って、面倒を見たのですが、
結局全員死なせてしまいました。

体力的、金銭的にもさることながら、全員を看取らなければならなかった私は
精神的にダメージが大きく、重荷をこちらにまる投げしたオヤジに対し、
怒りを感じました。
でも、朝から晩まで缶を集めてまわっているというオヤジに怒ることもできず、
「不妊手術をしたいけど、2万5千円もかかるからできない」
と言うのを山田さんから又聞きして、知り合いの病院に相談し、
今回に限り、この人に限り、格安で手術を請け負う、という約束を取り付け、
山田さんに伝言して、オヤジに伝えてもらったのです。

しかし、彼はぐずぐずとしぶり、何の連絡もしてきませんでしたので、
私に手術代を負担して欲しいと遠まわしに言っているのかな、
という気もしましたが、
その言い分にも不快を感じたので、そのまま放置していました。
その時のいきさつはこちら

今更何だろうと思いつつ、完全無視してその場を離れ、
後で山田さんから話を聞くと・・・

「親猫が、また子猫を3匹産んだ。処分したいので2千円貸してくれ。」
(動物管理センターでの処分には、現在お金がかかります)
断ると、
「子猫を引き取ってくれるよう、みみたさんに頼んでくれ。
育てるのが難しいなら、授乳のために当分母猫を貸してもいい」
と、言ってきたそうです。

あきれると同時に、怒りのあまり言葉が止まらない私。
やっぱりさっき、直接顔を合わせて言ってやればよかった!
いや、やっぱり話さなくてよかったのか?

「こうなることはわかってましたよ。
だからあの時、手術しましょう、負担も軽くしてもらえますからと、
何度も言ったんじゃないですか。
自分は何もしたがらないで、人に要求ばかりして、自分勝手すぎやしませんか?
もう子猫連れてくるなって言ったんでしょ?」

「はあ、言いましたけど・・・」

オヤジも、子猫を殺したくないのだろうと思います。
だけど自分勝手すぎます!!
毎回毎回、他人の厚意を当て込んで、自分の負担を軽くすることだけ考えて。

嫌なことばっかり続く・・・。
終わりはあるんだろうか?


20100510605

・・・・・・・OrangeGate 猫のノート発売中・・・・・・・

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫  隣のおかあさん。


8月6日。
ダンボは見つからないままです。
100806005
綺麗なビビ、ダンボをいじめた憎らしいビビ。

100806009
マルコ。

隣のおかあさんのお口も、先日から異変が見られました。
100806014

100806015
差し入れを食べる時、とても痛そうにしていました。

8月7日、差し入れを食べさせた後、粉状の抗生物質を舐めさせました。
おかあさんはひどく嫌がり、痛みが増したようでした。
急遽病院に連れて行こうと、キャリーを用意したのですが、
逃げてしまい、その後、どんなに呼んでも、出てきませんでした。

今日8月8日。
何度呼んでも、出てきませんでした。
あまりの暑さに耐えかね、私はワンピースを着ていったために、
おかあさんの居場所である隣の林に、入ることができませんでした。
ジーンズをはいていけばよかったです。

呼べばいつも来てくれた隣のおかあさん、
先週は私の後をずっとついてきたおかあさん、
あんなになついて、甘えてくれたのに・・・
お薬をふくませ、病院に行こう、と思っただけで、
姿を見せなくなりました・・・。

数日いなくなっても、今までは、
必ず戻ってくると安心して待っていられたのに・・・
必ずなんて、野良猫にはないんです・・・・。

抗生物質で、痛みが減っていればいいのですが・・・。
明日は、隣の林にも探しに行ってみるつもりです。
治療しないと、ダンボに続いておかあさんまで・・・(泣)。

20100510605

・・・・・・・OrangeGate 猫のノート発売中・・・・・・・

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

わが家  コムスメの不屈の精神。


猛暑の中、わが家は連日こんな感じ。
100724016
明け方散々暴れまわった挙句、日中はずっとこれです。
わけのわからないものが散らかってますが、ご容赦ください。

100724013
なつめの見事なひろげっぷり。

ゆきちはこう。
ケサランパサランが見えますが、見ないでください。
100723016
メタボなのでおっさん臭がぷんぷん。

みるからにナマイキなコムスメ栞。
100723018
体の幅はゆきちの二分の一、オリエンタル系の細身です。
きょうだいの中で、ビビのプロポーションを受け継いだのは、
栞だけのようです。

この栞、先日の夜中、またしてもベランダから消えました。
散々探し回り、またしても落ちたとしか考えられない、と
思い始めた頃、ベランダの端の暗闇から「ストン」と現れました。

手すりにつけたトゲトゲの幅が足りなくて、一部空白部分が
あったのですが、そこを目ざとく狙って、
以前遊びに行ったのと反対側の隣のお部屋、つまり健坊が
落ちた方のお部屋に、遊びに行っていたのです。

即、トゲトゲを補充、現在うちのベランダはこうなっています。
10073008
こちらが、栞と健坊が狙った手すり。

10073009
こちらが、栞が遊びに行っていた方の手すり。
みっともないですが、しょうがない。

これで万全・・・と、思いきや。
栞は、それでもまだチャレンジ、その結果トゲトゲシートと手すりの間に
はまっておりました。
恐るべし、不屈の精神。
まだまだ攻防は続くのであった・・・。

・・・・・・・OrangeGate 猫のノート発売中・・・・・・・

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫  追い討ち。


8月2日と3日。猛暑でした。
ダンボのチラシを作って、公園の裏や近所の会社に配って周りました。
公園の隣の会社は、広い敷地に、大きな倉庫やプレハブの事務所が並び、
重機やトラックが出入りしています。
従業員は、何かの機械を操作していることが多く、声をかけるのも
はばかられます。

1人のオヤジから、勝手に中に入らないでと文句を言われましたが、
勝手に入るなって言ったって、高い塀に囲まれているわけじゃなし、
すきまだらけの低い塀に、常時出入り自由な裏道があって、
別に侵入行為をしなくても、第三者がいくらでも出入り自由な状態です。

横柄な物言いをされるのもよくあることですので、
下手に出て事情を説明しました。
そして、以前お話したことのある従業員に、チラシを渡して
お願いして、ひきあげました。

次の日、もう一度行ってまた別の人に声をかけてみると、
「猫やろ、電話すればいいんやろ、聞いとるよ」
と言われたので、ちゃんと伝えてくれていることがわかりました。

他、3?4ヶ所の会社とおうちに、ダンボの写真を預かってもらいました。

10080208
白いの3匹。

10080213
ダンボを追い出したビビ。

汚れた足でとぼとぼと歩くダンボの姿を思うと、胸が裂けそうな気持ちです。
そんな時、追い討ちをかけるような出来事がありました。

わが家には、今は亡き猫の骨つぼが置いてあります。
なにげにそれを聞いた同僚が、
「動物がうかばれない、ちゃんと供養してやらないとかわいそう」
「よくそんなことができるね、信じられない」
と、言い出したのです。

そもそも、供養したいと思う人がすればいいことで、
そんなことは他人が口出すことではありません。

仏教では遺体を燃やした後、骨を安置しますが、
キリスト教やイスラム教では、そのまま土の中に埋めます。
中央アジアかどこかでは、ぶつ切りにして放置し、鳥獣に食べさせる
供養もあります。
仏教の価値観からすれば、他の供養ではうかばれないことになりますが、
他の方法も、その宗教ではちゃんとした供養です。

こうしたことから、私は、供養の方法というのはあくまで
生者の選択の問題であって、それによって死者がどうこうと
いうものではないと思っています。
「魂が迷う」「うかばれない」などと、何の根拠もないことを
私は鵜呑みにはできません。
一回死んだことがある人間がいるなら出てこい、と
言いたいです。

まして宗教は人間が作った物であり、動物が選べるわけでもなし、
お経をありがたがるわけがない。
飼い主が動物にできることは、生きている間精一杯
世話をすることだけであり、
死んだ後のことは人間が管理できる範疇を超えており、
人間の身では魂がどうこうなどと確認できない以上、
供養などしたとしても、飼い主の自己満足の範囲に過ぎないと
思っています。

それでも、一応仏教の形にのっとって火葬し、立派な骨つぼに
収めてあるので、自分ではもうこれでよい、と思っています。

そうしたことに、ずけずけと口出しするのは無神経です。
一度二度なら聞き流すのですが、とてもしつこかったので、
「あんたに関係ないでしょ」
と言って、一旦話を切ったのですが、しばらくしてまた、
他の人を巻き込む形で、
「ちゃんとしてやらないかんとよねえ、動物でもそうでしょ、
おかしいよねえ」
と、聞こえよがしに続けるので、
「たいがいにしなよ」
と、怒ったのです。

しかし、周りの人は、私がどうして怒っているかわからず、
「どうしてそんなことぐらいで怒るのか」
という受け取り方しかされないのです。

猫を病気から守るために、一分一秒死に物狂いで戦った私の気持ちなど、
彼らは1gも知らないし、私の代わりは絶対にできません。
なのに、
「猫がかわいそう」
と知った風なことを言う自分の無神経さには全く気づかず、
人のことを変人扱いする彼ら。

腹が立って腹が立って、泣きすぎて、頭痛がします。

20100510605

・・・・・・・OrangeGate 猫のノート発売中・・・・・・・

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫  ダンボに会いたい。


猛暑が続く数日、ダンボは・・・

7月29日。
お昼ごろに、また雨が降り出し、若干涼しくなりました。
ダンボの姿はやはり見えず、山田さんが、
「実は昨夜・・」

夜中の1時ごろに、ダンボが急にベッドの下から出てきて、
ささっと外に出て行った、と言いました。
昨日の昼間、あれだけ呼んで、探したのに、
ずっとベッドの下に隠れていたのか?

明け方だったら、捕まえてキャリーに入れたところだけれど、
夜中の1時だったので、どうしようか迷ったそうです。
そうですね、病院に行くまで8時間もの間キャリーに入れておけば、
ひどいストレスになるだろうし・・・
しかし、もしかしたら最後のチャンスだったのかもしれません。

100729001
サビにゃん、ダンボ知らない?

以前は、私を見つけて駆け寄ってきたのですから、
こうして探す私を、どこかに隠れて見ているのかもしれない・・・。

7月30日。猛暑日です。
100730001
ビビがイジワルするから!

100730006
マルコもばてばて。

私はこの時間しか来られないため、猫友さんにも、
もしダンボを見かけたら無理にでも病院に連れて行ってくださいと
お願いしました。

普通の人に、こんなお願いはとてもできません。
やはり猫の身を案じて、助けるために少々の苦労はいとわない、という
方でないと・・・ここまでのお願いはできません。
猫友さんが心配してくださり、協力してくださり,
励ましてくださるので、甘えさせてもらっています。

7月31日。夕方。
隣の会社の倉庫周りと、隣の敷地の林の中を探しました。
青太やレモン、幸坊がいなくなった時にも、ここを探し、
そして何も見つけることができなかったのが思い出されます。
ここにもいないとしたら、いったいどこに行くところがあるの?

林を縄張りにしている隣のおかあさんが、私の呼びかけに
姿を現しました。
100731013

そして、ずっとずっと後をついてきました。
100731018
隣のおかあさんも、公園の大事な大事な住人です。
いつまでも元気でいて欲しい。
そして苦しい時は、助けを求めて欲しい。

ダンボ、苦しみを分け合えなくて、ごめん・・・。

20100510605

・・・・・・・OrangeGate 猫のノート発売中・・・・・・・

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

FC2Ad

ゆるゆる猫丸家

サイト内の全ての画像、記事の無断転載、無断利用をお断りします。

工房猫丸

Author:工房猫丸
秋月美葉
いくつか管理しております。
☆Orange Gate
☆OrangeGate Gallery
全国に巣立っていった猫丸家の動物たち。
☆ねこ100×100
源生右室心筋症の耳太の記録

お客様

お友達のおうちもよろしく

このブログをリンクに追加する

商い情報 

猫丸家店舗OrangeGate

11月9日 新作出品。
ヤフーオークションに
出品中の作品のご紹介です。
売り上げは、嫌ですが結局猫に
分捕られます。たぶん。

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

お話してくれてありがとう

公園猫のご紹介


1 山田おかあさん。
勝気で頭も運動神経も良いスーパーな美猫。
たくさんの子供を産みました。



2 山田あかちゃん。
おかあさんの最後の子供。
幼児体形の女子。



3 隣のおかあさん。
元は隣にあったおうちの飼い猫。
山田おかあさんと同じく、たくさん子供を産みました。
隣の猫たち全部の母では?



4 隣のハーブ。
レモンとはたぶん姉妹。顔半分黒いのでハーブ。
非常に顔立ちの綺麗な猫。超気が強く頭もよい。
2010年、やっとなついてくれました。
★2010年6月、
財団法人どうぶつ基金の助成を受け、
不妊手術を行いました。



5 隣のサビにゃん。隣の(元)おうちの猫。
レモンとハーブとはたぶん姉妹。
子供みたいに小柄であどけないが、何度も出産経験あり。
いつも皆から一歩遅れる。


6 山田番長

2010年10月末、現れた子猫。
ビビについてきたと思われる。
超よわい番長。


・・・・・行方不明になってしまった猫たち。・・・・・

今でも待っています。
優しい人に助けられ守られ、
無事に再会できることを 心から願っています。

山田マルコ。
いつのまにか公園に居ついた、
愛らしいうさぎのような子でしたが、
2010年12月18日、姿を消しました。



山田ビビ。おかあさんの息子。
美しいオスの白猫で、公園になくてはならない
存在でしたが、
2010年10月末、姿を消しました。



隣のダンボ。隣の(元)おうちの猫。
時間がかかったが、とてもなついてくれました。
体格のよい元気なオス猫だったが、
きょうだいの白茶と同じと思われる病状で、
ひどく弱ったところをビビに追われて、
2010年7月末、姿を消しました。

幸坊。
ビビと隣のサビにゃんの子5きょうだいの1匹。
一番元気で体格も良いので公園に戻し、
すくすく 育っていましたが、
2010年2月8日、突然姿を消しました。

橋の猫。
2007年ごろ現れ、しばらく山田さんちに居候の後、
橋の下に居場所を移動。
皆にかわいがられていた人懐こい子。


流れの黒。こわもて。
他所から来て居ついた猫。時々行方不明になりつつ、
ビビとボスの座を争っていました。


隣の青太。隣の(元)おうちの猫。
青い目が印象的なオス。体格は良いが、痩せてきた。
くいしんぼうでびびり。いまだになついてない。
2010年1月8日ごろ、姿を消しました。


隣のレモン。隣の(元)おうちの猫。
顔は怖いが、鳴き声かわいく、ひとなつこい。
レモン色の瞳のサビ猫。
2009年11月中旬ごろ、姿を消しました。

・・・・・・・・・・旅立ってしまった猫たち。・・・・・・・

山田すずまる
2009年12月5日ごろ現れる。
木登りが大好きな小さな男の子で、
何かの感染症のため体調を崩しながら
一生懸命生きましたが、
2010年11月18日AM4:23旅立ちました。



隣の白茶。
ダンボと双子のようにそっくりな、たぶん兄弟。
慢性的な体調の悪化に長く苦しみながら がんばって生きたが、2009,2月12日旅立ちました。



隣の緑。隣の(元)おうちの猫。
猫丸みみたが公園に通うきっかけとなった猫。
慢性的な体調の悪化に長く苦しみながら がんばって生きたが、2008,8月27日旅立ちました。


最近のできごと

公園猫と猫丸家ヒストリー

Gallery工房猫丸 

ニコンオンラインアルバム


工房猫丸の猫たち

工房猫丸の犬たち


工房猫丸の野生動物

記事のお探しものはこちらから

猫丸家の郵便受けはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: