一日一絵

公園に住む猫の健康を願いつつ、重ねる一日一日の記録。

わが家  5匹並んで。


11月27日。快晴。
全員日向ぼっこを始めた。
101127035

101127039

101127050
おっとりさんは栞によりそって気持ちいい。

101127051

なつめは、昨日の冷え込みでまた風邪をぶり返し、
洟を散らしてくしゃみをするようになりました。
なので、また病院でお薬を出してもらったのですが・・・
飲ませてまもなく、ゴハンとともにまた吐いてしまいました。
この抗生剤は、なつめには合わないようです。

さらに、またもウンコたれしました・・・。
シッコしたペットシーツを新しく取り替えたばかりなのに、
気がつかなかったのでしょうか。
上からも下からも、トラブルたれながしの困った猫です。

もういいですけどね、古いお洋服の上だったから。
たぶんもう着ないので捨ててもいいのに、捨てられなかったのです。
おかげですっきり捨てられましたから。

・・・・・ぶつぶつみみた・・・・・
芸能人きどりか、口数の多い小泉進次郎は蓮舫以上に調子にのっている。
こんなヒステリー男が一番嫌い。
うるさい!

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫  冬がやってきた。


11月26日。そこそこ晴れた一日ですが、夜になって厳しい冷え込みです。
遡って・・・

11月24日。
101124024
先日、番長の左目は涙目になってつぶれていましたが、
山田さんがお薬を与えた結果、開いてきました。

101124026
ゴハンも食べているし、洟水も飛ばさなくなったそうです。

11月25日。夕方。
101125050
すでに薄暗いため、こんな写真になりました。ちょっと楽しい。

番長は、お薬を飲むと吐くようになったため、飲ませるのをやめたそうです。
きちんと飲ませないと、効かないのですが、吐くなら・・・うーん。

じつはなつめも同じ症状で洟水をたらし、飛び散らかしていたため、
同じようなお薬を飲ませていたのですが、
番長と同じように、時々吐くようになったのです。
ちょうどお薬がなくなったため、今は飲ませていないけれど、
飲ませていいのか悪いのか、迷いましたね・・・。

しかし今夜は寒いな???
夜空が澄みわたり、藍色の空と白い雲までくっきり見えます。

・・・・・・・OrangeGate 猫のノート発売中・・・・・・・

20100510605

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫  月は東に日は西に。


11月22日。薄曇りで、時々雨が降りました。
日にちを遡って・・・

11月20日。
この公園は、いくつかの川と橋が交差している場所です。
ビビがこの橋の下を伝っていくとすれば、対象は四方に及びます。
高い金網の向こう側。かなり低い位置に広がる光景。
101120082
浅いドブ川は、ここにも繋がっています。
どうやって入ればいいのじゃ。
この草を全部刈ったら、ビビが寝ていたりしないかな。

以前は、週に一回くらいしか現れなかった隣のおかあさんを、
今は毎日見ることができます。
前は低い姿勢でおどおどサササっと動いていたのが、今は
「悠々とメシ食って、あくびして出て行きますよ」。

この日の夕方、まっ赤な太陽が沈んでまもなく、
東の空に、白い満月が現れました。
101120083
月は東に日は西に か・・・。

11月21日。
ついこの前まで元気だった番長に、目ヤニと鼻水の症状が現れました。
「メスの方が強いです。オスは弱い」
と、山田さんは自説をとなえます。

緑、青太、白茶、ダンボ、黒、橋の子、すずまる・・・・
なるほど、たしかに病気に罹っていたのはオスばかり。
遺伝性もあるかもしれませんが、同じ血筋でもメスはぴんぴんしているし、
山田さんがそういうのも無理はありません。
唯一元気だったビビは、いないし・・・(涙)
それもあって山田さんは、唯一残った番長をとりわけ心配しているのです。
すずまるが残してくれたお薬が、番長にも使えるので、
朝晩飲ませてくれるように頼みました。

101121079
なべやかんに隠れています。

101121089
この日の夜、金色に輝く満月です。
色々な想いを抱えて、今まで何度も見上げてきたこの満月。
今年見られるのは、あと一回です。

そして今日、11月22日。
夕方、番長を初めて病院に連れて行きました。
ワクチンを打ちたかったのですが、すでに遅く、ヘルペスに感染しているので、
打てませんでした。
番長の片目はつぶれ、もう片方は目ヤニで潤んでいます。
キャリーの中で、何度もくしゃみをして鼻水を撒き散らしました。
うちのなつめと同じだ・・・。

この症状が治らないと、ワクチンが打てません。
がんばれ番長!!

・・・・・・・OrangeGate 猫のノート発売中・・・・・・・

20100510605

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫  さようなら、すずまる。


11月18日。快晴。
朝の9時に、すずまるを迎えに公園に行きました。
しばらくして出てきた山田さんが、
「昨夜死にました。4時23分でした」
と、言いました。

静かに寝ていたすずまるは、その時、手をびくびくっと
何度か動かしたそうです。
うとうとしていた山田さんが、それではっきり目を覚ましたのと、
ほぼ同時に旅立って行ったと思われました。

何かの伝染病に罹って発症したすずまるを、できれば他の猫から
隔離した方がいいと(手遅れかもしれませんが)
自分で言いながらも、それではあまりにかわいそうだと思っていました。
しかし山田さんの言い方から、最後まですずまるに寄り添ってくれた様子が、
伝わってきました。

ある日突然現れて、大人猫のゴハンを横取りするほどに飢えていたすずまる。
いつまでたっても大きくならず、女の子と間違われたすずまる。
それでも一時は元気いっぱいで、木登りが大好きで、
山田さんに登るのが大好きで、やんちゃな姿を見せてくれました。
時々体調を崩すたびに、お薬や注射で元気を取り戻し、
元々弱い体を、ごまかしごまかしがんばっていたのでしょう。
しかし、今回は治療が遅すぎたようです。
4?5日前、食欲がなくなった頃すぐに治療を始めていれば、
助かった可能性はあるということです。
本当に残念でなりません。

回収業者に連絡し、彼らが公園に来る間に、病院に報告に行きました。
そして、他の猫たちのワクチン接種について説明を受けました。
推測される感染症のうち、可能性の高いのはパルボウイルスであり、
これを防ぐ三種混合ワクチンなら、事前のウイルス検査無しで、
接種できるということでした。

101118011

まだ幼い番長と、あまり健康そうに見えないマルコが、特に心配です。
優先して受けさせたいのですが・・・・。
すずまるの白い毛に、ノミが蠢いているのが見えました。
人間の目には見えなくても、やはりいるのです。
急いで駆除しないと・・・。

午前10時頃、すずまるの小さな骸は、公園をあとにしていきました。

101106081

かわいいかわいいすずまる。
今悲しいからといって、出会わない方がよかったとは思いません。
楽しい思い出もあったはずだから。
苦しいことばかりの一生ではなかったはずだから。

・・・・・・・OrangeGate 猫のノート発売中・・・・・・・

20100510605

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫  すずまるの戦い


11月17日。快晴。
すずまるの姿を見たのは、14日。
すぐにおうちに入ってしまったので、よくわからなかったのですが、
その時、お尻が汚れているように見えたのが、気になっていました。
その頃から、あまりゴハンを食べない、と、聞いてはいました。

15日は、ちょうどなつめのお薬を受け取りに、病院に行ったので、
すずまるの分も、前と同じ抗生物質のお薬を出してもらいました。

私は公園には行けなかったので、お薬を猫のお友達さんに預けて、
山田さんに届けてもらいました。
山田さんは、その日からお薬を飲ませてくれたようです。

16日。夕方近く、猫たちは皆おうちに入っていて、
見ることができませんでした。
お薬を飲ませているにもかかわらず、すずまるの様子は
ますます悪いような気がする、と、山田さんは言います。

そして今日、すずまるはぐったりとして動かず、お尻も汚れています。
病院に連れて行き、血液検査をしました。
ウイルスなどの詳しい検査ではないのですが、
白血球の数字がとても悪かったので、何かのウイルス伝染病を疑っています。

脱水を起こしていたので、水分やらビタミンやらの入った注射と、短い点滴、
インターフェロンも入っているので、ウイルスに効くかもしれない。
閉院時間が迫っていたので、今日はここまで。
明日は、午前中から時間をかけて、点滴をする予定です。

ウイルスの特定はできてないのですが、パルボか何か・・・?
とすると、公園の猫全部に感染の疑いがあります。
てか、うちの猫も含め、私の周りの猫には一本もワクチンを打っていません。
ワクチンを打つ前に、ウイルス検査をしなければならなくて、
まったくそこまで手が回っていないのです。

感染しても、平気な子は平気で、ウイルスを持ったままキャリアとなり、
それを他の子に感染させていきます。
すごく丈夫なおかあさんやビビは、そういうタイプの子かもしれません。
すずまるは、元々弱弱しい子だったから発症したのかも・・・。

今夜一晩、何かよい変化があればいいのですが・・・

101117005
他に感染症に弱そうな猫は、マルコです。
ビビがいなくなって以降、とても元気に走り回っていますが、
すごくやせています。

猫たちの危機は、飢えや虐待、事故だけではありません。

この子らをどうやって守ればいいんだろう・・・。

・・・・・・・OrangeGate 猫のノート発売中・・・・・・・

20100510605

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫  ビビのいない公園。


11月14日。快晴で、あたたかい一日です。

午後の公園に行くと、山田さん(仮名)はお留守でした。
ビビが姿を消してから、猫たちの様子が微妙に変わってきました。
今日、公園の入り口から私の自転車を追って駆けてきたのは、
おかあさんとマルコでした。
マルコがうさぎのように元気に走るのを見るのは、久しぶりのことです。
そう、昔はこのように元気がよくて、皆からうるさがられていたのに、
その後、ビビから唸られ、追いかけられることが時々ありました。
昔は仲のよい2匹だったのに、いつからいじめられるようになったのだったか・・・。

ビビのいる公園は、マルコにとってすごいストレスだったのでしょうか。

その逆の反応の猫が1匹。
101114011
元気がなくなったすずまる。

お薬がなくなったせいかと思っていましたが(それもあるでしょうけど)、
もしかしたら、ビビがいなくて寂しいのかもしれません。
ビビは、すずまるの傍にいることが多く、優しかったようですから。
まあとにかく、明日はお薬を受け取りに行くか・・・。

101114013
今日も元気な番長。

この前、サビにゃんにシャーされたのと同じシチュエーションです。
若干びびり気味の番長ですが・・・。
101114024
今日は、サビにゃんは番長を相手にしませんでした。
番長に慣れたのでしょうね。

お月様が少しずつ大きくなってきました。
こんな夜、猫は動き回るような気がしますが、
夜は探せないんですよね・・・車ないし。
危ないしなあ・・・。

ビビは私が思うより遠くに行ってるのかなあ・・・・

・・・・・・・OrangeGate 猫のノート発売中・・・・・・・

20100510605

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫 山田ビビを探して。


11月8日。快晴。
タナボタでゲットしたお食事券で、最近ありつけない外食。
101108005
神様ありがとう~~~♪

101108006
今年はもうお目にかれないであろう上等なお肉の石焼き。
この時は、まだゴハンを味わう余裕が若干残っていました。
ふいっと、戻ってくることもありえる、と・・・
しかし・・・。

10日。まだ戻りません。

101110002
マルコは何をやっても笑える。

連日、公園の周りを探してみるのですが、
どこを歩いても、見当違いを探しているような気がします。

11日。快晴で暖かい。夜中に雨が降ったそうです。

101111009
ビビにいじめられていた隣のおかあさんは、余裕が出てきました。

101111011
何をするにも身が入らない・・・・。
今日確認できたのは、マルコ、すずまる、ハーブ、サビにゃん、
隣のおかあさん、あかちゃん、おかあさん。

マルコはとてもやせたので心配ですが、なぜか前よりも元気です。

101111030
そういえば、番長はどこから来たのかなあ。

やっぱりビビが連れてきたんだろうか?
誰か心配して探している人は、いないのかなあ。

明日は、別の場所を探してみるつもりです。
もっとチラシも作らないと・・・。

どこに行ったんだろう。
ビビに会いたい!
誰か、何か情報をください。
神様、ビビを私に戻してください。(泣)

・・・・・・・OrangeGate 猫のノート発売中・・・・・・・

20100510605

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫  ビビ


11月6日。快晴。
朝8時過ぎ、電話が鳴りました。
昨日、ビビの写真をお預けしていた理容店のご主人が、
「バス停のそばに白いものが落ちていて、カラスがつついている」
と、知らせてくださったのです。

ビビだろうか??
ビビが死んで横たわるなんてことが、本当にあるのだろうか。

色々考えながら、その場所に走りました。
交通量の多い4車線道路沿いのバス停の停車スペースに横たわっていたのは、
ビビよりもはるかに小さくやわらかそうな、白い子猫の、
薄汚れた毛並みの体でした。
なるほど、周りの空をカラスが飛びまわり、
子猫の頭にあたる部分は、もう形をとどめていませんでした。

いつも猛スピードの車が走る道路には、まだ車は少なく、
何羽ものカラスが悠々と降りて、死体に近づいてきました。
私はカラスを追い払いながら、9時になるのを待って、
回収業者に電話をしました。

101106065
青い空。
こんなに明るい一日の始まりに、子猫の短い一生が終わった。

その後、せっかくなので、山田さんちに立ち寄りました。
山田さんは、
「今日はえらい早いですね」
と、驚いていました。
ビビは、まだ戻っていません。

101106070
朝の日差しを浴びるすずまる。

101106078
ハーブ、おはようおはよう。

101106076
朝の冷たい空気が気持ちいいです。(てか9時ですが)
たしかに早起きは、得した気がするなあ。

色々と用事を済ませてうちに戻り、猫のお友達の助言に従って、
管理センターの収容猫を探したり、行方不明の登録をしたりしました。
回収業者にもう一度電話して、似たような猫が収容されたら
知らせてくれるよう、お願いしました。
業者は、
「こちらも注意して見ますから、猫が戻ってきたら連絡くださいね」
「警察にも届けた方がいいですよ。警察が回収することもあるし、
その場合、警察の方で死体を包んだりするので、
自分たちは確認することができないのです」
と、助言をしてくれました。

また、こうも言いました。
「家に入り込んだ生きた猫を回収しろとか、色々言う人がいるんですよ」
ひどいこと言うな~~~ほっといてやればいいものを~~~

しばらくしてまた電話が鳴るので、出ると・・・
「みみたさんですか、猫ちゃんのことですが、何か情報はありましたか?」
「いえ、まだですが、何か・・・」

「私ども、ペット探し専門の探偵をしております」
・・・・・・・。

(せっかくなので聞いてみました)
「ちなみに、おいくらぐらいかかるのですか?」
「福岡にはペット専門の探偵というのは他にいませんで、
探偵社の仕事の一環として引き受けるのが一般的で・・・」

イラ~~~さっと言わんかい!!
ストレートに答えないのは、何かあるに決まっておる!!

み 「だから、おいくらかかるんですか」
探偵「3日で7万円です」
み 「それで、どうやって探すのですか」
探偵「チラシを貼ったり、周りの聞き込みをしたり、捜索ですね」
み 「捜索とは、具体的にどのような?」
探偵「夜、探して回ります」

見つかろうが見つかるまいが、支払いはしなければならないのだろうから、
雲にお金を払うような話ではあ?りまへんか。
HPもあるというので、嘘ではないのかもしれませんが、超うさんくさ。
頼んでないし。

なおも話を聞きだそうとするので、「野良猫です」と言うと、
そそくさと電話を切られました。

夕方頃、朝、連絡をくださった理容店に立ち寄り、探していた猫では
なかったことを報告しました。
「それはよかったんですけど、死んだ子はかわいそうですね」
というと、ご主人は顔をくもらせて、
「そうですね、かわいそうですね」
と、言ってくれたのでした。

突然お邪魔した、私の一方的なお願いを、ないがしろにせずに、
気にかけてちゃんと対応してくださったのです。
本当にありがたいことでした。

しかし、あの子猫は、いったいどこに住んでいたんだろうか・・・。
見たことのない子でした。
このあたりには毎日通っているのに、知らないことばかりです。

そして、再び公園へ。
能天気で、皆からかわいがられるビビ。
私たちは、心のどこかで、ビビのことを猫以上のもののように感じていて、
ビビが困った姿など、ましてや冷たくなった姿など想像もできないし、
ビビがずっといなくなる、なんてことも考えられないのです。

ずっとずっと、ビビと一緒にいるものと思っていたのです。

101106082


・・・・・・・OrangeGate 猫のノート発売中・・・・・・・

20100510605

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫  地域猫ほどめでたくない現実。


福岡市が地域猫推進を始めて、一年になります。
私にとっては、まったく、何の役にも立たない制度です。
同じような感想を持つ人が、他にもいます。

それでも、NPOの人によると、今では市内複数の場所に、
地域猫推進地域と認定された場所があるといいます。

猫つながりのお友達の1人が、実際に認められた人を知っていて、
どのように話し合いを進めたのか、おたずねしたことがあります。
それによると、始めは、個人でそうした活動をしておられたものの、
地域の自治会長からも理解を得られず、何度も話し合いをする中には、
険悪な空気になったこともあったそうです。
でも、その会長が犬を飼っていたこともあり、最終的には理解を得て、
めでたく地域猫活動として認められる運びとなったそうです。

やっぱり、理解しない人とは、険悪な空気になることもあり、
そこを超えられるかどうか、根気と忍耐が試されるということですね。
多くの人は、そこで挫折するのでしょう。(私もじゃ)

その方が一戸建てにお住まいということであり、また、その頃
他で得た情報でも、認められたのが一戸建て居住者であったため、
私は当初、一戸建てに住んでいる人しか認められないのか、と思っていました。
しかし、NPOの方によると、そんなことはなく、
集合住宅に住んでいる人でも、認められているそうです。

また、猫のエサやりをする人はけっこういるのですが、
その人たちに地域猫活動のことを知らせ、勧めてみても、
「エサやりはするけど、そんな活動まではできない」
といって、しり込みされる人が少なくないそうです。

私は、そういう人たちの気持ちが理解できます。
地域猫として認められるには、
「猫のエサとトイレの場所を決め、管理をし」
「責任者、及びその人に何かあった場合、代わりに対応できる副責任者」
を決めなくてはいけません。

でも、普通の人付き合いでも苦労する昨今、
(猫は大抵、決めた場所でトイレするものではありますが)、
それでもイレギュラーな排泄をすることもあるでしょうし、
予想もつかないことが起きないとは言えません。
近所に迷惑をかけたらどうしよう、
よそから知らない猫が入ってきても、責任を問われるのだろうか、
猫のやったこと全部、何から何まで責任を取らなければならないのだろうか・・・

「責任」という言葉の大風呂敷に、皆躊躇するのだろうと思います。
何をやっても文句を言う人はいる一方、誰でも家庭の事情を抱えていて、
完璧に世話をできない時もあるでしょうから・・・
そこで、サポートもされずに責任だけを押し付けられてもねえ。

実際、うちの周りの複数の地域にも、そういう人たちがいます。
皆さんご家庭にペットを飼っていて、
自宅の周りに集まる猫たちにエサを与えているのは、共通です。
捕まる子には手術をしたり、病気の治療をしたりしているので、
決して無責任と言われる筋合いではありません。
でも、近所の電柱には、
「野良猫にえさを与えないでください。近所は迷惑しています」
との張り紙がしてあります。

皆さんは、異口同音にこういいます。
「近所に猫を嫌いな人がいるので、目立たないようにしている。
波風立たないようにしたいので、表立って保護活動なんてできない。
隠れて助けることしかできない」
と。

ある一軒のご家庭は、10匹前後の外猫を面倒みています。
何度も捨て猫をされたとのこと、
「猫を捨てないで」という張り紙をしても、捨てられたと言います。
お年寄りだけの世帯で、機敏に対応できないので、狙われたのでしょうか。
隣の家が猫嫌いで、殴られて怪我をしたり死んだりした猫が、複数いるそうです。

自宅に迎えた猫には、手術や治療を施しましたが、
それだけで何万円もかかった、と言います。

外にメスがいるので、安く手術できる情報を知らせたのですが、奥さんは
「お金を出して手術しても、どうせ殺されるんやけん、と、主人がお金を出さない」
と、言います。
「手術をしないとまた子猫が増えますよ」
と言っても、
「その時はその時です」
と応えます。

私は、自分がこのご夫婦にすべての責任を負わせようとしているのに、気づきました。
「子猫を増やさない努力をしてください と、捨てた人に言え」
と、彼らは言いたいでしょう。
でも、捨てた人間はここにはいないのです。
猫捨てというのは、本当に人を苦しめる、卑怯な犯罪です。

101103006

何とかしてやりたいけれど、私にはもう力が残っていません。
ビビは行方不明、病気の子を治療したいのに捕まらないし・・・(涙)
自分の限界を知らされるばかりの毎日です。

・・・・・・・OrangeGate 猫のノート発売中・・・・・・・

20100510605

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫  ビビとダンボの消息は


急に寒くなりまして、凍えております。
11月3日。
お昼前に公園に行くと、マルコとすずまると番長がいました。
番長のやんちゃをもてあますすずまる・・・じゃなくて。

101103048
はっきり負けてます。

みるからに調子にのった番長。
しょうがないよねー、すずまるは病気なんだから・・・ますますふびんな。

そんなすずまるでも、鳥の声を聞くと表情が一変。
101103050

101103051
体が弱くても、精一杯生きるすずまる。

山田さんはお留守でしたが、ビビが戻ってこない、と言っていて、
今日も確認できませんでした。
番長に気を取られて、写真を撮り逃しているので、
私もはっきりわからないのですが、30日にはいたと思うのですが・・・

11月4日。快晴。
今日は、夕方頃に来ました。

鶏のナンコツ食べ競争です。
101104020
よーいドン!

101104019
番長はすずまるの二倍速。
そしてなくなると、さくっとおうちに戻ってしまいました。
だいじょうぶ、すずまるの分はちゃんと確保してあるよー。

山田さんは、今日はついていないんです。
お財布を落とした上に、自転車がパンクしたといいます。
財布は、ジーンズのおしりポケットに入れていたそうです。

あんなところに財布を入れるなんて、私にしてみれば、
「ばかですか?」
と言いたくなる行為ですが、
男性にはそういう人、多いですよねー。

ビビを探して、道路の向い側の倉庫群に立ち入りました。
ここは、2月ごろに橋の子がいた場所の近くなので、
ビビが入り込む可能性は充分にあります。
人懐こい子なので、ちゃっかりどこかの事務所に入り込んで、
居座っていることもありえます。

どこの会社でも業務時間中に、こうしたお願いに立ち寄るのは、
毎回とても気が引けます。
しかし、やるしかありません。非常識だと言われても。

お願いにうかがった1つの会社で見たものは・・・
101104041
あ~~~~ん❤❤かわい~~~~❤❤


101104044
キュ~~~~ン❤❤
番長よりかわい~~しかも上品❤

101103024

これらの子猫は、倉庫のダンボールの中で鳴いていたそうです。
鳴き声を聞きながらも、しばらくは放っておいたものの、
どうしても無視することができずに、保護して世話して、
病院にも連れて行き、皆さんで育てているといいます。
なんとなんと幸せな子達でしょうか・・・。

ひどい人ばかりじゃないんですねー・・・。

こちらでも、ビビらしき白猫の姿が見られていました。
そして、思いがけず、ダンボらしき猫の情報が出てきました。
「黄土色の」「すごくやせて触らせない子」
「9月頃か、すごく暑い時期に、倉庫のところにいて、大丈夫かな?という様子」
ダンボが消えたのは、8月の直前です。
あれからずいぶん探して、近くにも来ていたのに、
奥まったつきあたりのこの場所には、来なかったのです。

するとダンボは、9月まで生きて、ここにいたのでしょうか。
「裏の敷地のおじさんが、ゴハンをあげていた」
口内炎がひどかったダンボ、食べられたのでしょうか。
そのおじさんは、顔見知りです。さっそく連絡をとってみなくては・・・。

「触らせないのに、こちらを見て鳴くようになった」
涙が出そうなダンボの様子です。
あの時、ここまで来ていれば・・・今はどうなっているのか・・・・

ああいや、今はビビのことも心配です。
どうかよろしく、とお願いしてきました。

山田さんが「うちのお宝」と呼ぶビビ、無事に戻ってきますように。

・・・・・・・OrangeGate 猫のノート発売中・・・・・・・

20100510605

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

わが家  久しぶりのダンボール。


本州に台風が荒れた数日、こちらも昨日まで雨でした。

本日11月1日。
久しぶりに日差しが明るい朝、でも寒いです。
こちらは10月30日の朝。
101101005
朝からぐちゃぐちゃどすな?。

101101006
はい、起きてくださいよ?

(心臓病もち)。
101101007
はい、あんたも起きて??・・・・

101101008
起?き?ろ???

そして夜。
101101012

101101014

まだまだお片づけが続くみみた家。
とにかく紙ゴミが多すぎる。
101101010
こんな物がまだあるから片付かないのだわ。
必要ないとは言わないけど、一回買えば充分。高いし。
企業の決算報告とか、どんだけとっておけばいいんだろうか???

すずはダンボール大好きだったね。
101101026
「あい」
久しぶりのダンボールだよね。

優しいすずパパ、ダンボールをなつめに譲ってあげました。
しかし・・・
101101033
ねこ丼

やっぱりゆきちも入ってきた。
101101059
デブ猫2匹でぎゅうぎゅうざんす。

ゆきちはなつめをせっせと舐めてあげたのですが、
なつめは咬みだした。
101101043
さすが咬み屋。

101101044
咬んで咬んで??

101101058
うお こえ??(心臓病持ち)
しかし、結局なつめが逃げ出しました。
猫は皆ダンボールが大好きですな?。

このたび、わが家にやってきたのっぽの棚。
中古家具屋で気に入って、半年前に購入していた物です。
101101092
なんの変哲もない質素なレンジ台。
状態もぴかぴかではないし、色も正直イマイチです。
しかし・・・

101101096
こうなっちゃうんです。
ちょっと珍しくないですか?

・・・・・・・OrangeGate 猫のノート発売中・・・・・・・

20100510605

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

FC2Ad

ゆるゆる猫丸家

サイト内の全ての画像、記事の無断転載、無断利用をお断りします。

工房猫丸

Author:工房猫丸
秋月美葉
いくつか管理しております。
☆Orange Gate
☆OrangeGate Gallery
全国に巣立っていった猫丸家の動物たち。
☆ねこ100×100
源生右室心筋症の耳太の記録

お客様

お友達のおうちもよろしく

このブログをリンクに追加する

商い情報 

猫丸家店舗OrangeGate

11月9日 新作出品。
ヤフーオークションに
出品中の作品のご紹介です。
売り上げは、嫌ですが結局猫に
分捕られます。たぶん。

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

お話してくれてありがとう

公園猫のご紹介


1 山田おかあさん。
勝気で頭も運動神経も良いスーパーな美猫。
たくさんの子供を産みました。



2 山田あかちゃん。
おかあさんの最後の子供。
幼児体形の女子。



3 隣のおかあさん。
元は隣にあったおうちの飼い猫。
山田おかあさんと同じく、たくさん子供を産みました。
隣の猫たち全部の母では?



4 隣のハーブ。
レモンとはたぶん姉妹。顔半分黒いのでハーブ。
非常に顔立ちの綺麗な猫。超気が強く頭もよい。
2010年、やっとなついてくれました。
★2010年6月、
財団法人どうぶつ基金の助成を受け、
不妊手術を行いました。



5 隣のサビにゃん。隣の(元)おうちの猫。
レモンとハーブとはたぶん姉妹。
子供みたいに小柄であどけないが、何度も出産経験あり。
いつも皆から一歩遅れる。


6 山田番長

2010年10月末、現れた子猫。
ビビについてきたと思われる。
超よわい番長。


・・・・・行方不明になってしまった猫たち。・・・・・

今でも待っています。
優しい人に助けられ守られ、
無事に再会できることを 心から願っています。

山田マルコ。
いつのまにか公園に居ついた、
愛らしいうさぎのような子でしたが、
2010年12月18日、姿を消しました。



山田ビビ。おかあさんの息子。
美しいオスの白猫で、公園になくてはならない
存在でしたが、
2010年10月末、姿を消しました。



隣のダンボ。隣の(元)おうちの猫。
時間がかかったが、とてもなついてくれました。
体格のよい元気なオス猫だったが、
きょうだいの白茶と同じと思われる病状で、
ひどく弱ったところをビビに追われて、
2010年7月末、姿を消しました。

幸坊。
ビビと隣のサビにゃんの子5きょうだいの1匹。
一番元気で体格も良いので公園に戻し、
すくすく 育っていましたが、
2010年2月8日、突然姿を消しました。

橋の猫。
2007年ごろ現れ、しばらく山田さんちに居候の後、
橋の下に居場所を移動。
皆にかわいがられていた人懐こい子。


流れの黒。こわもて。
他所から来て居ついた猫。時々行方不明になりつつ、
ビビとボスの座を争っていました。


隣の青太。隣の(元)おうちの猫。
青い目が印象的なオス。体格は良いが、痩せてきた。
くいしんぼうでびびり。いまだになついてない。
2010年1月8日ごろ、姿を消しました。


隣のレモン。隣の(元)おうちの猫。
顔は怖いが、鳴き声かわいく、ひとなつこい。
レモン色の瞳のサビ猫。
2009年11月中旬ごろ、姿を消しました。

・・・・・・・・・・旅立ってしまった猫たち。・・・・・・・

山田すずまる
2009年12月5日ごろ現れる。
木登りが大好きな小さな男の子で、
何かの感染症のため体調を崩しながら
一生懸命生きましたが、
2010年11月18日AM4:23旅立ちました。



隣の白茶。
ダンボと双子のようにそっくりな、たぶん兄弟。
慢性的な体調の悪化に長く苦しみながら がんばって生きたが、2009,2月12日旅立ちました。



隣の緑。隣の(元)おうちの猫。
猫丸みみたが公園に通うきっかけとなった猫。
慢性的な体調の悪化に長く苦しみながら がんばって生きたが、2008,8月27日旅立ちました。


最近のできごと

公園猫と猫丸家ヒストリー

Gallery工房猫丸 

ニコンオンラインアルバム


工房猫丸の猫たち

工房猫丸の犬たち


工房猫丸の野生動物

記事のお探しものはこちらから

猫丸家の郵便受けはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: