一日一絵

公園に住む猫の健康を願いつつ、重ねる一日一日の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

公園猫  悲しい知らせ。



7月23日。
なんということでしょう!!
昨日からグラミン銀行総裁ムハマド・ユヌスと、柳井正氏という
ビッグネームが来福、しかも九大にぃ~~~~(@_@;)
すぐそこにぃ~~~~~くくう~~~!
どうしてこの情報見逃したかなあ~~~~バカバカバカ!!
もうないだろうなあ、こんなこと・・・。

快晴ですが、朝夕は涼しいです。
先週から、日本列島を台風が縦断、こちらは若干暴風がみられたものの、
特に大雨などの被害はなかったのですが、昨日から、
昼間は暑い日差しが戻り、夜は肌寒く感じるほど冷え込んでいます。
さかのぼって・・・

7月19日。
1107190029
似たよーな色のばっかり集まって、どれが誰やらわからん・・・。
ハーブがいません。そのわけは・・・

1107190040
新入りのオスです。
彼がハーブを追いかけていたそうなのです。
かわいいハーブをいじめるなんて、けしからん・・・。



7月21日。
この日、悲しい知らせがありました。
何度か公園で見かけて、その後、道路を挟んだ向かい側の敷地に移動した、
アメリカンショートヘアの猫が、死んでいたという連絡でした。
公園の周りには林や会社の倉庫や資材置き場が点在し、
私にも何がどうなっているのかわからないのですが、
猫は、小さな隙間からするりと中に入ってしまいます。
そして、中には猫にとって非常に危険な物もあるとみられます。

このアメリカンショートヘアも、金網の破れた隙間から倉庫の中に入り、
高圧電線に接触したと思われます。
亡骸にひどい損傷はなく、優しい人たちの手によって、手厚く葬ってもらいました。

この子の写真は一枚もなく、生きた証を残すことができませんでした。
とても顔立ちの綺麗なオスで、山田さんのお気に入りでもありました。
公園にいればよかったのに・・・。


7月22日。
この日、久しぶりに、山田さんとお会いできました。
じつは、山田さんとは10日くらいずっとお会いできなかったのです。
何しろ公園は灼熱地獄ですし、木陰は涼しくてもヤブ蚊地獄ですので、
山田さんは避暑地(パチンコ屋?)にお出かけになりますし、
私も、日中でかけるようなバカはやらかしませんので、
すれ違いが続きました。

対角線上の番長と隣のおかあさん。
1107220154

1107220158
口元が汚れているのが気になる。
毎年この時期、口内炎を発症している気がします。
しかし、こう暑くては、何をするのも大変です。

1107220160
スーパーおかあさんが、また新しいスタイルを提案??

1107220161
不思議な生き物に見えます。

1107220163
番長の新しい鈴も作りましたよ。つけてね。
あと、サビにゃんも番長も、身体をしきりに咬んでいるので、
ノミの駆除も必要です。

暑い中、大変ですけど、山田さんがんばって❤


・・・・・・・OrangeGate 猫のノート発売中・・・・・・・


20100510605
スポンサーサイト

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

わが家 胡蝶蘭。



高温注意報なんて、初めて聞きます。
7月17日。
昨日も今日も、一滴の雨も降らず、屈託のない晴々とした太陽が、
一日中あまねく照りつけました。
凶悪でしゅ・・・。

わが家は、お隣の田んぼのおかげでしょうか、
わりと風が吹きぬけますので、日光さえ遮ることができれば、
幸いにも、クーラー無しでも何とかやり過ごせるのです。
(ワタクシは田んぼ教の信者であります)
みみた家の猫をさかのぼって・・・

6月29日。
1106290017
ベランダの栞。

7月2日。
栞ちゃん、あなたは女の子なんですから。
しかも、名前栞なんですから。
1107020016

1107020017
・・・・・。

1107020018
反抗的。

7月、
最近のみみた家の風の通る道には、
1107080011
こんなのや、

1107100037
こんなのや、

1107120014
こんなのや、

1107150009
こんなのがごろんごろん転がっていて、あぶないったらありゃしない。
一歩踏み出したら足の下にぷよんぷよんの感触を感じて、
とっさに重心をずらしたらバレリーナみたいなポーズになったり、

1107170014



ぐうたら横になって「うーん」と寝返りをうってふと目を開けたら、
とびこんでくるのがこんな光景だったり。
1107170019
も~~~、あっちいけ♯

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

笑う犬 人間嫌いの憂鬱。



カノンが預かりさん宅にお出かけして、約10日になります。
基本的に一ヶ月のお約束ですので、次に預かってくれる人を探して、
早め早めに準備しておかなくてはなりません。

しかし、もちろん誰でもよいわけではなく、
そもそも全く犬を飼う気のないご家庭に押し付けることはできません。
カノンを支えてやりたいと思ってくださる、積極的なご家庭に
お力を貸していただいています。

処分される犬がかわいそう、と口で言う人はたくさんいますが、
実際に、自分の手間と負担をかけて行動する人は、
おそらくその100分の1いるかいないか、というところでしょうか。
本当に人間性をみる思いがしますが、もちろん、
そうした人に過剰な負担を負わせることなく、分担して、
お力添えをお願いするために、機会あるごとにご縁を求めて、、
カノンの写真入のチラシや、預かりの説明書を配っています。

さて、そもそもカノンを見つけるきっかけとなったのは、
去年から通い始めた、地元のフリー情報誌主催の、
動物管理センターでの殺処分に心を痛める人たちの集まりでした。

この情報誌の社長は、動物好きの経営者として、
昔から地元ではちょっとした有名人です。
(なんせ自分とこの情報誌に載っている)

私はそれまで一面識もなかったのですが、ご縁を重ねるうちに、
想像していたのと全く違った個性に、何度も驚かされました。
自分の弱点や欠点を隠せないというか、そもそも隠す気もないというか・・・
社長を見る時は、決してクールな性格ではない私が、
「あいたたたた、社長、それは言わない方が・・・」
と思ったり、
「これで長年会社を切り盛りしてきたんだから、それはそれですごいかも・・・」
と、感心したり、異様に冷静になって、心の中でダメだしをしてしまうほど、
まあ見境がないというか、情熱的な一面を持った人なのです。
動物の痛みを共有し、実際に行動する100分の1の人であることは確かです。
そんな彼女の粘り強いご尽力により、
カノンは命を繋ぐことができました。

この集まりは、元々情報誌ビジネスと全く関係ない立場で始まったのですが、
何しろ有名人ですから、ビジネスチャンスやコネを求めて、
実は、動物にも殺処分にもあまり関心ないという人も、
出席することが、たびたびあったようです。

先日から、この集まりに新たに有名人が加わりました。
こちらは、専門分野で全国的にも国際的にも、実績のある有名人です。
ですので、この集まりの組織力アップに、社長も期待するところ超特大です。
(私自身は、世間での評価と自分の印象は全く別と思っています)

実際、今月の集まりには、その人の呼びかけに応えて初めて出席したという女性が、
何人かいました。
私は会の最後に、全員を見渡す位置で、カノンの説明を始めました。
そして、直後に感じました。
あ、この人ら、ダメだ・・・


まさに、
有名な先生とお近づきになれたらラッキー、
という下心を持って来ただけの人たちのように感じました。
もちろん、殺処分される動物をかわいそうと思うか聞かれれば、
かわいそうだと応えるでしょう。
でも、それだけじゃダメなんです。

殺される動物の痛みを自分のことのように感じ、
助けたくて、いてもたってもいられなくて暴れだすような、
情熱を持った人でないと・・・。


私は、カノンの話を
「あ、聞きたくないならもういいっす」
と言ってやめて帰ろうかと思いましたが、
自分の勘違いだったら、せっかくのご縁をつぶしてしまうと思い直し、
わずかの可能性にかけて、一通り説明を終えました。


だけど、たぶんあの人たちには理解できないでしょう。
関心のない人が数だけ集まったって、しょうがないと思います。

人の顔色を見て、空気読んで、人と同じことしか言わない人、
人に気に入られることしか考えてない人、
自分自身の強い意志を持たない人が集まる組織は、ダメになります。


もちろん、その逆の出会いもあります。
この集まりで知り合った1人の女性は、ごく普通の専業主婦で、
初対面ではまさに、
「どうせ口先だけで何もやんないタイプ」
という印象、実際、自分の犬に首輪も鑑札もつけず狂犬病注射もしないという
ダメ飼い主だったのですが、専門家のアドバイスを聞いて、
みるみるうちに良い飼い主へと変わり、言われたこと全てを改善しました。

そして、カノンに関しても、実力が追いつかず困り果てた私を、
何度も助けてくれました。
変わりたい、助けたいという気持ちを、まさに行動で示したのです。


カノンを支えてくれるのは、そうした人の情熱だけです。
そんなご縁を今日も求めて・・・


・・・・・・・OrangeGate 猫のノート発売中・・・・・・・


20100510605

テーマ:犬のいる生活 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫 一日一キュウリ



7月12日。
昨日と同じく、日中35℃くらいの猛暑日で、夕方、激しい雷雨となりました。
一気に空気と地面が冷やされ、涼しい風がふきました。
結局は、その後戻った日光で、地面の水がお湯になって蒸発し、
前よりさらに暑い、蒸し風呂になるのですけど。
さかのぼって・・・

7月8日。
公園から道路を挟んだ敷地で、以前公園で見たアメリカンショートヘアっぽい猫を
見かけました。
しばらく見ないと思ったら、こちらに来ていたんですね・・・。
あの橋の道を通って、こちら側に渡っているんでしょうか。

さらに、
「サビ猫とキジ猫っぽいのがじゃれて遊んでるのを見たことがある」
うーん、うちのあれか?それともあれか?
さらに、
「昨日、入り口付近で猫が死んでいた。
しばらくするとカラスにつつかれて、破損がひどくなったので、
同じ会社のおじさんが埋めてくれた」
との情報が入ってきました。

点呼しに公園へ。
山田さんのおうちからとびだしてきたのは・・・
1107080014
あの新入りです。
この日、性別が判明しました。

男の子か~~~~よかったよかった。
見間違いじゃないよね。
再確認。


1107080017
よっしゃ、どこから見てもまごうことなきまるいもの!

優しい顔立ちなのに・・・猫界のグンちゃんか。

1107080031
番長。

サビにゃんがいないので心配しましたが、後で出てきました。
ハーブはどこかな。

7月10日。
夕方、日差しが傾いてからお出かけ。
1107100117
見てこの凶悪な日差し・・・・
猫たちは、皆やせました。

1107100121
番長。

しばらくヤブ蚊を叩いて帰りました。
でっかいキュウリが次から次へと実っています。
山田さんありがとう、一日一キュウリ、いただいてます。



・・・・・・・OrangeGate 猫のノート発売中・・・・・・・


20100510605

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫  番長のひみつ。



7月6日。一日中雨でした。
お外に出たかったのですが、小降りにすらならず、
これでもかという激しい雨が続き、ようやく小降りになったのは、
夕方6時くらいのことでした。
そしてまた、今はだ寒い・・・。
6月末にさかのぼって・・・

6月28日。
大変なことが起きました。
110628090
鈴がない!!

番長! 鈴どうしたの!?


・・・・・。
110628087
そうじゃなくて!


6月29日。
110629068
やっぱりない。

公園で唯一のオス、ここにきて一年にもならない番長は、
とりわけ心配なのです。

110629069

110629070
ばかにしおって~~~。

この次の日から、山田さんが
「番長が帰ってこない」
と、言い出しました。
まあ、鈴がなくて居場所がわからないだけで、案外近くに潜んでいるのかも、
とは話しましたが、やっぱり心配です。
このまま戻ってこなかったら・・・と思い始めた次の7月1日、

「番長が子猫を連れてきました」
と、山田さん。
「子猫の世話をよくやいてるんです。
今も姿は見えないけど、床下かどっかで一緒にいると思います」

・・・・・。

かつて、番長自身が悪ボスビビに連れられて、公園にやってきました。
うちの黒い悪魔すずは、4匹の子猫が来てまもなく、
かいがいしいばあやへと変貌を遂げました。
今は亡き耳太に至っては、チェリーボーイにも関わらず、
横たわってオッパイを吸わせるほど、自分を見失っていました。
オス猫は意外にも、けっこう子猫の面倒をみるものです。

幼かった番長が、一人前に小さき者を守る男に育ったのですねえ・・・(涙)

しかしその後、子猫だけが来るようになって番長が消え、
その子にフロントラインをしようとして逃げられて子猫が消え、
また番長だけがおうちに戻ってくるようになった・・・そうです。

そもそも子猫は、どこからきたのか、ちゃんとおうちがあったのか、
何年も通っているのに、公園の周りは、わからないことばかりです。

子猫は、ここにゴハンがあることはわかったでしょうから、
それで無事に生きていけるように願います。

とにかく番長に鈴をつけないと。
パパになってみたかったのかな~?

・・・・・・・OrangeGate 猫のノート発売中・・・・・・・


20100510605

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

笑う犬  カノンお泊まりに行く。



7月4日。
蒸し暑く曇りがちな空の後、雷が鳴って激しく雨が降りました。
ここ数日、そんなお天気の日が多いです。

さかのぼって・・・
6月28日。
汗だくだくの日、お散歩の後、カノンは不思議な車に乗せられました。
1106290035
この台は・・・?

急遽お手入れをすることになりました。
前回は、総勢4人でシャンプーしたのでしたが、
今回は出張お手入れ屋さんに来ていただき、車内で洗ってもらいます。
1106290033
降りられない。

さあいくよ~。
110629039
アザラシに戻った。


110629046
これから仕上げです。


さて、仕上がり具合はどうかな~~~



110629050
おお~~~~~!!

110629051
まぶしい!!

ばけたな!
110629052
10歳若返ってるし!  ←※9歳ですが。
ていうかこの化け方、犬違う! 詐欺やん!


110629059
じつはかなり汚れていたのですな。


カノンは、「皆で力を出し合ってこの犬を養っていこう」
という計画で、処分を免れた犬です。
私自身が飼い主になれたら一番よいのですが、それができないため、
新たな飼い主さんがみつかるまで、仮の里親となり、
人様のご協力をいただきながら、飼うことになりました。


このたび、賛同してくださった預かりさんの元へ、
しばらくの間、お世話になることになったのです。
それでぴかぴかにしてもらったわけ。

7月2日。
110602015
自然がいっぱいで、過ごしやすそうな預かりさんのおうち。
いい子にしてるんだよ。
調子にのってわがまま言うんじゃないよ!


これからの猛暑、今の居場所はきついかなと思っていたので、
安心しました。
私も少し時間と体力の余裕ができそうです。


テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

FC2Ad

ゆるゆる猫丸家

サイト内の全ての画像、記事の無断転載、無断利用をお断りします。

工房猫丸

Author:工房猫丸
秋月美葉
いくつか管理しております。
☆Orange Gate
☆OrangeGate Gallery
全国に巣立っていった猫丸家の動物たち。
☆ねこ100×100
源生右室心筋症の耳太の記録

お客様

お友達のおうちもよろしく

このブログをリンクに追加する

商い情報 

猫丸家店舗OrangeGate

11月9日 新作出品。
ヤフーオークションに
出品中の作品のご紹介です。
売り上げは、嫌ですが結局猫に
分捕られます。たぶん。

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

お話してくれてありがとう

公園猫のご紹介


1 山田おかあさん。
勝気で頭も運動神経も良いスーパーな美猫。
たくさんの子供を産みました。



2 山田あかちゃん。
おかあさんの最後の子供。
幼児体形の女子。



3 隣のおかあさん。
元は隣にあったおうちの飼い猫。
山田おかあさんと同じく、たくさん子供を産みました。
隣の猫たち全部の母では?



4 隣のハーブ。
レモンとはたぶん姉妹。顔半分黒いのでハーブ。
非常に顔立ちの綺麗な猫。超気が強く頭もよい。
2010年、やっとなついてくれました。
★2010年6月、
財団法人どうぶつ基金の助成を受け、
不妊手術を行いました。



5 隣のサビにゃん。隣の(元)おうちの猫。
レモンとハーブとはたぶん姉妹。
子供みたいに小柄であどけないが、何度も出産経験あり。
いつも皆から一歩遅れる。


6 山田番長

2010年10月末、現れた子猫。
ビビについてきたと思われる。
超よわい番長。


・・・・・行方不明になってしまった猫たち。・・・・・

今でも待っています。
優しい人に助けられ守られ、
無事に再会できることを 心から願っています。

山田マルコ。
いつのまにか公園に居ついた、
愛らしいうさぎのような子でしたが、
2010年12月18日、姿を消しました。



山田ビビ。おかあさんの息子。
美しいオスの白猫で、公園になくてはならない
存在でしたが、
2010年10月末、姿を消しました。



隣のダンボ。隣の(元)おうちの猫。
時間がかかったが、とてもなついてくれました。
体格のよい元気なオス猫だったが、
きょうだいの白茶と同じと思われる病状で、
ひどく弱ったところをビビに追われて、
2010年7月末、姿を消しました。

幸坊。
ビビと隣のサビにゃんの子5きょうだいの1匹。
一番元気で体格も良いので公園に戻し、
すくすく 育っていましたが、
2010年2月8日、突然姿を消しました。

橋の猫。
2007年ごろ現れ、しばらく山田さんちに居候の後、
橋の下に居場所を移動。
皆にかわいがられていた人懐こい子。


流れの黒。こわもて。
他所から来て居ついた猫。時々行方不明になりつつ、
ビビとボスの座を争っていました。


隣の青太。隣の(元)おうちの猫。
青い目が印象的なオス。体格は良いが、痩せてきた。
くいしんぼうでびびり。いまだになついてない。
2010年1月8日ごろ、姿を消しました。


隣のレモン。隣の(元)おうちの猫。
顔は怖いが、鳴き声かわいく、ひとなつこい。
レモン色の瞳のサビ猫。
2009年11月中旬ごろ、姿を消しました。

・・・・・・・・・・旅立ってしまった猫たち。・・・・・・・

山田すずまる
2009年12月5日ごろ現れる。
木登りが大好きな小さな男の子で、
何かの感染症のため体調を崩しながら
一生懸命生きましたが、
2010年11月18日AM4:23旅立ちました。



隣の白茶。
ダンボと双子のようにそっくりな、たぶん兄弟。
慢性的な体調の悪化に長く苦しみながら がんばって生きたが、2009,2月12日旅立ちました。



隣の緑。隣の(元)おうちの猫。
猫丸みみたが公園に通うきっかけとなった猫。
慢性的な体調の悪化に長く苦しみながら がんばって生きたが、2008,8月27日旅立ちました。


最近のできごと

公園猫と猫丸家ヒストリー

Gallery工房猫丸 

ニコンオンラインアルバム


工房猫丸の猫たち

工房猫丸の犬たち


工房猫丸の野生動物

記事のお探しものはこちらから

猫丸家の郵便受けはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。