一日一絵

公園に住む猫の健康を願いつつ、重ねる一日一日の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

わが家 ユノでなくてさくら。



福岡では珍しい吹雪の日の翌日、明るい陽の差す晴天となりました。
2月22日の今日。
昨日に続いて雨が降っています。
さかのぼって・・・

2月16日。
1202140034
一日で・・・\(◎o◎)/!
オマエ、どんな悪さしたのじゃ!

同僚は、長年の猫飼いではあるものの、多頭飼いではないので、
新しい猫を迎えるのは不慣れだったのかもしれません。
先住の年若い猫が嫉妬し、この子は隠れたまま出てこないということで、
戻されてきました。
うちでキャリーから出した瞬間、
「顔つきが全然違う!」
と言われてました。

同僚は、ガリガリで帰るおうちのない本当にかわいそうな猫と、
この先どこかで出会うかもしれません。
その子のために席を空けてやりなさい、と神様が言ってるのでしょう。

そういうわけで、この子はもうしばらく「さくら」になります。

2月19日。
120219009

120219010
ストーブをつけていない時、わが家の猫たちは、
勝手に好きなところで暖をとっています。

2月22日。
120222056
夏目がめずらしく猫みたいなポーズで寝ている。

始まった。「しっぽ超うまい!」
120222061
足を踏ん張って両手でしっぽをしっかりつかんで!
うける~~~!

120222063
するめにも似た味わいなのだろうか。

・・・・・・・OrangeGate 端材に描こう! 2/15更新・・・・・・・


20100510605
スポンサーサイト

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

笑う犬 理解できない犬。



2月18日。
九州ではめずらしい吹雪の日となりました。
朝のうち、明るい日差しがさしこむのを見て、お洗濯してベランダに干し、仕事に出かけました。
仕事中、ふと窓に目をやって見たものは・・・
斜めに降りしきるぼた雪でした。
あーあ・・・。

雪は止んだり降ったり断続的に続き、仕事が終わった午後、
降りしきる粉雪と真っ白な周りの景色、シャーベット状の道路を見て、
こりゃーカノンのところへ行くのは無理だ・・・
と思ったのですが、小降りになった隙をぬって、
なんとかたどり着くことができました。

いつもの屋上はこんな感じ。
120218013

街路樹の小枝に積もった雪が綺麗ですねー。
120218021

いつもお散歩に行く公園もこうなった。
120218024


この厳寒に、カノンは寒そうなそぶりなど見せもせず、
まったくいつもどおりに、お散歩をせがんで飛び跳ねるのでした。

120218025
でこやらお鼻やらにわた雪くっつけて・・・。

120218026

きみはあほ??
この寒いのに、なーにが楽しいんじゃ。

やっぱりカノンは寒いところ出身のそり犬系の血筋なのかな。
それとも、犬ってこういうもの?

テーマ:犬のいる生活 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

わが家 バービーでさくらでユノ。



先週の土日は、気持ちのよい晴天でしたが、昨日と今日は冷たい雨が降っています。
晴れた日の公園猫たちの様子はまた今度にして、今日は久しぶりにわが家の事を少し。
さかのぼって・・・

1月27日。
1201270039
居候のこの子。

元飼い猫にまちがいない、貼り紙などして飼い主さんを探さなければ・・・
と、当初は思っていたものの、血便は出るわ、
マンソン裂頭条虫とかいう虫はみつかるわで駆除をしたり、
その他諸々、チラシを作る余裕がとてもないのでした。

元々この子はとある会社の工場に夜な夜な食べ物を探して現れ、
従業員が残り物を与えて居つくようになり、2~3ヶ月後、
だんだんおなかが大きくなってきたのを見かねて、保護したのです。

最初はてっきり臨月近いと思い、産ませてから手術する計画にしたのですが、
経験豊富な猫保護のベテランさんから、
「ほんとにおめでたなの?」
という疑問が出され、病院で調べたら、すでに不妊手術済みのただのデブだったのでした。
彼女はベテランさんから「バービーちゃん」という仮名をつけられていて、
不思議に思って
「なんでバービーちゃんですか?」
と訊ねると、なんかお笑いの世界に、そういうデブの女の人がいるそうで・・・。

「大きかったもんね~~~~あの子、あはははは」
とベテランさん。
たしかに餅みたいにでーんとしておりますが、
意外と機敏で、猫パンチも鋭いんですよ。
わが家の猫たちに負けておりません。
まあそういうことも、飼い猫に間違いないと思った理由の一つです。

2月10日。
1202100013
より目で愛嬌のある顔立ち。

1202100015
個性的な子ですから、飼い主さんが探していれば、すぐにわかるはずです。

しかしちゃんと探してやることができないまま、
「3ヵ月もうろうろしていたのなら、捨て猫かもしれませんよ」
「それか放し飼いの猫? 
飼い主がいたとしても、放し飼いするなんてあまり良い飼い主じゃないよ」
そう言われることもありました。
飼い主がいるとしたら、近隣に違いないと、周りのおうちに
けっこう声をかけて周ったんですけど、この子のおうちはありませんでした。

そして先日、この子が居ついた会社の従業員の1人が、
この子を引き取ってくれることになったのです。
その人は、十数年の猫飼いの経験があるし、
私が旅行中にはすずを預けたり、うちの鍵を渡して猫のえさやりを頼んだほどの
信頼できる人です。
夜中の駐車場にぽつんと座って誰かを待ってるこの子のこと、
忘れられなかったのかもしれません。

私は今のところ、この子のこと「さくら」と呼んでいますが、
新しいおうちにいったら、東方神起の「ユノ」ちゃんになるらしいです。


・・・・・・・OrangeGate 端材に描こう! 2/15更新・・・・・・・


20100510605
このページのトップへ

公園猫  雪と鳩と人と猫。



あっという間に2月になりました。
一週間過ぎるのが早いです。
なんと今週、7日間休み無しで働いてますから・・・
といっても短時間なので、驚いてもらえるほどのことではありません(^^ゞ。
今日はテレビを見ていないのですが、大雪になったところもあるようです。
こちらでも・・・

2月2日。
1202020015
私を迎えてくれたサビにゃんの頭に背中に、綿雪が降り積もる。

1202020018
雪の中、たった一羽で草をつつく鳩。
いったいどうしたんでしょう、こんな様子の鳩は初めて見ます。

1202020025
狩る気ゼロ。

1202020021
サビにゃんにも、周りの草にも雪。

私が来たら、山田さんはお外に出てこなくてはいけません。
「元気ですねー、今日は来ないと思ってましたよ」
と、山田さん。

1202020026
おかあさんとあかちゃんも、お外に出てきました。
周りの草地が、雪に覆われていきます。

しんしんと冷えこみますが、夜中現在、雪は止んでいます。

・・・・・・・OrangeGate 猫丸家の出品情報11月更新・・・・・・・


20100510605

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

FC2Ad

ゆるゆる猫丸家

サイト内の全ての画像、記事の無断転載、無断利用をお断りします。

工房猫丸

Author:工房猫丸
秋月美葉
いくつか管理しております。
☆Orange Gate
☆OrangeGate Gallery
全国に巣立っていった猫丸家の動物たち。
☆ねこ100×100
源生右室心筋症の耳太の記録

お客様

お友達のおうちもよろしく

このブログをリンクに追加する

商い情報 

猫丸家店舗OrangeGate

11月9日 新作出品。
ヤフーオークションに
出品中の作品のご紹介です。
売り上げは、嫌ですが結局猫に
分捕られます。たぶん。

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

お話してくれてありがとう

公園猫のご紹介


1 山田おかあさん。
勝気で頭も運動神経も良いスーパーな美猫。
たくさんの子供を産みました。



2 山田あかちゃん。
おかあさんの最後の子供。
幼児体形の女子。



3 隣のおかあさん。
元は隣にあったおうちの飼い猫。
山田おかあさんと同じく、たくさん子供を産みました。
隣の猫たち全部の母では?



4 隣のハーブ。
レモンとはたぶん姉妹。顔半分黒いのでハーブ。
非常に顔立ちの綺麗な猫。超気が強く頭もよい。
2010年、やっとなついてくれました。
★2010年6月、
財団法人どうぶつ基金の助成を受け、
不妊手術を行いました。



5 隣のサビにゃん。隣の(元)おうちの猫。
レモンとハーブとはたぶん姉妹。
子供みたいに小柄であどけないが、何度も出産経験あり。
いつも皆から一歩遅れる。


6 山田番長

2010年10月末、現れた子猫。
ビビについてきたと思われる。
超よわい番長。


・・・・・行方不明になってしまった猫たち。・・・・・

今でも待っています。
優しい人に助けられ守られ、
無事に再会できることを 心から願っています。

山田マルコ。
いつのまにか公園に居ついた、
愛らしいうさぎのような子でしたが、
2010年12月18日、姿を消しました。



山田ビビ。おかあさんの息子。
美しいオスの白猫で、公園になくてはならない
存在でしたが、
2010年10月末、姿を消しました。



隣のダンボ。隣の(元)おうちの猫。
時間がかかったが、とてもなついてくれました。
体格のよい元気なオス猫だったが、
きょうだいの白茶と同じと思われる病状で、
ひどく弱ったところをビビに追われて、
2010年7月末、姿を消しました。

幸坊。
ビビと隣のサビにゃんの子5きょうだいの1匹。
一番元気で体格も良いので公園に戻し、
すくすく 育っていましたが、
2010年2月8日、突然姿を消しました。

橋の猫。
2007年ごろ現れ、しばらく山田さんちに居候の後、
橋の下に居場所を移動。
皆にかわいがられていた人懐こい子。


流れの黒。こわもて。
他所から来て居ついた猫。時々行方不明になりつつ、
ビビとボスの座を争っていました。


隣の青太。隣の(元)おうちの猫。
青い目が印象的なオス。体格は良いが、痩せてきた。
くいしんぼうでびびり。いまだになついてない。
2010年1月8日ごろ、姿を消しました。


隣のレモン。隣の(元)おうちの猫。
顔は怖いが、鳴き声かわいく、ひとなつこい。
レモン色の瞳のサビ猫。
2009年11月中旬ごろ、姿を消しました。

・・・・・・・・・・旅立ってしまった猫たち。・・・・・・・

山田すずまる
2009年12月5日ごろ現れる。
木登りが大好きな小さな男の子で、
何かの感染症のため体調を崩しながら
一生懸命生きましたが、
2010年11月18日AM4:23旅立ちました。



隣の白茶。
ダンボと双子のようにそっくりな、たぶん兄弟。
慢性的な体調の悪化に長く苦しみながら がんばって生きたが、2009,2月12日旅立ちました。



隣の緑。隣の(元)おうちの猫。
猫丸みみたが公園に通うきっかけとなった猫。
慢性的な体調の悪化に長く苦しみながら がんばって生きたが、2008,8月27日旅立ちました。


最近のできごと

公園猫と猫丸家ヒストリー

Gallery工房猫丸 

ニコンオンラインアルバム


工房猫丸の猫たち

工房猫丸の犬たち


工房猫丸の野生動物

記事のお探しものはこちらから

猫丸家の郵便受けはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。