一日一絵

公園に住む猫の健康を願いつつ、重ねる一日一日の記録。

12月の公園猫。


悲しい別れのおきた12月の公園から。

12月1日。
早めに手術をしようと決めたダリアちゃん。
おうちの中では山田さんに甘える彼女は、難なくつかまってキャリー行き。
121201001
ダリアちゃん、不安だろうけど、少しの辛抱だからね。

ここにころんころんしているハーブも、
121201003

すましたサビにゃんも、
121201006

皆あなたと同じ手術を受けて、その後ずーっと元気に過ごしているんだよ。

12月2日。
私は連れて行く時間が取れないため、病院に段取りだけを伝えて、
受け取り送迎は全部山田さん(仮名)がやってくれました。

番長は、ダリアがいない間、彼女を探し回り、
戻ってきてからは、キャリー越しに鳴き交わしていたそうです。
帰ってすぐにキャリーから出すと、逃げて隠れるかもしれないので、
しばらくはキャリーに入れたまま、おうちで落ち着くのを待ちました。

私も立ち合って、キャリーを開けると、ダリアは一目散にトイレへ駆けた。
121202069
ああすっきり。

121202073
なんかぷりぷり怒ってる。

121202075
そして済んだら即、おうちに駆け戻った。

病院で聞くと、ダリアはまだ幼く、発情するには未熟な、まだ小さな子宮だったそうです。
それを聞くと、普段は封印している罪悪感を、少しおぼえました。

12月5日。
知らないというのは、幸いなことです。
121205001
私は、この日番長に起きた悲劇を全く知らず、そのために夜を楽しむことができたのです。

12月8日。
地面に溶けこむサビにゃんの色。
121208002

「番長は?」
と、いつものように聞いた私に、山田さんが
「番長は死にました」
と答えた時、始め冗談だと思って、何度も聞き返しました。
山田さんも、番長が死んだのを実際に見たわけでもなく、
それが番長の死体だったと確信できる根拠もなく・・・。

何の前触れもなく、お別れもなく、
突然私たちの前から消えてしまった番長・・・。

「ここに、その死体があったとです」
121208004
と、指差す山田さんと並んで、道端に呆然と立ち尽くすばかりです。
5日の夕方から夜、激しい雨が降っていました。
番長の残したものが、あの日から3日が過ぎた今、地面に残る黒いしみだけだとは。

12月9日。
明るい陽射しが気持ちいいサビにゃん。
121209033

ダリアは少し元気がなく、ハーブにくっついて、ストーブの側から離れないそうです。
121209040
ダリアは何かを知ってるのだろうか。
猫たちは、番長に何が起きたのか、ちゃんと知ってるのだろうか。

山田さんは、番長が消えたあの日の前後から、不思議なことに、
あのこわもての大きな茶トラ猫も、まったく見なくなったというのです。
オス猫だから、連れて行かれたんじゃないか、と・・・意味不明。
公園に残るのは、メスだけになりました。

12月16日。
121216018
おうちから出てきて、つくねんと座るハーブ。
この後、いつも私に駆けよってすりすりするので、写真が撮れません。

この子に関して、山田さんは
「昨夜様子がおかしかった。何か病気じゃないか」
「時々ゲ~ゲ~吐いてる」
と、たびたび知らせてくれていました。
でも、病院に連れて行く時間もお金の余裕もなかったことと、
私が見る時にはいつもこのように普通の状態に見えることから、
頭の隅には、早めに病院で検査しないと・・・と思いつつ、
なかなかそうしてやれない状態が続いていました。

ハーブだけでなく、ここの猫全部外猫ですから、
何かの潜在的な病気は持っていると考えられ、
できれば全員に健康診断とワクチン接種をしてやるのが理想です。
が、なかなかそこまで手が回らず、日々のゴハンと居場所の管理だけで
手一杯なのが現状です。

その結果病状が進み、気がついた時には手の施しようがない・・・
という結果を招くのは、当然の成り行きというしかありません。
これから一ヶ月後、それが現実となることを、
私はまだ知りませんでした。

121216019
サビにゃんは元気に駆け回る。

121216008
山田さんのところにも、サンタさんが時々来てくれてます。

12月22日。
121222001
元気に出てきた猫たち。

121222004
昔、サビにゃんはやせた劣位のメスでした。
衰えた姿など想像もできないほど強く、ボスの座に君臨した、
ビビとおかあさんがいなくなって、
サビにゃんがすっかりたくましくなって生き残るとは、意外なことです。

121222007
ハーブの横には、お外にめったに出なくなった隣のおかあさん。
この頃、某保護団体から、猫たちのゴハンをご支援いただきました。
好き嫌いもなく、うちの猫も公園猫も、バクバク食べてくれてます。
ありがたい~~~~(T_T)(T_T)
おかげさまで安心して年が越せましたあ

12月23日。
三連休です。
保護犬カノンのところにも行かなければならないため、
最近では猫たちとゆっくり過ごす時間がなかなかとれません。
時間を気にしないで、カノンや猫たちと過ごせたらいいのに。
121223002
倉庫の屋根の上のあかちゃん。

121223005
足をふみふみしているのは、山田さんに甘えたいから。

121223006

12月24日。
121224025
心細いダリアは、ハーブの側を離れない。

121226004
元気がなくなり、お部屋にこもりがちの小さなダリア。

121226008
ご支援のカリカリを食べる猫たち。
大掃除の途中なので散らかっていますが、山田さんのおへやは
いつもはもっときちんと片付いております。

121229002
これが、今年撮りおさめの公園猫の姿、ハーブです。
去年の撮りおさめは、おかあさんとあかちゃんだったのを覚えています。
ハーブ、来年もこんな風に、元気に新しい年を迎えよう。

今頃書くのも変ですが、2012年、
見守ってくださった皆様、
遠くから励ましてくださったりご支援してくださったり、
近くで見守ってくださったりご支援してくださった皆様。
ありがとうございました。
来年、皆様にとって幸運の年でありますように。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

とりとめなくころがるはなしとためいき。


あーあ・・・
またJ民党か・・・
原発を大量に作ってきて、
自分の票田のために海も山も汚して壊して国に大借金作って
自分らの払う税率引き下げながら国民の税金上げて、
借金の支払い押し付けた、土建大国にまた逆戻りかよ・・・。

だいたいなんなのこの国の国民・・・
被災地の皆様にお見舞い申し上げますってそろいもそろって言うのに、
何で原発再稼動でいいの??????????
がんばって被災の根源なくそうって気は起きないんだ・・・

そんで中国もばかじゃないか?
日本に右翼政権つくらせたいのか? そうなのか???
領空領海侵犯やればやるほど、逆に日本の右傾化を誘うのが
なんでわからない????
領海の大陸棚の延長を国連に申請したみたいだけど、
同じ理屈を中国周辺の他の国にも適用した場合、領土はどうなるんだろう。

武田真一アナと池上彰先生を交互に見てたんだけど・・・
石原慎太郎が出てきた。
そして
「・・・北朝鮮とパプアニューギニアとフィリピンぐらいだよ」
と・・・これらの国を悪い話の例えに挙げてる。
池上彰がすかさず
「パプアニューギニアとフィリピンを北朝鮮と同じに言われましたが、
そういうことを言うから暴走老人と呼ばれるんだと思いませんか」
と、ずばり!
池上彰、よく言った。

石原、
「失敬じゃないかきみ、ちゃんと人の話聞きなさい」
「単式簿記(??って聞こえた)という意味だよ」
と言い訳してたけど、池上彰にはぴんときたんだと分かった。
日本の会計の話するのに、いちいち外国を例に挙げる必要ない。

パプアニューギニアもフィリピンも太平洋戦争中に日本軍が占領した国、
当時の日本人は、大和民族が世界一優秀だから、
欧米人も朝鮮民族も中国人も東南アジアの国の人も、
大和民族より劣った人種だと蔑視してた。
石原慎太郎の頭にはその頃の民族差別意識が根を張って、
いまだに戦争中の価値観から時間が止まったままでいるから、
こんな言葉が出てくる。
こんなの国際舞台に出したら、日本の恥だ。

その後も、石原はまだ何かぐずぐず言ってたんだけど、
次に自分の出番が来た時にはにこにこしていて、
「さっきは誰かわからなかったから、怒鳴ったりして失礼した」。
池上彰もニコニコ。
石原が消えた後、
「どうも石原先生、相手によって態度を変えられるようです」。
池上彰先生が最高です(^o^)/!

でも、番組の最後に、
「政治家に必要なのは情熱、責任感、判断力」
と、マックス・ウェーバーの言葉を引用する池上彰は、
この上なく真剣な表情だった。

「これは、政治家だけに必要な資質でしょうか?
私たち国民にも必要なのではないか?」
私たちに、あなたたちにそれがあるか?
と、問いかける。

私は、今現在代替エネルギーが不充分だからといって、
制御も鎮静化も処分方法もそれこそ不充分な原発を稼動続けることは、
未来の世代と地球環境に対して無責任だと思う。
自然エネルギーへの転換は非現実的だという人もいるけれど、
非現実的だとか不可能だからやらない、という話ではない。
大事なのは方針を決めること。
どのような手順でとか、時間がどのくらいかかるかとかは、
その後に出てくる話だ。
どれだけ時間がかかってもやるという方針を決めていれば、
やってるうちにいろんな知恵が出たり効率的なやり方がわかったりして、
予測よりも早く目標を達成できる、ということはある。

それなのに頭から「現実的でない」とか「行程を示せ」とか、
応えたら応えたで、失敗したらまた責めてやろう的な、
てぐすね引いて失敗を待つような・・・
なんて陰湿なんだろ。
こんな世の中じゃ、理想を追う人は生きていけない。
自分で思うほど美しくないよ、日本人。

池上彰には危機感があったと思う。
支持政党とか原発の是非とかどうのという前に、
目先のことしか考えない国民性に。
ジャーナリストとしての責任を果たしたな。

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

このページのトップへ

公園猫  山田番長の短い一生。


番長は、新しく来たサビの女の子を気に入って、かいがいしく世話をし、
子猫もとてもなついて、2匹はいつも仲良く一緒でした。
やがて番長が発情し、せっかくやっと彼女ができたのに、
かわいそうではありましたが、サビの手術をすることにしました。

12月1日。
お昼頃、山田さんがサビを病院に連れて行きました。
番長は、うろうろと彼女を探していたといいます。
そして次の日、彼女が戻ってくると、キャリーの柵ごしに、
2匹はしきりに鳴き交わしたそうです。
これからも2匹は仲良く過ごせるだろうけれど、
思いを遂げられずに悶々とするのもかわいそうだから、
番長の手術もしよう、と、決めた矢先のことでした。

12月5日。
午前3時過ぎ、山田さんは自分の布団の中で、サビと一緒に眠る
番長を見ています。
6時過ぎ、一旦起きた時、番長の姿はありませんでした。
それはいつもの習慣で、そのまま遊びに出ることもありました。

午前8時より前、山田さんが公園を出ると、入り口付近の道路に、
たくさんのカラスが群がっているのに気づきました。
そこには、キジ縞柄の猫の死体が横たわっていました。
しかし、頭としっぽの辺りがなくなっていたため、
それが誰かはわかりませんでした。

午前9時前ごろ、福岡市の回収業者に、
そこを車で通りかかったという女性から、依頼の連絡がありました。
午前11時までの間に、業者は猫の死体を回収しました。
そして、山田さんが公園に戻ってきた時には、
それはなくなっていました。

担当者は、それを「黒」だった、と言います。そして
「あまりに損傷が激しかったので、詳しいことはわからない」
と・・・。
車に轢かれたりカラスにつつかれたり、泥や血で汚れていたので、
黒にしか見えなかったのかもしれません。
しかし、山田さんが見た「茶色のキジ」が
おそらく元の姿だったのだろうと思います。

その日以来、番長は戻ってきません。
だから、あれが番長だったのだろう、と、山田さんは言います。

番長は道路には出て行かないのに、なぜ出て行ったのだろうか、
誰かにいたずらされたのじゃないか、そんな気がする、
と、山田さんは言います。
私にはなんとも判断がつきません。
今まで出て行かなかったから、今後も絶対出て行かない、とは
断言できないからです。
発情期のオス猫だから、興奮してうっかり、ということもあるだろうし・・・。

番長、いったい何か起きたの・・・。
最後の時、ひどく苦しんだのでしょうか?
あまりに短い一生、少しは楽しいことがあったでしょうか?

私がそれを知ったのは、8日のことでした。
今週、私は何度か山田さんがお留守の公園に行きました。
5日には、久しぶりのお酒を楽しんだりもしました。
その時、番長はすでにこの世から旅立っていたのです。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

ゆるゆる猫丸家

サイト内の全ての画像、記事の無断転載、無断利用をお断りします。

工房猫丸

Author:工房猫丸
秋月美葉
いくつか管理しております。
☆Orange Gate
☆OrangeGate Gallery
全国に巣立っていった猫丸家の動物たち。
☆ねこ100×100
源生右室心筋症の耳太の記録

お客様

お友達のおうちもよろしく

このブログをリンクに追加する

商い情報 

猫丸家店舗OrangeGate

11月9日 新作出品。
ヤフーオークションに
出品中の作品のご紹介です。
売り上げは、嫌ですが結局猫に
分捕られます。たぶん。

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

お話してくれてありがとう

公園猫のご紹介


1 山田おかあさん。
勝気で頭も運動神経も良いスーパーな美猫。
たくさんの子供を産みました。



2 山田あかちゃん。
おかあさんの最後の子供。
幼児体形の女子。



3 隣のおかあさん。
元は隣にあったおうちの飼い猫。
山田おかあさんと同じく、たくさん子供を産みました。
隣の猫たち全部の母では?



4 隣のハーブ。
レモンとはたぶん姉妹。顔半分黒いのでハーブ。
非常に顔立ちの綺麗な猫。超気が強く頭もよい。
2010年、やっとなついてくれました。
★2010年6月、
財団法人どうぶつ基金の助成を受け、
不妊手術を行いました。



5 隣のサビにゃん。隣の(元)おうちの猫。
レモンとハーブとはたぶん姉妹。
子供みたいに小柄であどけないが、何度も出産経験あり。
いつも皆から一歩遅れる。


6 山田番長

2010年10月末、現れた子猫。
ビビについてきたと思われる。
超よわい番長。


・・・・・行方不明になってしまった猫たち。・・・・・

今でも待っています。
優しい人に助けられ守られ、
無事に再会できることを 心から願っています。

山田マルコ。
いつのまにか公園に居ついた、
愛らしいうさぎのような子でしたが、
2010年12月18日、姿を消しました。



山田ビビ。おかあさんの息子。
美しいオスの白猫で、公園になくてはならない
存在でしたが、
2010年10月末、姿を消しました。



隣のダンボ。隣の(元)おうちの猫。
時間がかかったが、とてもなついてくれました。
体格のよい元気なオス猫だったが、
きょうだいの白茶と同じと思われる病状で、
ひどく弱ったところをビビに追われて、
2010年7月末、姿を消しました。

幸坊。
ビビと隣のサビにゃんの子5きょうだいの1匹。
一番元気で体格も良いので公園に戻し、
すくすく 育っていましたが、
2010年2月8日、突然姿を消しました。

橋の猫。
2007年ごろ現れ、しばらく山田さんちに居候の後、
橋の下に居場所を移動。
皆にかわいがられていた人懐こい子。


流れの黒。こわもて。
他所から来て居ついた猫。時々行方不明になりつつ、
ビビとボスの座を争っていました。


隣の青太。隣の(元)おうちの猫。
青い目が印象的なオス。体格は良いが、痩せてきた。
くいしんぼうでびびり。いまだになついてない。
2010年1月8日ごろ、姿を消しました。


隣のレモン。隣の(元)おうちの猫。
顔は怖いが、鳴き声かわいく、ひとなつこい。
レモン色の瞳のサビ猫。
2009年11月中旬ごろ、姿を消しました。

・・・・・・・・・・旅立ってしまった猫たち。・・・・・・・

山田すずまる
2009年12月5日ごろ現れる。
木登りが大好きな小さな男の子で、
何かの感染症のため体調を崩しながら
一生懸命生きましたが、
2010年11月18日AM4:23旅立ちました。



隣の白茶。
ダンボと双子のようにそっくりな、たぶん兄弟。
慢性的な体調の悪化に長く苦しみながら がんばって生きたが、2009,2月12日旅立ちました。



隣の緑。隣の(元)おうちの猫。
猫丸みみたが公園に通うきっかけとなった猫。
慢性的な体調の悪化に長く苦しみながら がんばって生きたが、2008,8月27日旅立ちました。


最近のできごと

公園猫と猫丸家ヒストリー

Gallery工房猫丸 

ニコンオンラインアルバム


工房猫丸の猫たち

工房猫丸の犬たち


工房猫丸の野生動物

記事のお探しものはこちらから

猫丸家の郵便受けはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: