一日一絵

公園に住む猫の健康を願いつつ、重ねる一日一日の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

猫虐待行為を憎む。


わが家に4匹の猫が居候して、そろそろ5ヶ月になります。
1人で飼うには、かなり厳しい状況です。
今は何とかなっていますが、もし仮に1匹でも病気をしたら、
時間的経済的に、もっと厳しくなるだろうから、
その子に最善の医療を受けさせてやれないかもしれません。

また、どこかで、もしまた弱った猫を見つけたとしても、
今度こそ見捨てなければならないかもしれません。
それだけはしたくない、というか、たぶんできないです。
なので、できればその子の分の椅子を、空けておいてやりたい気持ちがあります。

しかし、もらってくれれば誰でもいい、というわけではありませんし、
頼まれるだけでも相手にとっては負担になる、と思えば、
友人知人にもなかなか頼めない性格の私です。

今まで、募集広告やサイトを通しての里親探しは、したことがありませんが、
やはりそうした広告を見て、自分から連絡してくるような、
「子猫を受け入れたい」という人に、迎えて欲しいと思います。
しかし・・・

一部の人間は、猫を虐待するために、そうした募集サイトで猫を手に入れる、
と、たびたび耳にしたことがあり、若干の不安を感じておりました。
つい何日か前も、名古屋で、そうした男が捜索を受けたそうです。
その男の周りでは、10匹以上の猫が死んでいるといいます。
募集サイトで里親さんを探そうか・・・という気持ちは、
吹き飛んでしまいました。

幼児虐待においても同じですが、自分よりもはるかに小さく弱く、
抵抗するすべを持たない者に暴力を振るう側の人間は、
しばしば「しつけのため」という言い訳を口にします。
そんな言い訳に1?も耳を貸してはいけません。
顔も名前も公表し、厳罰にして欲しいです。

ニュースでは、
「保護団体の訴えでは」
「愛好家から譲り受けた猫を」
という言葉が使われていました。

しかし、保護団体や愛好家からの訴えがなければ、
放っておいてよいことでしょうか。
私は猫を複数飼っていますが、別に愛好家ではありません。
動物を好きか嫌いかという次元の話ではないと思います。

たとえ小さな動物であろうが、残虐な行為を許すことはできません。
私たちの社会は、残虐な行為を楽しむ感情そのものを憎み、
制限しなくてはならないと考えます。
愛好家でもなく、保護団体の人間でもない、
普通の立場の人間としての私の考えです。

こうした事件を警察や裁判に訴えて、社会性を持たせることは、
「残虐な行為、それを喜ぶ価値観を許さない」
という、社会へのメッセージになるのです。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

コメント

腹立たしかったです

数日前のニュースですよね、怒りに震えながらネットニュースを見ていました。
一見普通に見える人間がこういうことを正当化して平気でするのです。
絶対に許せないし、同じ目に遭えばわかるんじゃないの?とまで
思います。それでもこういうヤツにはわからないんでしょうけどね。。。

うちが夜遅くまで猫たちを家に置いている理由のひとつにこういう
危険を回避したいという思いもあるのです。悪い奴は夜動くから…
守りたいですね、守らなきゃいけないですよね。寝不足厭わずです。

  • 2010/03/22(月) 19:15:07 |
  • URL |
  • 山猫 #AGZLCPGo
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2010/03/23(火) 09:10:49 |
  • |
  • #
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2010/03/23(火) 22:44:52 |
  • |
  • #
  • [編集]

お疲れ様です。お大事にしてください。

体調はいかがですか??私なんて夜は行けないし、見るだけなんで・・・。衣装ケースの中の服、ふわふわで温かそうですよね。あれを使えば、寒さ対策はさらにアップですよ!
今度虐待見たら、一緒に警察行きますから言ってください。録画してやる。虐待情報は保護団体とか通じて共有して、おおごとにしていきましょう。こげんたちゃんの裁判って、ほんとに特別だったんですね。今回の名古屋の虐待も、10匹以上被害が出るまで、警察は動かなかったってことだし。虐待で騒ぐのは保護団体だけ、と思われるので、腹立ちますね。
今日、犬の人に「知人が猫の里親を探してる」と相談されました。私は引き取れないけど、写真を撮って病院に貼ったりならできる、と言ったら、今度その家に写真取りに行くことになりました。じつは猫好きな人なんですかねー?

  • 2010/03/24(水) 01:25:47 |
  • URL |
  • みみた #-
  • [編集]

いらっしゃい、山猫さん。

福岡や他の虐待事件で、裁判を傍聴した人の話では「子供っぽい」という犯人の印象が共通してます。他には中学生が集まって叩き続けて殺したっていうのもありました。
自分の20分の1の大きさしかない者をいじめて、何が楽しいんですかね。レベルが低すぎますよね。
これからも、監視していきましょうね!

猫めくりに応募されたんですね!採用されると思うわ~実績あるし。うーん、でも猫は競争率高いかな??わくわくですねーーー。

  • 2010/03/24(水) 01:43:05 |
  • URL |
  • みみた #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kobonekomaru.blog120.fc2.com/tb.php/386-1da2c0d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

ゆるゆる猫丸家

サイト内の全ての画像、記事の無断転載、無断利用をお断りします。

工房猫丸

Author:工房猫丸
秋月美葉
いくつか管理しております。
☆Orange Gate
☆OrangeGate Gallery
全国に巣立っていった猫丸家の動物たち。
☆ねこ100×100
源生右室心筋症の耳太の記録

お客様

お友達のおうちもよろしく

このブログをリンクに追加する

商い情報 

猫丸家店舗OrangeGate

11月9日 新作出品。
ヤフーオークションに
出品中の作品のご紹介です。
売り上げは、嫌ですが結局猫に
分捕られます。たぶん。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

お話してくれてありがとう

公園猫のご紹介


1 山田おかあさん。
勝気で頭も運動神経も良いスーパーな美猫。
たくさんの子供を産みました。



2 山田あかちゃん。
おかあさんの最後の子供。
幼児体形の女子。



3 隣のおかあさん。
元は隣にあったおうちの飼い猫。
山田おかあさんと同じく、たくさん子供を産みました。
隣の猫たち全部の母では?



4 隣のハーブ。
レモンとはたぶん姉妹。顔半分黒いのでハーブ。
非常に顔立ちの綺麗な猫。超気が強く頭もよい。
2010年、やっとなついてくれました。
★2010年6月、
財団法人どうぶつ基金の助成を受け、
不妊手術を行いました。



5 隣のサビにゃん。隣の(元)おうちの猫。
レモンとハーブとはたぶん姉妹。
子供みたいに小柄であどけないが、何度も出産経験あり。
いつも皆から一歩遅れる。


6 山田番長

2010年10月末、現れた子猫。
ビビについてきたと思われる。
超よわい番長。


・・・・・行方不明になってしまった猫たち。・・・・・

今でも待っています。
優しい人に助けられ守られ、
無事に再会できることを 心から願っています。

山田マルコ。
いつのまにか公園に居ついた、
愛らしいうさぎのような子でしたが、
2010年12月18日、姿を消しました。



山田ビビ。おかあさんの息子。
美しいオスの白猫で、公園になくてはならない
存在でしたが、
2010年10月末、姿を消しました。



隣のダンボ。隣の(元)おうちの猫。
時間がかかったが、とてもなついてくれました。
体格のよい元気なオス猫だったが、
きょうだいの白茶と同じと思われる病状で、
ひどく弱ったところをビビに追われて、
2010年7月末、姿を消しました。

幸坊。
ビビと隣のサビにゃんの子5きょうだいの1匹。
一番元気で体格も良いので公園に戻し、
すくすく 育っていましたが、
2010年2月8日、突然姿を消しました。

橋の猫。
2007年ごろ現れ、しばらく山田さんちに居候の後、
橋の下に居場所を移動。
皆にかわいがられていた人懐こい子。


流れの黒。こわもて。
他所から来て居ついた猫。時々行方不明になりつつ、
ビビとボスの座を争っていました。


隣の青太。隣の(元)おうちの猫。
青い目が印象的なオス。体格は良いが、痩せてきた。
くいしんぼうでびびり。いまだになついてない。
2010年1月8日ごろ、姿を消しました。


隣のレモン。隣の(元)おうちの猫。
顔は怖いが、鳴き声かわいく、ひとなつこい。
レモン色の瞳のサビ猫。
2009年11月中旬ごろ、姿を消しました。

・・・・・・・・・・旅立ってしまった猫たち。・・・・・・・

山田すずまる
2009年12月5日ごろ現れる。
木登りが大好きな小さな男の子で、
何かの感染症のため体調を崩しながら
一生懸命生きましたが、
2010年11月18日AM4:23旅立ちました。



隣の白茶。
ダンボと双子のようにそっくりな、たぶん兄弟。
慢性的な体調の悪化に長く苦しみながら がんばって生きたが、2009,2月12日旅立ちました。



隣の緑。隣の(元)おうちの猫。
猫丸みみたが公園に通うきっかけとなった猫。
慢性的な体調の悪化に長く苦しみながら がんばって生きたが、2008,8月27日旅立ちました。


最近のできごと

公園猫と猫丸家ヒストリー

Gallery工房猫丸 

ニコンオンラインアルバム


工房猫丸の猫たち

工房猫丸の犬たち


工房猫丸の野生動物

記事のお探しものはこちらから

猫丸家の郵便受けはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。