一日一絵

公園に住む猫の健康を願いつつ、重ねる一日一日の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

わが家  結局健坊もバカだった。


昨日、6月13日の夜のこと。

どっすん!

という大きな音に目をやると・・・
10061402

2匹が見下ろす視線の先には・・・
なつめがうろうろしています。

10061401

なつめは、2匹のように食器棚の頂上に登ろうとして、
途中の引き出しから足を踏み外したようです。
ふっ、ふびんなっ・・・・(涙ダ????)

10061408
君ら、ひどいぞう!

しかし、健坊がいい気になっていられたのも、ここまでだったのです。

6月14日、今朝も猫たちは明け方から暴れまわっていました。
どっぷりと眠気にはまっていた私は、ベランダのガラス戸が開いているのに
気がついて、いったん閉めました。
しかし、わが家にはこれを開けることができる猫(すず)が、1匹います。

眠気を振り払ってふと目をやって、再び開けられているのに気がつきました。
1、2、3、4、・・・・1匹足りません!!
お部屋のあらゆる場所を探しましたが、健坊が姿を消していました。

冒険心の旺盛な健坊は、常々やってみたいことがありました。
それは・・・

1006080012
この写真の右側は、隣のお部屋との境界の壁になっています。
健坊は、この手すりの?の場所に乗っては、しきりに外に身を乗り出すように
していました。
いったい何がしたいのか、というと、隣のベランダに行きたかったようです。
しかし、ご覧のとおり、手すりは隣のベランダとの間の厚さ10?ほどの
壁によって、一旦遮られているので、外側に体を伸ばしてから、
隣の手すりに移らなければなりません。

そこまで体が伸びんでしょうが!
と、叱っては降ろしていたのですが、健坊には、
「Yes I can」
という、確固たる自信があるようでした。
そして今朝、私が寝こけているのをこれ幸い、実行したに違いありません。

健坊は、成功して隣のベランダに行けたのでしょうか?
よくよく覗いて見たのですが、どこにもいないようでした。
すると、やっぱり落ちてしまったのか???
それとも、そのまた隣のベランダに移っていってしまったのか??
(私の脳内健坊は、そうとう優秀な猫になっている)
健坊は落ちない、というのは勝手な思い込みなのですが、
しかし、下の庭をどれだけ見ても、姿は見えませんでした。

朝7時半、私はマンションの隣の敷地に入り、例によって1階の庭を
外から探してみました。
健坊は、忽然と姿を消してしまったのでした。

私は一旦うちに戻り、健坊の写真入のチラシを作りました。
そして、同じ階の隣隣と、マンションの周りのおうちや会社に配って、
事情を説明してまわりました。
今朝、ほんの2時間前のことなので、まだ近くにいるのは間違いないです。

能天気で勇敢な健坊のことだし、おもしろがって散歩しているかもしれない、
その様子を想像したりしました。
そして、時々ベランダから名前を呼びながら、下を探したりしました。
その時・・・

いたのです。
下の階の手すりの上を歩く、オレンジ色の猫が・・・

なんだ、やっぱり落ちてるじゃねーか。

私は階下の庭が見える隣の敷地まで、再びとんで行きました。
そして外から、金網越しに健坊を呼びながら探しました。
すると、
「誰かいないんですか?」
と、同じマンションの若いお母さんが、いぶかしんで庭に出てきました。
事情を話していると、かすかに猫の鳴き声が・・・

「あっ、いた!」
お母さん宅の、隣の庭のベランダの奥に、うずくまった健坊が!
私の側の金網は、頭上高くそびえていますが、お母さん側は、
腰ぐらいの、越えやすい高さでした。
「私が後で謝っておきますから」
と言って、彼女は楽々と金網を越え、健坊を捕まえてくれました。

しかし、おびえて逃げようとするので(ふつうの猫じゃんか???)、
私も結局庭に入り、健坊を持って自宅に戻ってもらって、
玄関で、ほこりまみれの健坊の受け渡しとなりました。

またも人様に迷惑をかけてしまいました・・・
世の中には、いやこのマンションには、親切な方がいるものです・・・

さて、戻った健坊。
10061410
昨日まですごく賢く見えたのに、今はただのバカに見えます。
しかもその腹の肉は何! (←関係ない)
あんたも落ちバカ猫入りね。
ビビの子供たちは、これで全員落ちたことになります。

10061411
ああ、すずがまぶしい????

ぐったり寝ていますが、伸びも毛づくろいもウンコもします。
もうしばらく様子を見ます。
懲りろよ!!!!

なつめが、シートの上でシッコウンコするようになりました♪
ビバビバ??これで室内のトイレをシートだけにできればいいなあ。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

コメント

健坊はどうですか?

まさか全員落ちちゃう子だったとはねぇ;
どんなにみみたさんが心配されたことか…お気持ちお察しいたします。
たまたま昨夜の23時頃に開けていた窓から「ア~~~」ドス!!と
にぶい音が響いて、相方とベランダから辺りをみまわしていたの。
結局パトカーも救急車もこなかったので、何だったのかわかりませぬ。
でもゾ~~~!っとして鳥肌が立っちゃったわ。こわいよー。

なつめちゃん、シートに用を足してくれるようになって良かったですね。
やっぱり砂より毛布系がいいのかな?まずはワンステップおめでとう(^_-)-☆

  • 2010/06/15(火) 17:41:56 |
  • URL |
  • 山猫 #AGZLCPGo
  • [編集]

山猫さん、ありがとうございます。

がっかりですよ。健坊はおかげさまで元気にしております。
手すり近くに持ち上げると、若干いやいやする様子なので、懲りてくれたかなー?
いやー、これで学習しないと、また落ちるようでは正真正銘バカですよね。

まああ~~それで日中も騒ぎは何もなかったのですか?
そそられますねーーなんだったんでしょう。

シートの方がお好みなんでしょうね。他の子達は砂で問題なさそうなので。
いちいち贅沢言うんじゃないよ!まったくーー。
妙な猫ばっかり集まってしまいましたよ。

  • 2010/06/16(水) 01:08:43 |
  • URL |
  • みみた #-
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2010/07/02(金) 22:25:49 |
  • |
  • #
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kobonekomaru.blog120.fc2.com/tb.php/422-95556fae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

ゆるゆる猫丸家

サイト内の全ての画像、記事の無断転載、無断利用をお断りします。

工房猫丸

Author:工房猫丸
秋月美葉
いくつか管理しております。
☆Orange Gate
☆OrangeGate Gallery
全国に巣立っていった猫丸家の動物たち。
☆ねこ100×100
源生右室心筋症の耳太の記録

お客様

お友達のおうちもよろしく

このブログをリンクに追加する

商い情報 

猫丸家店舗OrangeGate

11月9日 新作出品。
ヤフーオークションに
出品中の作品のご紹介です。
売り上げは、嫌ですが結局猫に
分捕られます。たぶん。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

お話してくれてありがとう

公園猫のご紹介


1 山田おかあさん。
勝気で頭も運動神経も良いスーパーな美猫。
たくさんの子供を産みました。



2 山田あかちゃん。
おかあさんの最後の子供。
幼児体形の女子。



3 隣のおかあさん。
元は隣にあったおうちの飼い猫。
山田おかあさんと同じく、たくさん子供を産みました。
隣の猫たち全部の母では?



4 隣のハーブ。
レモンとはたぶん姉妹。顔半分黒いのでハーブ。
非常に顔立ちの綺麗な猫。超気が強く頭もよい。
2010年、やっとなついてくれました。
★2010年6月、
財団法人どうぶつ基金の助成を受け、
不妊手術を行いました。



5 隣のサビにゃん。隣の(元)おうちの猫。
レモンとハーブとはたぶん姉妹。
子供みたいに小柄であどけないが、何度も出産経験あり。
いつも皆から一歩遅れる。


6 山田番長

2010年10月末、現れた子猫。
ビビについてきたと思われる。
超よわい番長。


・・・・・行方不明になってしまった猫たち。・・・・・

今でも待っています。
優しい人に助けられ守られ、
無事に再会できることを 心から願っています。

山田マルコ。
いつのまにか公園に居ついた、
愛らしいうさぎのような子でしたが、
2010年12月18日、姿を消しました。



山田ビビ。おかあさんの息子。
美しいオスの白猫で、公園になくてはならない
存在でしたが、
2010年10月末、姿を消しました。



隣のダンボ。隣の(元)おうちの猫。
時間がかかったが、とてもなついてくれました。
体格のよい元気なオス猫だったが、
きょうだいの白茶と同じと思われる病状で、
ひどく弱ったところをビビに追われて、
2010年7月末、姿を消しました。

幸坊。
ビビと隣のサビにゃんの子5きょうだいの1匹。
一番元気で体格も良いので公園に戻し、
すくすく 育っていましたが、
2010年2月8日、突然姿を消しました。

橋の猫。
2007年ごろ現れ、しばらく山田さんちに居候の後、
橋の下に居場所を移動。
皆にかわいがられていた人懐こい子。


流れの黒。こわもて。
他所から来て居ついた猫。時々行方不明になりつつ、
ビビとボスの座を争っていました。


隣の青太。隣の(元)おうちの猫。
青い目が印象的なオス。体格は良いが、痩せてきた。
くいしんぼうでびびり。いまだになついてない。
2010年1月8日ごろ、姿を消しました。


隣のレモン。隣の(元)おうちの猫。
顔は怖いが、鳴き声かわいく、ひとなつこい。
レモン色の瞳のサビ猫。
2009年11月中旬ごろ、姿を消しました。

・・・・・・・・・・旅立ってしまった猫たち。・・・・・・・

山田すずまる
2009年12月5日ごろ現れる。
木登りが大好きな小さな男の子で、
何かの感染症のため体調を崩しながら
一生懸命生きましたが、
2010年11月18日AM4:23旅立ちました。



隣の白茶。
ダンボと双子のようにそっくりな、たぶん兄弟。
慢性的な体調の悪化に長く苦しみながら がんばって生きたが、2009,2月12日旅立ちました。



隣の緑。隣の(元)おうちの猫。
猫丸みみたが公園に通うきっかけとなった猫。
慢性的な体調の悪化に長く苦しみながら がんばって生きたが、2008,8月27日旅立ちました。


最近のできごと

公園猫と猫丸家ヒストリー

Gallery工房猫丸 

ニコンオンラインアルバム


工房猫丸の猫たち

工房猫丸の犬たち


工房猫丸の野生動物

記事のお探しものはこちらから

猫丸家の郵便受けはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。