一日一絵

公園に住む猫の健康を願いつつ、重ねる一日一日の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

わが家  なつめ。


9月10日。
なつめが横倒れになって、動かなくなりました。
トイレシートには、血尿がありました。
他の子がしたのかもしれないと思いましたが、
様子のおかしいなつめに見当をつけて、病院に連れて行きました。

先生がなつめの下腹を押すと、大量の血尿が出ました。
「膀胱炎でしょう」とのことで、お薬をもらって帰ったのが夕方。
これで元気も出てくるはず、ゴハンを食べられれば心配ない、
とのことだったのですが・・・

なつめの呼吸は速く、ゴハンどころではない様子です。
この状態は、心不全で肺に水がたまっていた末期の耳太とそっくりでした。
尿検査はしたけれど、血液検査もレントゲンもしていませんでしたので、
もしかしたら、違う病気かもしれないと思いました。

でも、すでに夜、病院は閉まっています。
夜間救急病院に行くには、すごく費用がかかります。
なつめは鼻詰まりもあるので、呼吸が荒く見えるだけかもしれない、
見ようによっては、くつろいでいるような時もあるし・・・
1009110002
日付が替わった9月11日。
夜中の3時ごろまで、ずいぶん迷いました。

夜間救急は朝の5時まで、それから日中の病院が開く9時半まで、
4時間半の空白があります。
もし、その間に急変があったら・・・
実際、耳太と白茶、開院時間までもたずに、明け方死んだ猫がいました。

一分間に60回、早く細かく動くなつめのお腹を見て、
結局は夜間病院に駆け込みました。

レントゲン画像を見ると、肺に白い影があり、心臓も大きく見える、との所見で、
気管を広げる薬の注射と、お薬を吸収しやすいよう霧状にして
充満させたお部屋でしばらく過ごしました。

病院には、途絶えることなく来院者がありました。
小さい子猫を連れてきた若い女性は、診察室でしばらく診てもらった後、
泣いていました。
子猫の悲痛な鳴き声が、時々響きました。
看護師さんに小声でたずねてみると、
「詳しい検査を飼い主が望んでいないので、子猫の痛みの原因がわからないし、
治療もできない」
とのことでした。
きっと何か事情があるのでしょう。
お金でしょうか。
多くの場合、そうですが・・・。

こんな時、脳内の私ならその女性に、
「何か検査をしない理由があるの?
もしお金のことなら、とりあえず今は、これを使っておきませんか」
と言って、財布から20万円ひっぱり出して渡します。
しかし、現実の私は、ただ沈黙するしかないのです。
子猫の鳴き声を背に・・・。

帰りのタクシーに乗ると、道路はしっとり濡れていました。
病院にいる間、雨が降ったようです。
朝の5時に帰宅、病院を出る時は少し落ち着いて見えたけれど、
まもなく、また速い呼吸に戻ってしまいました。
朝イチで、かかりつけの病院に行き、夜間病院の診断書を見てもらいました。

そして、詳しい検査の結果・・・
肥大型の心筋症、そのために肺水腫を起こしていると診断されました。

肺の水を抜く治療と経過観察のため、夕方まで病院で過ごし、
呼吸が平常に戻ったので、帰宅を許されました。
1009110005
今、呼吸は普通にしていますが、ゴハンは食べません。
くいしんぼうだったのに・・・
皮膚をさわると、点滴の水分がまだ残っているのか、
かたく水っぽい感じがするのです。

耳太
0504031
4年前、耳太も、心臓病で死んでいます。
耳太の場合は、とても珍しい症例だったので、
治療中も、病名すら確定できませんでした。
「源生右室心筋症」という病名がわかったのは、
死後、細胞組織を大学病院に送って調べた後のことでした。

あの時より少しましなのは、肥大型心筋症は珍しい病気ではないために、
症例がたくさんあって、情報や治療法の幅が広いということです。

きょうだいで一番とろいと思っていたなつめ。
みんなが上れる食器棚の上に上れないのも、
病気のせいだったんですね・・・。

・・・・・・・OrangeGate 猫のノート発売中・・・・・・・

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

コメント

その後

なつめちゃんの具合はいかがですか。
大変でしたね、お疲れが出ませんように…。

こちらはSさんが姫ちゃん親子をつれて上がられたようですが、姫ちゃんだけは他の猫及び子猫たちにまで威嚇をするようで頭が痛いです。しかもその翌日からまたノミが…アレルギーが出たので調べてみたら、やはりいました(かゆい;)他にもかなり心配事があるけど落ち着かれたら又いつかお便りで、、、

人間と同じで本当に大変なことが多いですよね。実感しています。
何だかんだ言ってもお金がないと小さな命を救えないんだなぁって。
「仕方ないやん」なんて言いたくない。誰だってそうですよね。

  • 2010/09/14(火) 19:12:21 |
  • URL |
  • 山猫 #t.yCzdAA
  • [編集]

山猫さん、いらっしゃい。

疲れが出ちゃいました~~~無理はするもんじゃーありませんねー。
ご心配事とは何でしょう。解決策がみつかりそうですか?

姫ちゃんもパニクってわけわからない状態なんでしょうね。
動物って、物みたいにスムーズにいかないでしょう。
猫飼いさんが捕獲や保護管理に苦労されてるのも、相手が生き物で、人間にコントロールできない生態を持っているからなんですよね。
逃げたり抵抗したり予想外の行動に出て、逆に悪くなったり。
生き物は3+4=7ではない、それ以上の手間がかかるのではないかと。
Sさんもかなりご苦労されているのではないかなあ。
まだいましたか。のみっちも生き残りに必死ね。
フロントラインされた猫から落ちたんですね。普通はどのみち全滅するのですけど。
フロントラインは、全部の猫ちゃんにふってありますか?

  • 2010/09/14(火) 23:52:16 |
  • URL |
  • みみた #-
  • [編集]

お大事に

なつめちゃん、落ちついてきたようでひとまずは安心ですね。
元気をわけられたみみたさんは暫し養生されませよ^^

フロントラインは皆につけました~偶然なのか、上へ上がった後に
私にアレルギーがでて、ノミ発見となっているような(気のせいかな)
今回は放置して様子を見ています、いなくなるかもしれないしね。
(アレルギーのみで噛まれてはいないのです)
お返事はお気になさらず、少しでも体を休めてくださいな。

  • 2010/09/16(木) 00:18:06 |
  • URL |
  • 山猫 #t.yCzdAA
  • [編集]

遅くなりました~~

お気遣いありがとうございます。
猫がいなければ、ノミも生きていけなくて、そのうちいなくなると思います。
大事にならないといいですね。

はい、おかげさまでなつめは元通り、椅子の足をがじがじかじっておりますよ。
でもお薬をやめるとまた水がたまるかもしれないので、量を減らして、しばらくはお薬続けるみたいです。
今日は大暴れしたので、詳しい画像が撮れなかったそうです。

  • 2010/09/19(日) 23:13:05 |
  • URL |
  • みみた #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kobonekomaru.blog120.fc2.com/tb.php/457-b9059833
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

ゆるゆる猫丸家

サイト内の全ての画像、記事の無断転載、無断利用をお断りします。

工房猫丸

Author:工房猫丸
秋月美葉
いくつか管理しております。
☆Orange Gate
☆OrangeGate Gallery
全国に巣立っていった猫丸家の動物たち。
☆ねこ100×100
源生右室心筋症の耳太の記録

お客様

お友達のおうちもよろしく

このブログをリンクに追加する

商い情報 

猫丸家店舗OrangeGate

11月9日 新作出品。
ヤフーオークションに
出品中の作品のご紹介です。
売り上げは、嫌ですが結局猫に
分捕られます。たぶん。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

お話してくれてありがとう

公園猫のご紹介


1 山田おかあさん。
勝気で頭も運動神経も良いスーパーな美猫。
たくさんの子供を産みました。



2 山田あかちゃん。
おかあさんの最後の子供。
幼児体形の女子。



3 隣のおかあさん。
元は隣にあったおうちの飼い猫。
山田おかあさんと同じく、たくさん子供を産みました。
隣の猫たち全部の母では?



4 隣のハーブ。
レモンとはたぶん姉妹。顔半分黒いのでハーブ。
非常に顔立ちの綺麗な猫。超気が強く頭もよい。
2010年、やっとなついてくれました。
★2010年6月、
財団法人どうぶつ基金の助成を受け、
不妊手術を行いました。



5 隣のサビにゃん。隣の(元)おうちの猫。
レモンとハーブとはたぶん姉妹。
子供みたいに小柄であどけないが、何度も出産経験あり。
いつも皆から一歩遅れる。


6 山田番長

2010年10月末、現れた子猫。
ビビについてきたと思われる。
超よわい番長。


・・・・・行方不明になってしまった猫たち。・・・・・

今でも待っています。
優しい人に助けられ守られ、
無事に再会できることを 心から願っています。

山田マルコ。
いつのまにか公園に居ついた、
愛らしいうさぎのような子でしたが、
2010年12月18日、姿を消しました。



山田ビビ。おかあさんの息子。
美しいオスの白猫で、公園になくてはならない
存在でしたが、
2010年10月末、姿を消しました。



隣のダンボ。隣の(元)おうちの猫。
時間がかかったが、とてもなついてくれました。
体格のよい元気なオス猫だったが、
きょうだいの白茶と同じと思われる病状で、
ひどく弱ったところをビビに追われて、
2010年7月末、姿を消しました。

幸坊。
ビビと隣のサビにゃんの子5きょうだいの1匹。
一番元気で体格も良いので公園に戻し、
すくすく 育っていましたが、
2010年2月8日、突然姿を消しました。

橋の猫。
2007年ごろ現れ、しばらく山田さんちに居候の後、
橋の下に居場所を移動。
皆にかわいがられていた人懐こい子。


流れの黒。こわもて。
他所から来て居ついた猫。時々行方不明になりつつ、
ビビとボスの座を争っていました。


隣の青太。隣の(元)おうちの猫。
青い目が印象的なオス。体格は良いが、痩せてきた。
くいしんぼうでびびり。いまだになついてない。
2010年1月8日ごろ、姿を消しました。


隣のレモン。隣の(元)おうちの猫。
顔は怖いが、鳴き声かわいく、ひとなつこい。
レモン色の瞳のサビ猫。
2009年11月中旬ごろ、姿を消しました。

・・・・・・・・・・旅立ってしまった猫たち。・・・・・・・

山田すずまる
2009年12月5日ごろ現れる。
木登りが大好きな小さな男の子で、
何かの感染症のため体調を崩しながら
一生懸命生きましたが、
2010年11月18日AM4:23旅立ちました。



隣の白茶。
ダンボと双子のようにそっくりな、たぶん兄弟。
慢性的な体調の悪化に長く苦しみながら がんばって生きたが、2009,2月12日旅立ちました。



隣の緑。隣の(元)おうちの猫。
猫丸みみたが公園に通うきっかけとなった猫。
慢性的な体調の悪化に長く苦しみながら がんばって生きたが、2008,8月27日旅立ちました。


最近のできごと

公園猫と猫丸家ヒストリー

Gallery工房猫丸 

ニコンオンラインアルバム


工房猫丸の猫たち

工房猫丸の犬たち


工房猫丸の野生動物

記事のお探しものはこちらから

猫丸家の郵便受けはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。