一日一絵

公園に住む猫の健康を願いつつ、重ねる一日一日の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

公園猫  地域猫ほどめでたくない現実。


福岡市が地域猫推進を始めて、一年になります。
私にとっては、まったく、何の役にも立たない制度です。
同じような感想を持つ人が、他にもいます。

それでも、NPOの人によると、今では市内複数の場所に、
地域猫推進地域と認定された場所があるといいます。

猫つながりのお友達の1人が、実際に認められた人を知っていて、
どのように話し合いを進めたのか、おたずねしたことがあります。
それによると、始めは、個人でそうした活動をしておられたものの、
地域の自治会長からも理解を得られず、何度も話し合いをする中には、
険悪な空気になったこともあったそうです。
でも、その会長が犬を飼っていたこともあり、最終的には理解を得て、
めでたく地域猫活動として認められる運びとなったそうです。

やっぱり、理解しない人とは、険悪な空気になることもあり、
そこを超えられるかどうか、根気と忍耐が試されるということですね。
多くの人は、そこで挫折するのでしょう。(私もじゃ)

その方が一戸建てにお住まいということであり、また、その頃
他で得た情報でも、認められたのが一戸建て居住者であったため、
私は当初、一戸建てに住んでいる人しか認められないのか、と思っていました。
しかし、NPOの方によると、そんなことはなく、
集合住宅に住んでいる人でも、認められているそうです。

また、猫のエサやりをする人はけっこういるのですが、
その人たちに地域猫活動のことを知らせ、勧めてみても、
「エサやりはするけど、そんな活動まではできない」
といって、しり込みされる人が少なくないそうです。

私は、そういう人たちの気持ちが理解できます。
地域猫として認められるには、
「猫のエサとトイレの場所を決め、管理をし」
「責任者、及びその人に何かあった場合、代わりに対応できる副責任者」
を決めなくてはいけません。

でも、普通の人付き合いでも苦労する昨今、
(猫は大抵、決めた場所でトイレするものではありますが)、
それでもイレギュラーな排泄をすることもあるでしょうし、
予想もつかないことが起きないとは言えません。
近所に迷惑をかけたらどうしよう、
よそから知らない猫が入ってきても、責任を問われるのだろうか、
猫のやったこと全部、何から何まで責任を取らなければならないのだろうか・・・

「責任」という言葉の大風呂敷に、皆躊躇するのだろうと思います。
何をやっても文句を言う人はいる一方、誰でも家庭の事情を抱えていて、
完璧に世話をできない時もあるでしょうから・・・
そこで、サポートもされずに責任だけを押し付けられてもねえ。

実際、うちの周りの複数の地域にも、そういう人たちがいます。
皆さんご家庭にペットを飼っていて、
自宅の周りに集まる猫たちにエサを与えているのは、共通です。
捕まる子には手術をしたり、病気の治療をしたりしているので、
決して無責任と言われる筋合いではありません。
でも、近所の電柱には、
「野良猫にえさを与えないでください。近所は迷惑しています」
との張り紙がしてあります。

皆さんは、異口同音にこういいます。
「近所に猫を嫌いな人がいるので、目立たないようにしている。
波風立たないようにしたいので、表立って保護活動なんてできない。
隠れて助けることしかできない」
と。

ある一軒のご家庭は、10匹前後の外猫を面倒みています。
何度も捨て猫をされたとのこと、
「猫を捨てないで」という張り紙をしても、捨てられたと言います。
お年寄りだけの世帯で、機敏に対応できないので、狙われたのでしょうか。
隣の家が猫嫌いで、殴られて怪我をしたり死んだりした猫が、複数いるそうです。

自宅に迎えた猫には、手術や治療を施しましたが、
それだけで何万円もかかった、と言います。

外にメスがいるので、安く手術できる情報を知らせたのですが、奥さんは
「お金を出して手術しても、どうせ殺されるんやけん、と、主人がお金を出さない」
と、言います。
「手術をしないとまた子猫が増えますよ」
と言っても、
「その時はその時です」
と応えます。

私は、自分がこのご夫婦にすべての責任を負わせようとしているのに、気づきました。
「子猫を増やさない努力をしてください と、捨てた人に言え」
と、彼らは言いたいでしょう。
でも、捨てた人間はここにはいないのです。
猫捨てというのは、本当に人を苦しめる、卑怯な犯罪です。

101103006

何とかしてやりたいけれど、私にはもう力が残っていません。
ビビは行方不明、病気の子を治療したいのに捕まらないし・・・(涙)
自分の限界を知らされるばかりの毎日です。

・・・・・・・OrangeGate 猫のノート発売中・・・・・・・

20100510605

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kobonekomaru.blog120.fc2.com/tb.php/474-00ec4c6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

ゆるゆる猫丸家

サイト内の全ての画像、記事の無断転載、無断利用をお断りします。

工房猫丸

Author:工房猫丸
秋月美葉
いくつか管理しております。
☆Orange Gate
☆OrangeGate Gallery
全国に巣立っていった猫丸家の動物たち。
☆ねこ100×100
源生右室心筋症の耳太の記録

お客様

お友達のおうちもよろしく

このブログをリンクに追加する

商い情報 

猫丸家店舗OrangeGate

11月9日 新作出品。
ヤフーオークションに
出品中の作品のご紹介です。
売り上げは、嫌ですが結局猫に
分捕られます。たぶん。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

お話してくれてありがとう

公園猫のご紹介


1 山田おかあさん。
勝気で頭も運動神経も良いスーパーな美猫。
たくさんの子供を産みました。



2 山田あかちゃん。
おかあさんの最後の子供。
幼児体形の女子。



3 隣のおかあさん。
元は隣にあったおうちの飼い猫。
山田おかあさんと同じく、たくさん子供を産みました。
隣の猫たち全部の母では?



4 隣のハーブ。
レモンとはたぶん姉妹。顔半分黒いのでハーブ。
非常に顔立ちの綺麗な猫。超気が強く頭もよい。
2010年、やっとなついてくれました。
★2010年6月、
財団法人どうぶつ基金の助成を受け、
不妊手術を行いました。



5 隣のサビにゃん。隣の(元)おうちの猫。
レモンとハーブとはたぶん姉妹。
子供みたいに小柄であどけないが、何度も出産経験あり。
いつも皆から一歩遅れる。


6 山田番長

2010年10月末、現れた子猫。
ビビについてきたと思われる。
超よわい番長。


・・・・・行方不明になってしまった猫たち。・・・・・

今でも待っています。
優しい人に助けられ守られ、
無事に再会できることを 心から願っています。

山田マルコ。
いつのまにか公園に居ついた、
愛らしいうさぎのような子でしたが、
2010年12月18日、姿を消しました。



山田ビビ。おかあさんの息子。
美しいオスの白猫で、公園になくてはならない
存在でしたが、
2010年10月末、姿を消しました。



隣のダンボ。隣の(元)おうちの猫。
時間がかかったが、とてもなついてくれました。
体格のよい元気なオス猫だったが、
きょうだいの白茶と同じと思われる病状で、
ひどく弱ったところをビビに追われて、
2010年7月末、姿を消しました。

幸坊。
ビビと隣のサビにゃんの子5きょうだいの1匹。
一番元気で体格も良いので公園に戻し、
すくすく 育っていましたが、
2010年2月8日、突然姿を消しました。

橋の猫。
2007年ごろ現れ、しばらく山田さんちに居候の後、
橋の下に居場所を移動。
皆にかわいがられていた人懐こい子。


流れの黒。こわもて。
他所から来て居ついた猫。時々行方不明になりつつ、
ビビとボスの座を争っていました。


隣の青太。隣の(元)おうちの猫。
青い目が印象的なオス。体格は良いが、痩せてきた。
くいしんぼうでびびり。いまだになついてない。
2010年1月8日ごろ、姿を消しました。


隣のレモン。隣の(元)おうちの猫。
顔は怖いが、鳴き声かわいく、ひとなつこい。
レモン色の瞳のサビ猫。
2009年11月中旬ごろ、姿を消しました。

・・・・・・・・・・旅立ってしまった猫たち。・・・・・・・

山田すずまる
2009年12月5日ごろ現れる。
木登りが大好きな小さな男の子で、
何かの感染症のため体調を崩しながら
一生懸命生きましたが、
2010年11月18日AM4:23旅立ちました。



隣の白茶。
ダンボと双子のようにそっくりな、たぶん兄弟。
慢性的な体調の悪化に長く苦しみながら がんばって生きたが、2009,2月12日旅立ちました。



隣の緑。隣の(元)おうちの猫。
猫丸みみたが公園に通うきっかけとなった猫。
慢性的な体調の悪化に長く苦しみながら がんばって生きたが、2008,8月27日旅立ちました。


最近のできごと

公園猫と猫丸家ヒストリー

Gallery工房猫丸 

ニコンオンラインアルバム


工房猫丸の猫たち

工房猫丸の犬たち


工房猫丸の野生動物

記事のお探しものはこちらから

猫丸家の郵便受けはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。