一日一絵

公園に住む猫の健康を願いつつ、重ねる一日一日の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

公園猫  ほんとのところはどっち?


快晴であたたかい日が続き、すっかり春のファッションの人がみられますが、
風が冷たくて、私には真似できません。
まだダウンコートを着たいくらいですが、それも浮いてしまうような気がして、
軽めのコートを着てでかけますと、背中がぞくぞくしてきます。

のどが痛いなー、微熱っぽいなー、と思っていたら、
花粉が飛んでるんですね、目が痒くなって赤く腫れてしまいました。
さかのぼって・・・

2月22日。
何日も、山田さんにお会いしていません。
おかあさん、あかちゃん、サビにゃん、隣のおかあさんは来てくれるのですが、
番長はおうちに引っ込んだまま、姿を見せません。

山田さんのおうちの倉庫の周りは、物が減ってすっきりしています。
お隣の清川さんによると、張り紙のしてあった日の夜、
物を片付ける音がしていたそうです。

110222019
新顔の子は近づくと逃げていきます。

110222024
隣のおかあさんの鳴き声に応えて、行ってしまいました。

私が山田さんにお会いできたのは、24日になってからでしたが、
貼り紙の事を尋ねると、山田さんは違うことを言い出しました。

貼り紙は、倉庫の横に置いていた箱に貼ってあった、と言うのです。
だから、箱を片付けた、と・・・。

「倉庫に貼るわけがないですよ。
あれは以前からあるって、彼らもわかっているはずだから」

しかし、日記の画像のとおりに、私は倉庫に貼ってあったのを見ています。
すると、私が帰って山田さんが帰宅するまでの間に、
誰かが貼りかえたのでしょうか。

なるほど、すると管理課にしてみれば
「俺ら、そういう人権侵害的なことはやってねーぜ」
的アリバイ作りになり、山田さんが素直に従ったことで、
彼らの面子も立ったというわけ・・・。

そして山田さんは、こう続けました。
「いちいち騒がん方がいいんですよ。
みみたさんが騒ぐから、奴らもかえってこっちに色々言うてくるんですよ。
こっちがみみたさんに色々悪口を言うてるみたいにとられるんですよ」

・・・・・・。
ちょ。これ最悪のパターン?

山田さんの言うことは、私はよーく理解しているつもりです。
へたな正義感で軽はずみに騒いで、結局もっと事態を悪くする、ということは
珍しいことではありません。
いじめ問題の解決が難しいのも、そうしたことが理由です。

でも、貼り紙が箱に貼ってあったなら、私もここまで騒ぎはしませんでした。
倉庫にあって、倉庫を取り壊せ、という意味だと思ったから・・・。

あまり気が進みませんでしたが、考えをめぐらせてみました。
もしかしたら、管理課は倉庫を取り壊せという意味ではなく、
本当に、あそこに置いてあった箱を片付けろという意味で、
見えやすいように真正面の倉庫に貼ったのかもしれない。

もしそうだとすると、私は勘違い早合点で騒いだ、ということになります。
考えたくないですが、さらに考えてみました。

もし管理課が、本心から山田さんたちを追い出そうとまでは
考えていないとしたら・・・
管理課も仕事ですから、一応形だけでも何がしかの指導をしなければ
なりません。
そこで、山田さんたちが許容できる範囲の、まあどうでもいいような指導をして、
山田さんたちもそれに従い、改善されたという状況を作って面子を立てることで、
そこでの存在を黙認される、という予定調和が成り立っているとしたら・・・。

もしそうだとすると、私は頼まれてもいないのに、
大嫌いな善意をふりかざす行為を、やってしまったのでしょうか。
そして、山田さんも管理課も、
「まあ、わかってないんだろうね。しかしあえて一から十まで説明するのもなんだしね」
と、出来の悪い孫を見つめるジイさんのような目線で、困惑していたのでしょうか。

もちろん、違っているかもしれませんが、山田さんの言うことを突き詰めてみれば、
100%ないとも思えないのでした。
いやもちろん、そうならば山田さんたちが追い出されることはないのだから、
そうであった方がいいのですが・・・

しかし、そこに思い至った時、恥ずかしさのあまり頭が真っ白になりました。
私はこの年で、かけひきとか、人の真意を推し量ることが本当に苦手です。
私なんかがでしゃばらなくても、山田さんたちはそれなりにうまく
対応していけるのかもしれません。
もう少し落ち着いて静観した方がよかったのかもしれません。
でも、今までに周りのおうちが何軒もなくなってしまったし、
山田さんがいなくなったらどうしよう、猫たちはどうなるだろう、と思うと、
早く対応しないと手遅れになるかも、と気持ちがあせって・・・。
(これって猫の病気の対応ですよね)


本当のところは結局よくわからないのですが、山田さんは、
「これだけ片付けているのだから、もう色々言ってはこないと思う」
と、言っています。


思い返してみれば、似たような失敗をいっぱいしてきたような気がします。
あわてて行動して、良い結果になったことってあんまりなかったような・・・
しかも逆に恥をかくことが多かっただけなような・・・
頭に血が上った時ほど冷静になるって、とても大事でとても難しいこと。

2月24日。
110224052
やっと番長に会えました❤

110224045

110224046
おおお???今日は大サービスでしゅね???❤

110224048

「なんかちょうだい」
110224058

触らせてくれたら・・・❤


・・・・・・・OrangeGate 猫のノート発売中・・・・・・・

20100510605

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

コメント

番長~♪

なんて可愛いの~やわらかそうなお腹をなでてみたい(無理?笑)

ちょっとだけ、山田さんも板ばさみ状態になられてつらいかな?と
思っていたのですが、そうでもないご様子なので安心しました。
暗黙のうちに色々な取り決めみたいなものがあるのかもですね。
山田さんがはっきりおっしゃる方でよかったと思いますよ。
みみたさんのお気持ちは通じていると思いますし・・・。
とにかくお役人があまり頻繁に来ないことを願います。

また寒くなりました。まさしく三寒四温ですね、今日は冷たい雨です。
こうして一歩ずつ春に近づいていくんですね。2月も早かった~~~。

  • 2011/03/01(火) 13:35:18 |
  • URL |
  • 山猫 #t.yCzdAA
  • [編集]

山猫さん、いらっしゃい。

返信が遅くなりまして、ごめんなさい。

自分の中に●スターさんを感じた出来事でございました。(^^ゞ
役所と山田さんが直接話しているのを見たことがないから、悪い方に考えてしまってねー。
本音は違うんじゃないかな、いいたいことがあるのに我慢してるんじゃないかなとか、色々考えてしまうんですよ。
もちろん、悪い方に転んだらもっと大変なことになっていたので、まあこの方がよかったかな。
でも私も単純で、鈍いところがあるので・・・。

  • 2011/03/05(土) 00:15:57 |
  • URL |
  • みみた #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kobonekomaru.blog120.fc2.com/tb.php/506-781c06fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

ゆるゆる猫丸家

サイト内の全ての画像、記事の無断転載、無断利用をお断りします。

工房猫丸

Author:工房猫丸
秋月美葉
いくつか管理しております。
☆Orange Gate
☆OrangeGate Gallery
全国に巣立っていった猫丸家の動物たち。
☆ねこ100×100
源生右室心筋症の耳太の記録

お客様

お友達のおうちもよろしく

このブログをリンクに追加する

商い情報 

猫丸家店舗OrangeGate

11月9日 新作出品。
ヤフーオークションに
出品中の作品のご紹介です。
売り上げは、嫌ですが結局猫に
分捕られます。たぶん。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

お話してくれてありがとう

公園猫のご紹介


1 山田おかあさん。
勝気で頭も運動神経も良いスーパーな美猫。
たくさんの子供を産みました。



2 山田あかちゃん。
おかあさんの最後の子供。
幼児体形の女子。



3 隣のおかあさん。
元は隣にあったおうちの飼い猫。
山田おかあさんと同じく、たくさん子供を産みました。
隣の猫たち全部の母では?



4 隣のハーブ。
レモンとはたぶん姉妹。顔半分黒いのでハーブ。
非常に顔立ちの綺麗な猫。超気が強く頭もよい。
2010年、やっとなついてくれました。
★2010年6月、
財団法人どうぶつ基金の助成を受け、
不妊手術を行いました。



5 隣のサビにゃん。隣の(元)おうちの猫。
レモンとハーブとはたぶん姉妹。
子供みたいに小柄であどけないが、何度も出産経験あり。
いつも皆から一歩遅れる。


6 山田番長

2010年10月末、現れた子猫。
ビビについてきたと思われる。
超よわい番長。


・・・・・行方不明になってしまった猫たち。・・・・・

今でも待っています。
優しい人に助けられ守られ、
無事に再会できることを 心から願っています。

山田マルコ。
いつのまにか公園に居ついた、
愛らしいうさぎのような子でしたが、
2010年12月18日、姿を消しました。



山田ビビ。おかあさんの息子。
美しいオスの白猫で、公園になくてはならない
存在でしたが、
2010年10月末、姿を消しました。



隣のダンボ。隣の(元)おうちの猫。
時間がかかったが、とてもなついてくれました。
体格のよい元気なオス猫だったが、
きょうだいの白茶と同じと思われる病状で、
ひどく弱ったところをビビに追われて、
2010年7月末、姿を消しました。

幸坊。
ビビと隣のサビにゃんの子5きょうだいの1匹。
一番元気で体格も良いので公園に戻し、
すくすく 育っていましたが、
2010年2月8日、突然姿を消しました。

橋の猫。
2007年ごろ現れ、しばらく山田さんちに居候の後、
橋の下に居場所を移動。
皆にかわいがられていた人懐こい子。


流れの黒。こわもて。
他所から来て居ついた猫。時々行方不明になりつつ、
ビビとボスの座を争っていました。


隣の青太。隣の(元)おうちの猫。
青い目が印象的なオス。体格は良いが、痩せてきた。
くいしんぼうでびびり。いまだになついてない。
2010年1月8日ごろ、姿を消しました。


隣のレモン。隣の(元)おうちの猫。
顔は怖いが、鳴き声かわいく、ひとなつこい。
レモン色の瞳のサビ猫。
2009年11月中旬ごろ、姿を消しました。

・・・・・・・・・・旅立ってしまった猫たち。・・・・・・・

山田すずまる
2009年12月5日ごろ現れる。
木登りが大好きな小さな男の子で、
何かの感染症のため体調を崩しながら
一生懸命生きましたが、
2010年11月18日AM4:23旅立ちました。



隣の白茶。
ダンボと双子のようにそっくりな、たぶん兄弟。
慢性的な体調の悪化に長く苦しみながら がんばって生きたが、2009,2月12日旅立ちました。



隣の緑。隣の(元)おうちの猫。
猫丸みみたが公園に通うきっかけとなった猫。
慢性的な体調の悪化に長く苦しみながら がんばって生きたが、2008,8月27日旅立ちました。


最近のできごと

公園猫と猫丸家ヒストリー

Gallery工房猫丸 

ニコンオンラインアルバム


工房猫丸の猫たち

工房猫丸の犬たち


工房猫丸の野生動物

記事のお探しものはこちらから

猫丸家の郵便受けはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。