一日一絵

公園に住む猫の健康を願いつつ、重ねる一日一日の記録。

この人たちは・・・。


白いコブシの花が、カスミソウのように町を飾り始めました。
ユキヤナギも咲いています。
今夜は、東の空に完璧な満月が浮かびました。


今のところ、私は菅政権の対応を非難する気はおきません。
地震と津波、原発事故への対応策は一応想定されていたものとは思いますが、
それが全部一度に起きて、それぞれが決まっていた役割を果たせなくなった
とすれば、その穴を誰かが埋めなくてはならないはずですが、
すぐに代わりが出てくるはずもなく、
探すことから始めなければならないのですから。

ネット上のニュースなので、詳しい背景はわからないけれど、
事実だったとしたら、という想定で書きます。

14日に、東電側から政府に「福島原発から退避したい」
という打診があった、という記事です。
政府側は「全員退避と聞いた」、
東電側は「作業に携わる人間以外の退避と言った」
と、一部言い分が食い違っていますが、
そうだとしたら、東電側はあまりに無責任です。
現場の管理者である彼ら以外に、誰が事態を収拾するというのでしょう。
いくら自衛隊や消防隊といったって、現場の構造を詳しく知る者がいなければ、
適切な作業が出来るわけがありません。
相次ぐ爆発や放射能漏れで、恐怖に駆られていた心情は理解できますが、
寝言でなければ、あまりにひどいです。
管総理が15日早朝、東電に乗り込んだと聞いて、
なぜそんなことをしたのかなあ?
と思っていましたが、その理由がわかりました。
ここで激怒したなら、充分納得できます。

東電幹部の1人は、管総理に対して
「死ぬまでやれ、ということなのか」
と、不満を漏らしたということですが、この被害者意識、何なんだろ。
死ぬまでやれ、とは言いません。
(死んでもらっても何の足しにもならないんで)
ただ、今まで、原発は安全です、反対する人は不勉強なんです、と言い続けてきた、
自分の言ってきたことに対する責任を、取ってもらいたいだけです。


そして今日19日、管総理は小沢元代表と鳩山元総理と対談、
小沢氏は
「ぜひ全力を挙げてほしい」
(言われるまでもなく、あなたよりはやってると思うが)
鳩山氏は
「政府の情報開示は不十分だ、(他いろいろ)と指摘」
したそうです。
他にも内内でいろんな話し合いをしたけれど、
表に出ないだけだろうとは思いますが・・・

ここで、注文が出てくる理由がわからない。
「道路復興のインフラ整備は任せろ、原発事故対策に専念してくれ」
とか
「募金するし、避難対策と災害物資住宅支援は任せろ」
という言葉が、なぜ出てこないのか。
あんたたち、政権与党の一員なんだから、首相に不満を言うより、
積極的に協力したらどうなんですか。

また、管総理は谷垣氏に入閣を打診して、拒否られたという記事です。
私は、ここ一週間の総理の状況を考えると、人が足りないんだな、
党派を超えて、他の人の協力を求めているのだな、と素直に感じます。
しかし、産経新聞の記事を一部引用しますと・・・、

「首相の要請には、野党首脳を閣内に取り込むことで、
事実上の「大連立政権」樹立をねらう思惑がある。
一方、「震災復興」という大義名分を自ら政権基盤の強化に利用しよう意図もみえ、
菅政権の“あざとさ”を象徴する行動といえそうだ。

 首相が谷垣氏に対し、震災復興担当相での入閣を打診したことは、
「国難」に対処する政府の責任を野党に転嫁しようとしていることも意味する。
それどころか、震災前には退陣論もささやかれた首相が、逆に国難を利用して、
政権維持を図る計算さえ垣間見える。」

・・・・だそうです。
あまりに悪意に満ちた解釈の仕方だと思いました。
そういう思惑が全くないとは言い切れませんが、
総理も今、それを最優先には考えないと思います。
(逆に、超好意的に、谷垣氏と野党にも花を持たせようとした、
という見方もできるのでは?
すると、自民党が怖気づいて、せっかくのチャンスを逃したともいえます)。

あえて言わせてもらえば、この「国難」は、
今まで何十年も政権を担当してきた自民党が、
電力会社のずさんな管理にあえて目をつぶってまで、
原発建設を最優先に進めてきた結果ともいえます。

この記事は、緊急時の政権の対応の失敗を、喜んで探しているかのようです。
しかし、今、完璧に行動できる人間など、どこにもいないはずです。
全員が、決断に迷ったり判断を間違ったり、遠回りしてやり直したり、
他の方法を探すのに苦しんだりしているはずです。


なんで総理に協力してやらないのか。
小沢、鳩山、谷垣。
男を下げたな。

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

このページのトップへ

コメント

こんな時にまで

連立がどうとか言っているのに呆れましたよ。谷垣さんもマスコミも・・・。
管総理のやつれようを見ているとせいいっぱいのことをされていると
思いますが(枝野官房長官も)脇を固めてくれる人員に恵まれず
お気の毒です。石油元売り会社の人も話していたけれど、打診があって
すぐにタンクローリーを走らせたのに、高速道路を通してはもらえず
やっと現地に着いても荷をおろす場所がない等、混乱の中で政府も
連携がとれていなかったようで、勿体なく思えました。
民主党には経験豊富な年寄り(失礼)は少ないのでしょうかね。

原発はどうなるんでしょう。3号機はプルトニウムが入っているのよね?
電気系統の復旧ができるまで放水しかないのか・・・東電の責任は重いです。

  • 2011/03/20(日) 02:24:16 |
  • URL |
  • 山猫 #t.yCzdAA
  • [編集]

山猫さん、いらっしゃいませ♪

この人たち、いざという時には全然使えないってことがはっきりしましたね。

通常、政府の指示は、地方に常駐する出先機関や自治体が受けて、実行するものだと思います。
平時なら、電話やデータのやり取りでことが済むのですから、
連携が取れていないのは大変な怠慢です。
でも、今のように自治体ごと崩壊し、停電や余震が続く状況を、想像してみましょう。
火事や負傷者が至るところにいて、手が足りない、
災害用無線に相手は出ない、電話が繋がったと思ったら余震で話せない、
今まで使えていた道路が、余震の後、一瞬で通れなくなる、
連絡しようにも電話が繋がらない、
向こうの状況がわからないから自分の目で確かめにいくしかないが、
車がない、ガソリンがない、車があっても道路が通れない、
道路を進んでも、周囲の風景は一変していて、標識もなく、
目印だったビルもない、自分の位置がわからない・・・
まあ何一つスムーズにはいかないと思います。

平時なら、何件かの案件を同時にこなすことは可能です。
でも、地震や停電の中、何十件もの案件を抱えるのは、
人間の限界を超えています。
・・・と思うので、私は批判する気にはなれません。
いつもはもっと厳しいこと書いてますけど。


どうなるんでしょうねー。
彼らのいう「安全」のレベルが知れた今、
「格納容器は鋼鉄製ですから絶対に壊れません」
という言葉も、信じたいけど信じられないような・・・
格納容器がやっぱり壊れて、
「想定外でした」
とか言わないよね、まさかね・・・・・・・・・・・怖いよ~

  • 2011/03/21(月) 00:42:31 |
  • URL |
  • みみた #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kobonekomaru.blog120.fc2.com/tb.php/509-f9ff6ce3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

ゆるゆる猫丸家

サイト内の全ての画像、記事の無断転載、無断利用をお断りします。

工房猫丸

Author:工房猫丸
秋月美葉
いくつか管理しております。
☆Orange Gate
☆OrangeGate Gallery
全国に巣立っていった猫丸家の動物たち。
☆ねこ100×100
源生右室心筋症の耳太の記録

お客様

お友達のおうちもよろしく

このブログをリンクに追加する

商い情報 

猫丸家店舗OrangeGate

11月9日 新作出品。
ヤフーオークションに
出品中の作品のご紹介です。
売り上げは、嫌ですが結局猫に
分捕られます。たぶん。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

お話してくれてありがとう

公園猫のご紹介


1 山田おかあさん。
勝気で頭も運動神経も良いスーパーな美猫。
たくさんの子供を産みました。



2 山田あかちゃん。
おかあさんの最後の子供。
幼児体形の女子。



3 隣のおかあさん。
元は隣にあったおうちの飼い猫。
山田おかあさんと同じく、たくさん子供を産みました。
隣の猫たち全部の母では?



4 隣のハーブ。
レモンとはたぶん姉妹。顔半分黒いのでハーブ。
非常に顔立ちの綺麗な猫。超気が強く頭もよい。
2010年、やっとなついてくれました。
★2010年6月、
財団法人どうぶつ基金の助成を受け、
不妊手術を行いました。



5 隣のサビにゃん。隣の(元)おうちの猫。
レモンとハーブとはたぶん姉妹。
子供みたいに小柄であどけないが、何度も出産経験あり。
いつも皆から一歩遅れる。


6 山田番長

2010年10月末、現れた子猫。
ビビについてきたと思われる。
超よわい番長。


・・・・・行方不明になってしまった猫たち。・・・・・

今でも待っています。
優しい人に助けられ守られ、
無事に再会できることを 心から願っています。

山田マルコ。
いつのまにか公園に居ついた、
愛らしいうさぎのような子でしたが、
2010年12月18日、姿を消しました。



山田ビビ。おかあさんの息子。
美しいオスの白猫で、公園になくてはならない
存在でしたが、
2010年10月末、姿を消しました。



隣のダンボ。隣の(元)おうちの猫。
時間がかかったが、とてもなついてくれました。
体格のよい元気なオス猫だったが、
きょうだいの白茶と同じと思われる病状で、
ひどく弱ったところをビビに追われて、
2010年7月末、姿を消しました。

幸坊。
ビビと隣のサビにゃんの子5きょうだいの1匹。
一番元気で体格も良いので公園に戻し、
すくすく 育っていましたが、
2010年2月8日、突然姿を消しました。

橋の猫。
2007年ごろ現れ、しばらく山田さんちに居候の後、
橋の下に居場所を移動。
皆にかわいがられていた人懐こい子。


流れの黒。こわもて。
他所から来て居ついた猫。時々行方不明になりつつ、
ビビとボスの座を争っていました。


隣の青太。隣の(元)おうちの猫。
青い目が印象的なオス。体格は良いが、痩せてきた。
くいしんぼうでびびり。いまだになついてない。
2010年1月8日ごろ、姿を消しました。


隣のレモン。隣の(元)おうちの猫。
顔は怖いが、鳴き声かわいく、ひとなつこい。
レモン色の瞳のサビ猫。
2009年11月中旬ごろ、姿を消しました。

・・・・・・・・・・旅立ってしまった猫たち。・・・・・・・

山田すずまる
2009年12月5日ごろ現れる。
木登りが大好きな小さな男の子で、
何かの感染症のため体調を崩しながら
一生懸命生きましたが、
2010年11月18日AM4:23旅立ちました。



隣の白茶。
ダンボと双子のようにそっくりな、たぶん兄弟。
慢性的な体調の悪化に長く苦しみながら がんばって生きたが、2009,2月12日旅立ちました。



隣の緑。隣の(元)おうちの猫。
猫丸みみたが公園に通うきっかけとなった猫。
慢性的な体調の悪化に長く苦しみながら がんばって生きたが、2008,8月27日旅立ちました。


最近のできごと

公園猫と猫丸家ヒストリー

Gallery工房猫丸 

ニコンオンラインアルバム


工房猫丸の猫たち

工房猫丸の犬たち


工房猫丸の野生動物

記事のお探しものはこちらから

猫丸家の郵便受けはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: