一日一絵

公園に住む猫の健康を願いつつ、重ねる一日一日の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

とりとめなくころがるはなしとためいき。


あーあ・・・
またJ民党か・・・
原発を大量に作ってきて、
自分の票田のために海も山も汚して壊して国に大借金作って
自分らの払う税率引き下げながら国民の税金上げて、
借金の支払い押し付けた、土建大国にまた逆戻りかよ・・・。

だいたいなんなのこの国の国民・・・
被災地の皆様にお見舞い申し上げますってそろいもそろって言うのに、
何で原発再稼動でいいの??????????
がんばって被災の根源なくそうって気は起きないんだ・・・

そんで中国もばかじゃないか?
日本に右翼政権つくらせたいのか? そうなのか???
領空領海侵犯やればやるほど、逆に日本の右傾化を誘うのが
なんでわからない????
領海の大陸棚の延長を国連に申請したみたいだけど、
同じ理屈を中国周辺の他の国にも適用した場合、領土はどうなるんだろう。

武田真一アナと池上彰先生を交互に見てたんだけど・・・
石原慎太郎が出てきた。
そして
「・・・北朝鮮とパプアニューギニアとフィリピンぐらいだよ」
と・・・これらの国を悪い話の例えに挙げてる。
池上彰がすかさず
「パプアニューギニアとフィリピンを北朝鮮と同じに言われましたが、
そういうことを言うから暴走老人と呼ばれるんだと思いませんか」
と、ずばり!
池上彰、よく言った。

石原、
「失敬じゃないかきみ、ちゃんと人の話聞きなさい」
「単式簿記(??って聞こえた)という意味だよ」
と言い訳してたけど、池上彰にはぴんときたんだと分かった。
日本の会計の話するのに、いちいち外国を例に挙げる必要ない。

パプアニューギニアもフィリピンも太平洋戦争中に日本軍が占領した国、
当時の日本人は、大和民族が世界一優秀だから、
欧米人も朝鮮民族も中国人も東南アジアの国の人も、
大和民族より劣った人種だと蔑視してた。
石原慎太郎の頭にはその頃の民族差別意識が根を張って、
いまだに戦争中の価値観から時間が止まったままでいるから、
こんな言葉が出てくる。
こんなの国際舞台に出したら、日本の恥だ。

その後も、石原はまだ何かぐずぐず言ってたんだけど、
次に自分の出番が来た時にはにこにこしていて、
「さっきは誰かわからなかったから、怒鳴ったりして失礼した」。
池上彰もニコニコ。
石原が消えた後、
「どうも石原先生、相手によって態度を変えられるようです」。
池上彰先生が最高です(^o^)/!

でも、番組の最後に、
「政治家に必要なのは情熱、責任感、判断力」
と、マックス・ウェーバーの言葉を引用する池上彰は、
この上なく真剣な表情だった。

「これは、政治家だけに必要な資質でしょうか?
私たち国民にも必要なのではないか?」
私たちに、あなたたちにそれがあるか?
と、問いかける。

私は、今現在代替エネルギーが不充分だからといって、
制御も鎮静化も処分方法もそれこそ不充分な原発を稼動続けることは、
未来の世代と地球環境に対して無責任だと思う。
自然エネルギーへの転換は非現実的だという人もいるけれど、
非現実的だとか不可能だからやらない、という話ではない。
大事なのは方針を決めること。
どのような手順でとか、時間がどのくらいかかるかとかは、
その後に出てくる話だ。
どれだけ時間がかかってもやるという方針を決めていれば、
やってるうちにいろんな知恵が出たり効率的なやり方がわかったりして、
予測よりも早く目標を達成できる、ということはある。

それなのに頭から「現実的でない」とか「行程を示せ」とか、
応えたら応えたで、失敗したらまた責めてやろう的な、
てぐすね引いて失敗を待つような・・・
なんて陰湿なんだろ。
こんな世の中じゃ、理想を追う人は生きていけない。
自分で思うほど美しくないよ、日本人。

池上彰には危機感があったと思う。
支持政党とか原発の是非とかどうのという前に、
目先のことしか考えない国民性に。
ジャーナリストとしての責任を果たしたな。

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kobonekomaru.blog120.fc2.com/tb.php/595-60a96269
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

ゆるゆる猫丸家

サイト内の全ての画像、記事の無断転載、無断利用をお断りします。

工房猫丸

Author:工房猫丸
秋月美葉
いくつか管理しております。
☆Orange Gate
☆OrangeGate Gallery
全国に巣立っていった猫丸家の動物たち。
☆ねこ100×100
源生右室心筋症の耳太の記録

お客様

お友達のおうちもよろしく

このブログをリンクに追加する

商い情報 

猫丸家店舗OrangeGate

11月9日 新作出品。
ヤフーオークションに
出品中の作品のご紹介です。
売り上げは、嫌ですが結局猫に
分捕られます。たぶん。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

お話してくれてありがとう

公園猫のご紹介


1 山田おかあさん。
勝気で頭も運動神経も良いスーパーな美猫。
たくさんの子供を産みました。



2 山田あかちゃん。
おかあさんの最後の子供。
幼児体形の女子。



3 隣のおかあさん。
元は隣にあったおうちの飼い猫。
山田おかあさんと同じく、たくさん子供を産みました。
隣の猫たち全部の母では?



4 隣のハーブ。
レモンとはたぶん姉妹。顔半分黒いのでハーブ。
非常に顔立ちの綺麗な猫。超気が強く頭もよい。
2010年、やっとなついてくれました。
★2010年6月、
財団法人どうぶつ基金の助成を受け、
不妊手術を行いました。



5 隣のサビにゃん。隣の(元)おうちの猫。
レモンとハーブとはたぶん姉妹。
子供みたいに小柄であどけないが、何度も出産経験あり。
いつも皆から一歩遅れる。


6 山田番長

2010年10月末、現れた子猫。
ビビについてきたと思われる。
超よわい番長。


・・・・・行方不明になってしまった猫たち。・・・・・

今でも待っています。
優しい人に助けられ守られ、
無事に再会できることを 心から願っています。

山田マルコ。
いつのまにか公園に居ついた、
愛らしいうさぎのような子でしたが、
2010年12月18日、姿を消しました。



山田ビビ。おかあさんの息子。
美しいオスの白猫で、公園になくてはならない
存在でしたが、
2010年10月末、姿を消しました。



隣のダンボ。隣の(元)おうちの猫。
時間がかかったが、とてもなついてくれました。
体格のよい元気なオス猫だったが、
きょうだいの白茶と同じと思われる病状で、
ひどく弱ったところをビビに追われて、
2010年7月末、姿を消しました。

幸坊。
ビビと隣のサビにゃんの子5きょうだいの1匹。
一番元気で体格も良いので公園に戻し、
すくすく 育っていましたが、
2010年2月8日、突然姿を消しました。

橋の猫。
2007年ごろ現れ、しばらく山田さんちに居候の後、
橋の下に居場所を移動。
皆にかわいがられていた人懐こい子。


流れの黒。こわもて。
他所から来て居ついた猫。時々行方不明になりつつ、
ビビとボスの座を争っていました。


隣の青太。隣の(元)おうちの猫。
青い目が印象的なオス。体格は良いが、痩せてきた。
くいしんぼうでびびり。いまだになついてない。
2010年1月8日ごろ、姿を消しました。


隣のレモン。隣の(元)おうちの猫。
顔は怖いが、鳴き声かわいく、ひとなつこい。
レモン色の瞳のサビ猫。
2009年11月中旬ごろ、姿を消しました。

・・・・・・・・・・旅立ってしまった猫たち。・・・・・・・

山田すずまる
2009年12月5日ごろ現れる。
木登りが大好きな小さな男の子で、
何かの感染症のため体調を崩しながら
一生懸命生きましたが、
2010年11月18日AM4:23旅立ちました。



隣の白茶。
ダンボと双子のようにそっくりな、たぶん兄弟。
慢性的な体調の悪化に長く苦しみながら がんばって生きたが、2009,2月12日旅立ちました。



隣の緑。隣の(元)おうちの猫。
猫丸みみたが公園に通うきっかけとなった猫。
慢性的な体調の悪化に長く苦しみながら がんばって生きたが、2008,8月27日旅立ちました。


最近のできごと

公園猫と猫丸家ヒストリー

Gallery工房猫丸 

ニコンオンラインアルバム


工房猫丸の猫たち

工房猫丸の犬たち


工房猫丸の野生動物

記事のお探しものはこちらから

猫丸家の郵便受けはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。