一日一絵

公園に住む猫の健康を願いつつ、重ねる一日一日の記録。

2017 2月26日のあいたたたた。


だんだん陽が長くなったようで、暗くなる前にと
焦って帰ることがなくなってきました。
なのですでに春が来た気がして、勘違いしてしまうのですけど、まだまだ寒いのです。

茶トラ家族のいる駐車場で、初めてのエサやりさんとの接触。
時々地面に置いてあるカリカリは、この人だったようです。
その後の廃墟、今日は猫の顔ぶれが芳しくなく、オレンジ、茶々モップとグレーモップ・・・
メスばっかり。ゴールデンとベージュがいない。
一旦離れ、倉庫周りへ。
グレーモップの二匹の黒い子猫は、私の用意した寝床に寝てくれていました。
今やトロトロに甘えてくるオスの仔猫かわいい(*´ω`*)
公園に行けば、風邪をひいて寝込んだという山田さん用に、飲食料を買いに行き、
おかあさんとあかちゃんとみんみんと一緒に遊び、
その後再度廃墟に行くと、流れの茶トラがやってきました。
一時間もずれれば、猫の顔ぶれも違う。
6時ごろに捕まえたって、病院は閉まる時間・・・(-"-;
どうしたものか。

帰り道、高架下道路に自転車が停めてあり、誰かかうずくまっている。
縦に長いすらっとした羽生結弦系の男子が、
にこにこして写メ撮りながら、
「めっちゃかわいいーーーヽ(^o^)丿」
を連発しています。

あいたたたたた。
あいたたたた。
あいたたたたしか出てこない・・・・
金網の向こうにちょろちょろ動くものがあります。
黒い子猫が二匹、白が一匹、傍らにサビの親猫が・・・・。
ここの猫たちは、知人の若い女子が、たった一人で苦労して手術をすませ、
サビだけが捕まらないし、高齢だから手術はリスクがあるかも・・・
と、躊躇して残しておいたものが、また産んだようです。
どこが高齢やん、現役バリバリやないかい(゚Д゚;)

あの子は知っているんだろうか。

メもとで聞いてみるが、
「ぼくんちマンションなんで飼えないんです」
と、羽生結弦中3。 ですよね~(T_T)
せめて帰って、なんかできることがないか、
お母さんに相談するとか、考えてくれたまえ。

ころころと野球ボールのように転がる子猫たち。
遊びたい盛りです、でもここは両側を道路にはさまれて、とても危険です。
無事に育ってもらいたい。
このページのトップへ

酔っ払いに対する疑惑。


2016 6月4日と6月5日の日記を記載。

風は冷たいけれど快晴。
ベージュ、ゴージャス・グレーモップとゴールデンモップと茶々モップ、グレーモップの子黒のオスとメス、
流れの茶トラ、オレンジお母さん、なつかないゴロ黒二匹を確認。
近所の酔っ払いオヤジが近づいてきやがって、心でどっか行けと念じるが叶わず、
酔っ払いだから話は支離滅裂、もう終わるかと思ったら何度も同じ話を繰り返しながらうろうろし、
でかい声と身振りと音を立てるので、猫は逃げるし大事な時間を邪魔されて、まじクソしねと思った。
オヤジ家の前で行われている工事が、オヤジが大事に手入れしていた畑をつぶしてしまったのだ。
そのせいですることがなくなって、こちらに来るのだと思う。
あーーもうヽ(`Д´)ノ
ちょっと気になったこと。
「おれも猫にえさばやりよるとよ」
今まで一度もそんな場面を見たことはないが、
一旦その場を去って戻ると、パン屑がまかれて、カラスがつついていた。
エサ?? これか???
去年、黒猫二匹が原因不明の死を遂げたているのだが・・・
このオヤジなんか食べさしたんじゃないのか・・・?

と、酔っ払いにはとことん厳しいわたしだ。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

あ~め~か~~(;´Д`)


さかのぼって2016年7月28日の日記を記載。
思い出すのもつらい。

猫を捕獲する気まんまんでいたのだが、一日暴風雨で手も足も出ない。
みんな大丈夫だろうか・・・
このページのトップへ

何で心配ばかりしなくちゃならないんだろう。

覚書。
ゴージャス・グレーモップが無事に現れたのは一昨日の前の日こと。
その時から、ベージュが消えました。
一昨日は、見えないベージュの代わりに、流れの茶トラがいた。らしい。
私が見たのは、去ろうとする彼の後姿だけでした。
実は少し前、茶トラはベージュに襲い掛かって取っ組み合ったのです。
小柄でのんびり屋のベージュは、やられっぱなしで逃げ去りました。
私は、たたいたりはしなかったものの、身振りと大声で茶トラを執拗に追いまわし、
廃墟の敷地から追い出したのです。
かわいい鳴き声で私に頭をこすりつけて甘えた茶トラは、
それ以降、足音を聞いただけで逃げ出すようになりました。
なでてくれる人間だと思っていたのが、急に態度を変えて追い回されて、
どんなに戸惑い、寂しかったことだろうと思います。

昨日は行けなかったので心配しながらの今日。
三本足のオレンジお母さん、ゴージャス・ゴールデンモップと
ゴージャス・茶々モップ、スゴ黒のなつかない二匹、
ゴージャス・グレーモップと、流れの茶トラが日向ぼっこしていましたが、
ベージュはいませんでした。
最後に見た時、ベージュは埃で薄汚れていたので、床下の深いところに
隠れているのかもしれません。

そそくさと逃げようとする茶トラ、
本当は撫でてやりたいのです、他の猫に脅威でなければ。
すると、茶トラは鳴きながら敷地を出て、ふり返りふり返りしますので、
後をついていくと、以前私が彼を誘導した場所に、
以前私がしたように、私を誘導するかのように歩いていきました。
そして廃墟から十分に離れた場所で、近寄ってきました。
今までできなかった分、存分に茶トラを抱き、撫でました。
今まで、メスの不妊手術を優先してきましたが、できるだけ早く
この子の去勢をやらなければならない、
少しおだやかになって、他猫に脅威でなければ、居場所ができるんだから、
廃墟に来て、いくらでもくつろいでいいんだから・・・

できれば明日にでも、でも、うまく捕まるだろうか、
年末に一度捕まえてキャリーに入れた時、彼の暴れようは、
キャリーを割り壊して飛び出してくるかのようでした。
無事に運ぶことができるだろうか、近所のおじさんの都合はよいだろうか、
誰かに手伝ってもらいたい、
誰かに手伝ってもらえたらいいのに・・・・
まるで今まで我慢していた分もまとめて甘えるかのような茶トラを抱いて、
いっそう切なさがつのります。

誰もいやしません。自分一人でやるしかない。
またおじさんに頼もう、運搬のリスクはできる限り避けたい。
茶トラが明日もいますように。
明日はベージュに会えますように。

気分が晴れない・・・一つずつやっていこう。
このページのトップへ

2017 日記の記載更新。


2017年1月1日 2日の日記を記載。

手術後のゴージャス・グレーモップがいない。
手術後に姿を消しても、たいてい数日後には戻ってくる。
とは思うけど、万が一のことでもないか、見るまで心配でならない。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫 ゴージャス・グレーモップの手術完了。( ー`дー´)


昨日のことがあったので、念のためキャリーを持って猫パトへ行くと、
おおなんと、昨日と同じくゴージャス・グレーモップがいる!
私になついていいのか、逃げた方がいいのか判断に迷っているようで、
距離を取ったり、じっとして撫でられたりと、対応が定まらない彼女が、
昨日と同じく、おとなしくなでられていますラッキー!

やっとここまでなついてくれたのに、裏切るようで申し訳ないが、
さくっと捕まえキャリーへ、しばらくバタバタ暴れてました。
たまり場近くのおじさんのご厚意で、病院まで送迎してもらい不妊手術完了!

そしてなんと本日のうちに退院\(◎o◎)/!
なので、ごく短時間で元の場所に戻すことができました。
病院で暴れて逃げたそうで、キャリーにはガムテで
ベッタベタ封をしてもらっていました。
もっと凶暴なのがいるんだが、どうなるんだ・・・(-_-;)

明日また無事を確認しなければだが、
とりあえずは無事に手術が済んで、よかった(´▽`) ホッ

しばらく嫌われるでしょうなあ・・・(T_T)
ごめんな、かわいいゴージャス・グレーモップ、
そのかわり、ずっとずっと大事にするから・・・

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

公園猫 覚書


朝6:00、西の空に金色の満月が輝いていました。
朝には雪が積もっていた週末と変わって、今日は快晴でした。
空気は冷たいけれど、明るい日差しを浴びれば、ちょっとだけ温かく感じます。
一昨日、廃墟には一匹の猫も見られず。
昨日はゴージャス・ゴールデンモップとベージュと黒が出ていて、
ゴージャス・グレーモップ・ツンと流れの大きなグレー猫が屋根の天井裏の梁に
留まっていました。
今日、エサやりさんの玄関の日だまりに、ゴージャス・グレーモップ・デレと、
(こう書かれても何のことやらでしょうが(^^ゞ)
久しぶりに、三本足のお母さんが出てきたのを見ました。
以前はいつもいたのに、見かけないことが増えたので、心配していました。
無事でよかった。
デレは他の場所で会う時は、もっと冷たいのですが、
今日はいつになくすりよって身を預け、簡単に抱くことができました。
今なら、病院に連れていけたのに・・・・・
残念、キャリーを持っていませんでした。
ワタクシのスペックでは、いつでも捕獲して病院に連れていけるわけではありません。
病院と猫の在不在と私の時間、キャリーと車のタイミングが
がっちりマッチしないと・・・・

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

2017 日記の記載更新。

さかのぼって2016 4月3日の日記を記載。
このページのトップへ

公園猫 猫もいろいろ。


2月4日 土曜日 夕方。
駆け寄ってきて、競うように転がって気を引く二匹。(-_-;)
170204004
おかあさんがおもむろに起き上がって・・・
170204006

170204008
接近戦にもちこんだ。(*´ω`*)
最近気がつきましたが、おかあさんの犬歯が上下ともに抜けています。
知り合って10年以上、齢もそれ以上のはず、野良猫にしては破格の長寿です。
体格もふっくら、毛並みもふさふさ、若い猫を追いかけて走り回ったり、とても元気です。
元々丈夫なのと、面倒を見てくれる山田さんのおかげですね。

170204013

170204014

170204015

170204016

170204017

170204018
おかあさんはあかちゃんを目の敵にして、いつも唸って脅したり、
家の前に座り込んで入らせなかったり、何かと意地悪をするので、
山田さんもあかちゃんに余計に優しくなるのです。

170204025
それを見ていた若い者の反応は・・・
170204020
同じく離れて見ていたりおぽんも・・・
170204028

グラウンド周りに移動する頃には早くも暗くなり始めています。
廃墟に向かう途中の道で、聞き覚えのある鳴き声がしました。
170204030
流れの茶トラです。メスを呼んでいます。
あんなところを周っていたのか・・・
廃墟に着くと誰もいなくて、まもなく遠くから駆けてきたのは・・・
170204031
ゴージャス・ゴールデンモップ。
あんたまで遠くに・・・どこ行ってたの?????
170204037
嘘っぽい!!!!
オスは出産はしないけれど、メスを求めていなくなる可能性があるので、
この子も手術しておかないとなあ、と思いました。
エサ場には・・・
170204035
定着した流れのオスがもう一匹。すぐに逃げました。
元からいる猫を脅かすので、この子も手術をしなければなりませんが、
この毛並みが疥癬ぽくて不安です。

倉庫へ移動。
かろうじて、ゴージャス・グレーモップらしいのが見えます。
170204038
ムスメか??ムスコの方か???
170204039
もう何かわからん。

先日猫パト始めに誰もいなかった猫だまりに、猫が集まりはじめました。
170204041
そろそろゴハンの時間なのです。

やらなければならないことが見えてきて、気が重くなった帰り道でした。
たいへんだ・・・
2016 12月8日の日記を記載。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

このページのトップへ

2017 記載更新


幼い茶トラは無事だったけれど、強かった黒猫が姿を見せない。

さかのぼって2016 12月10日の日記を記載。
さかのぼって2016 12月16日の日記を記載。
このページのトップへ

FC2Ad

ゆるゆる猫丸家

サイト内の全ての画像、記事の無断転載、無断利用をお断りします。

工房猫丸

Author:工房猫丸
秋月美葉
いくつか管理しております。
☆Orange Gate
☆OrangeGate Gallery
全国に巣立っていった猫丸家の動物たち。
☆ねこ100×100
源生右室心筋症の耳太の記録

お客様

お友達のおうちもよろしく

このブログをリンクに追加する

商い情報 

猫丸家店舗OrangeGate

11月9日 新作出品。
ヤフーオークションに
出品中の作品のご紹介です。
売り上げは、嫌ですが結局猫に
分捕られます。たぶん。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

お話してくれてありがとう

公園猫のご紹介


1 山田おかあさん。
勝気で頭も運動神経も良いスーパーな美猫。
たくさんの子供を産みました。



2 山田あかちゃん。
おかあさんの最後の子供。
幼児体形の女子。



3 隣のおかあさん。
元は隣にあったおうちの飼い猫。
山田おかあさんと同じく、たくさん子供を産みました。
隣の猫たち全部の母では?



4 隣のハーブ。
レモンとはたぶん姉妹。顔半分黒いのでハーブ。
非常に顔立ちの綺麗な猫。超気が強く頭もよい。
2010年、やっとなついてくれました。
★2010年6月、
財団法人どうぶつ基金の助成を受け、
不妊手術を行いました。



5 隣のサビにゃん。隣の(元)おうちの猫。
レモンとハーブとはたぶん姉妹。
子供みたいに小柄であどけないが、何度も出産経験あり。
いつも皆から一歩遅れる。


6 山田番長

2010年10月末、現れた子猫。
ビビについてきたと思われる。
超よわい番長。


・・・・・行方不明になってしまった猫たち。・・・・・

今でも待っています。
優しい人に助けられ守られ、
無事に再会できることを 心から願っています。

山田マルコ。
いつのまにか公園に居ついた、
愛らしいうさぎのような子でしたが、
2010年12月18日、姿を消しました。



山田ビビ。おかあさんの息子。
美しいオスの白猫で、公園になくてはならない
存在でしたが、
2010年10月末、姿を消しました。



隣のダンボ。隣の(元)おうちの猫。
時間がかかったが、とてもなついてくれました。
体格のよい元気なオス猫だったが、
きょうだいの白茶と同じと思われる病状で、
ひどく弱ったところをビビに追われて、
2010年7月末、姿を消しました。

幸坊。
ビビと隣のサビにゃんの子5きょうだいの1匹。
一番元気で体格も良いので公園に戻し、
すくすく 育っていましたが、
2010年2月8日、突然姿を消しました。

橋の猫。
2007年ごろ現れ、しばらく山田さんちに居候の後、
橋の下に居場所を移動。
皆にかわいがられていた人懐こい子。


流れの黒。こわもて。
他所から来て居ついた猫。時々行方不明になりつつ、
ビビとボスの座を争っていました。


隣の青太。隣の(元)おうちの猫。
青い目が印象的なオス。体格は良いが、痩せてきた。
くいしんぼうでびびり。いまだになついてない。
2010年1月8日ごろ、姿を消しました。


隣のレモン。隣の(元)おうちの猫。
顔は怖いが、鳴き声かわいく、ひとなつこい。
レモン色の瞳のサビ猫。
2009年11月中旬ごろ、姿を消しました。

・・・・・・・・・・旅立ってしまった猫たち。・・・・・・・

山田すずまる
2009年12月5日ごろ現れる。
木登りが大好きな小さな男の子で、
何かの感染症のため体調を崩しながら
一生懸命生きましたが、
2010年11月18日AM4:23旅立ちました。



隣の白茶。
ダンボと双子のようにそっくりな、たぶん兄弟。
慢性的な体調の悪化に長く苦しみながら がんばって生きたが、2009,2月12日旅立ちました。



隣の緑。隣の(元)おうちの猫。
猫丸みみたが公園に通うきっかけとなった猫。
慢性的な体調の悪化に長く苦しみながら がんばって生きたが、2008,8月27日旅立ちました。


最近のできごと

公園猫と猫丸家ヒストリー

Gallery工房猫丸 

ニコンオンラインアルバム


工房猫丸の猫たち

工房猫丸の犬たち


工房猫丸の野生動物

記事のお探しものはこちらから

猫丸家の郵便受けはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: